ボイスロイドを歌わせてみよう
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ボイスロイドを歌わせてみよう

2017-08-19 18:00
    ※メモ書きみたいなものなので読みにくいかもしれません。
    ※私個人の意見が含まれます。
    ※何かミスなどがあればコメントかtwitterまでご報告いただければ修正します
    ※質問等もコメントかtwitterまでお気軽にどうぞ
    twitter :@hisame_haruka

    「第三回VOICEROID非実況動画祭」参加作品です。
    ブロマガの最後にVSQX配布もあるので、よかったら最後まで読んで歌うボイスロイドに挑戦してみてください!



    はじめに


    まずは、動画のご視聴・記事の閲覧ありがとうございます。
    本記事では、動画「ボイスロイドを歌わせてみよう」で解説した内容のまとめと補足をします。
    ※動画の方をご視聴いただかなくともわかるように解説するつもりですので、動画は不要という方はこちらのブロマガだけ読んでいただいてもけっこうです

    初心者向けの解説をしようと思った経緯


    私自身、昨年のこの時期は「歌うボイスロイドは手間がかかりすぎてやってられるか」と思っていました。

    そう、「KotonoSync」が公開されるまでは…


    KotonoSyncの公開により、歌うボイスロイドの難易度は飛躍的に低下したと言えるでしょう。
    ピヨ式調声法ではリズム感や根気強い微調整が必要になるところを、VSQX1つで解決してくれるんですから実にありがたいことです。

    しかし、それでもなお
    「VOCALOID持ってないしVSQX作れないし無理かな」
    「そもそも何が必要でどうやるかもわからない」
    といった内容の発言を散見したので
    『実はそんなに難しくないし、ボカロがなくてもどうにかなるよ!』
    ってことを主張したかったんですね。

    そんなわけで今回は”初心者向け”の内容となっています。

    調声についてはこちらをどうぞ→”調声編”動画・ブロマガ投稿…できたらいいね

    そもそも歌うボイスロイドって?


    本来文章読み上げ用のソフトであるVOICEROIDを歌わせるっていう…
    なんていうか適材適所には反するけど、歌わせたくなっちゃったら歌わせるしかないじゃん?(テキトーすぎる)

    ちなみに、東北きりたんに関してはUTAU音源が公式に配布されていますが、そちらを使用したものは歌うボイスロイドには含まれませんのでご注意ください。
    ボカロゆかりさんを使って歌うボイスロイドって言ってるようなものなので。(ちょっと意味合いが違いますが極端な例として)

    ピヨ式調声法(詳しくは動画を見てどうぞ)


    KotonoSync(使い方・DLは以下の動画説明文のブロマガ参照)


    ボイロの音声をUTAU音源化する方法もありますが、UTAUについてはほとんど知識がないので私からは特に解説いたしません。

    基本的にはKotonoSyncを使用したリズム調整をオススメします。

    必要なもの


    ・PC
    ・VOICEROID+ EXシリーズ(VOICEROID+ 琴葉 茜・葵でも可)
    ・「VOCALOIDエディター」もしくは「UTAU」(+「Cadencii」)
    ・KotonoSync
    ・KotonoTone(使わなくてもok)

    PCとVOICEROIDについては、「持ってないならどうやって歌わせるつもりなんだ?」ってレベルなんで特に説明しません。

    「VOCALOIDエディター」
    VOCALOIDエディター(Piapro Studio)をお持ちの方は、こちらを使用してください。
    VOCALOID3以降のものでないと、VSQXに対応していないかもしれません。


    「UTAU」(+「Cadencii」)
    VOCALOIDエディター(Piapro Studio)をお持ちでない方は、UTAUとCadencii両方をダウンロードしてください。
    連続音一括設定は、あると便利なので一応入れておいた方がいいと思います。(UTAUのプラグインです)
    ※ustを変換して使用する場合は、VOCALOIDエディターをお持ちの方もUTAUを導入する必要があります

    UTAU(以下のページのダウンロードというリンク先からDL)
    http://utau2008.web.fc2.com/index.html

    Cadencii(以下から最新版をDL)
    https://ja.osdn.net/projects/cadencii/

    連続音一括設定(以下からDL)
    http://z-server.game.coocan.jp/utau/utautop.html

    KotonoSync
    今回説明する方法で歌わせる場合はダウンロードしてください。
    根気強くピヨ式で頑張りたい方は不要です。

    KotonoSync(以下のブロマガに使用方法やDL場所が記載されています)
    http://ch.nicovideo.jp/suzumf/blomaga/ar1073288


