2014年10月31日 今日のレースは「ジュニアクラウン」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2014年10月31日 今日のレースは「ジュニアクラウン」

2014-10-31 07:00

    今日は笠松競馬場の2歳限定準重賞「ジュニアクラウン」を取り上げますが、東海地区では先週、名古屋競馬場で「ゴールドウイング賞」が行われたのに・・・と日程に疑問を抱く方もいるでしょう。確かに強い馬が分散することでレースレベルの低下が懸念される一方で、一本道の路線なら毎回似たメンバーになる可能性もあるわけで、そのバランスをどうするかは簡単に判断できないところです。


    今日のレース 笠松競馬10レース「第42回 ジュニアクラウン」


    ◎(本命) (4)番 ユーセイシリウス

    ○(対抗) (1)番 ティープリーズ

    ▲(単穴) (5)番 オーベルジーヌ

    ☆(特注) (2)番 ネイチャークルーズ

    △(連下) (6)番 エステバン

    ハイレベルのホッカイドウ競馬デビュー組に敬意を払いつつ、また園田プリンセスカップでトーコーヴィーナス(昨日、兵庫若駒賞でデビュー5連勝達成)の2着となったティープリーズの力量も認めた上で、デビュー2連勝のユーセイシリウスの可能性に期待してみたい。2戦目の前走、キャリアを積んできた馬たちを抑えた内容は成長の余地を感じさせるだけに、狙うなら今回ではないだろうか。


    もう1頭注目したいのがオーベルジーヌ。前走のゴールドウイング賞はスタートの出遅れでレースにならなかったが、ユーセイシリウスの前走と同じ日に別のレースでコンマ3秒速いタイムで快勝したことから、見切るのは早計だろう。また印は回さなかったが(9)番マルヨバナーヌと(10)番イザマイランも無視できない存在で、馬券的にはオッズ次第で手広くいく手もありそうだ。

    このレースにも注目 園田競馬11レース「兵庫県産たまご特別」(B1特別)


    ◎ (10)番 エイシンスペーシア


    中央未勝利で転入以来、無傷の6連勝中。今回は1キロ増に加え、前走で重賞・姫山菊花賞4着の(11)番ウェーブオーキッドなど、今までより相手は骨っぽくなったが、ここも突破するようだと重賞戦線での活躍も期待したくなる一戦になるだろう。


    (出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)

    (詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。