    KotonoTone
    必須ではありませんが、ロングトーンを綺麗に歌わせたい場合はDLしましょう。

    KotonoTone(以下のブロマガに使用方法やDL場所が記載されています)
    http://ch.nicovideo.jp/suzumf/blomaga/ar1250450

    USTをVSQXに変換する方法

    VOCALOIDエディターをお持ちの方
    残念ながらUSTを読み込むことはできないので、UTAUを導入してください。
    連続音一括設定(別途DLが必要)を用いて単独音用に書き換えておくとよいでしょう。
    →変換方法は「VOCALOIDエディターをお持ちでない方」の方に記載

    単独音用のustの場合はそのまま、それ以外の場合は連続音一括設定を用いて単独音用に変換してからVSQとして出力します。

    ファイル→エクスポート→ファイルの種類は「VSQ形式ファイル」を選択し、名前を付けて保存

    出力したVSQをVOCALOIDエディター(Piapro Studio)で読み込み、VSQX形式で出力すれば完了です。

    VOCALOIDエディターをお持ちでない方

    ①UTAUにustファイルを読み込ませます
    読み込ませてください。

    ②右クリックで「全て選択」で全ノートを選択
    このとき、単独音用のustでない場合は連続音一括設定を用いて単独音用に変換しておきます。




    連続音一括設定(別途プラグインとして導入が必要です)

    プラグインを起動したら、単独音にチェックを入れてOKを押すだけで変換されるはずです。


    ③すべて選択された状態で右クリックして「ピッチ」を選択し「ポルタメント」のチェックを外しustを保存します
    ※この画像だと歌詞が連続音用のままになっています




    ④Cadenciiを起動しUTAUプロジェクトファイルを開きます
    先ほど出力したustをCadenciiで開いてください。


    ⑤VSQXを書き出す
    VSQXとして書き出したら完了です。
    KotonoSyncを使って自動リズム調整をしてみましょう。


    ※もしリズムがズレる(テンポに対応できていない場合を除く)場合は④の後に
    ・すべてのノートを選択します。(プロパティウィンドウが開いてない場合は「表示」を開いてチェックを入れて表示させておく)
    ・ベロシティの値を64にする
    以上2つの手順を追加してみてください。
    (KotonoSyncの最新版を使用していれば不要なはずです)

    テンポが速すぎて正しく歌えない時

    VOICEROIDには、話速の関係で歌える速さに限界があります。
    必ずしもテンポが速いと歌えないというわけではなく、早口に耐えられないんです。
    困ったときは、テンポがゆっくりなバラードでも歌わせましょう。


    どうしても歌わせたいという方は、VSQX作成時にBPM(テンポ)を変更しましょう。
    例えば、BPM200の曲をBPM100で歌わせます。
    すごくゆーっくり歌ってくれるはずです。
    それを倍速で再生します(DAWで弄るのが簡単かな?)

    別にBPM50でも150でもいいですけど、テンポを合わせる時に楽な数字にしておくことをオススメします。


    歌えない高さのノートがある
    1、抑揚の値を弄って高音を出す

    貴様の音感を信じてどうにかしろ!!!


    2、外部ソフトでピッチ補正をする

    VocalShifterを使えば、無料でピッチ補正できます。
    左に音の高さが書いてあるので、それを見ながら高さを合わせましょう。
    UTAUやボカロで音声を出力しておくと、レイヤー表示でピッチが視認できるので、それに合わせてピッチ補正ができるので便利です。

    調声するときにもこのソフトを使用します。

    ボーカル編集ソフト VocalShifterってとこからDLしてね
    http://ackiesound.ifdef.jp/index.html

    3、曲のキーを変える

    キーを変更します。
    キーを変更してあるオケが配布されていない場合は、ご自身でキー変更をする必要があります。
    そこまではサポートしかねますので、調べてどうぞ。

    ※ちゃんとボーカルとオケのキーが合うようにしましょう


    MIX・マスタリング

    しましょう。

    フリーのDAWもあるのでそれを使いましょう。

    ボーカルにEQとコンプ、リバーブとかかけてオケに馴染ませたらマスタリングをすればいいと思います。

    詳しくないので誰か解説作って…

    配布


    とりあえず何か歌わせてみたいけど、VSQX作るのもオケ用意するのも面倒だよ~って人向けにVSQXと自作オケ配布します。
    自作なので音のミスがあっても許して…

    ※予告なく配布を終了する場合があります

    変わらないもの pass:akane
    https://ux.getuploader.com/hisame_haruka/download/6

    ガーネット pass:aoi
    https://ux.getuploader.com/hisame_haruka/download/7

    更新履歴
    2017年8月19日 本記事公開

    ※何か記事の変更があれば日付と変更内容についてここに追記します



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。