老害・ファンチ・モンペと呼ばれないために
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

老害・ファンチ・モンペと呼ばれないために

2019-09-22 23:39

     「コンテンツはファンの声を聞かなくなって死ぬ」という考え方と、「コンテンツは老害化したファンに殺される」という考え方があります。自分はというと、愛がこじれて闇落ちしてしまう人を何度も目撃してきたこと、何なら身内が目の前で闇落ちしてしまう様を見てしまったこともあって、後者の立場を取っています。
     もっとも、前者の意見を否定するつもりは毛頭ありません。ともすればアンチだなんだとレッテルを貼られている人の意見の中にも、決して無視すべきではないものは多いです。

     ただ、このバランスというのは本当に難しいです。「僕が声をあげなくちゃ!」という想いは容易に暴走してしまいます。特に僕達は怒りの感情を制御できないため、一度火がつくとあっという間に老害の出来上がりです。ではどうすればよいかと言えば、これはもう常に自問自答し、自制し続けるしかないんですよね。さもないと、何より本人が一番辛いから。

     正直に言って、自分も全く偉そうな事は言えず、日々猛省している次第です。ただ、最近色々と思うことが多く、備忘録と戒めを兼ねてまとめておきたいと思いました。僕の考える、コンテンツのファンとして守りたい10の心がけ。暇を持て余して仕方ない方、暫しお付き合いをば。


    1. 言葉遣いには気をつけよう

     納得できないことがあると、ついつい言葉が強くなりますよね。そんなときほど冷静に、一呼吸置きましょう。怒りに満ちた文章はそれだけで読む相手を不快にし、あなたの印象を悪くする恐れがあります。あなたの意見がどれほど正しくても、言葉が汚ければ、ただのヤベーやつにしか見えません。運営に意見を送ったところで、下手をすればノールックでゴミ箱行きです。
     その向こうに「人」がいることを忘れずに、伝える努力をしましょう。


    2. あなたの意見は、あなただけのもの

     あなたが「大問題だ!」「もうお終いだ!」とのたうち回るような事件が起こったとしても、別の人は「何が問題?」「そんなに騒ぐほどのこと?」と感じる場合があります。中には「それは違うんじゃない?」とあなたに投げかける人もいるでしょう。それは決して相手の方が無知だからでもバカだからでもありません。違う人間なのだから、感じ方も考えも異なるというだけです。
     特に殆どの人は「コンテンツは娯楽である」ということを弁えて楽しんでいるわけですから、如何にあなたの意見が的を射ていようとも、あーだこーだと水を差す「邪魔者」に見えてしまうことは、仕方のないことなのです。
     あなたの意見を人に押し付けないようにしましょう。意見が違うからと言って、「運営を擁護しやがった!」「これだから信者は!」などと決めつけて怒らないようにしましょう。


    3. あなたの意見は、多数の意見とは限らない

     インターネットでは、同意を集めることは簡単です。あなたの意見に賛同してくれる人は沢山見つかるでしょう。特に否定的な意見は万倍にも目立ちます。でも、それが大多数の意見とは限りません。例えあなたの意見に千人の賛同者がいても、残りの99万9千人は、違う意見かもしれません。
     あなたが「それ見たことか!」「これがファンの総意だ!」と息巻いたところで、実際には超少数派の意見かもしれないのです。


    4. あなたの意見は、正しいとは限らない

     運営の方針に「もっとこうすべきなのに!」と思うことはありませんか?でも、そもそもあなたの意見、本当に正しいとは限りません。所詮僕達は素人です。素人の考えなどたかが知れています。あなたが正しいと信じて疑わなくても、実際には全くの的外れかもしれません。運営はあなたの考えなど百も承知の上で、その選択をしているのかも知れません。あなたよりもずっとずっと先を見据えているのかも知れません。
     自分の意見を過信しないようにしましょう。仮にあなたの言うとおりにして失敗したところで、あなたが責任を負うことなど到底できないのですから。


    5. 事実や情報を正しく判断しよう

     インターネットではあっという間に情報が拡散されます。でもその情報、本当に事実でしょうか?よくよく調べてみたら、憶測や曲解がそのまま広まっていた、ということは多々あります。情報源がまとめサイトレベルなんてことも。不確かな情報に踊らされることの無いように心がけましょう。同時に、あなた自身が憶測を事実のように理解したり、情報を曲解することのないよう注意しましょう。
     まずは一旦冷静に。さもないと、無関係な人や、被害者の方を攻撃することになりかねません。


    6. 「イタコ」になるのはやめよう

     何か問題が起こると、当事者の心中を察してしまいますよね。心配のあまり「○○ちゃんが泣いているぞ!」「☓☓ちゃんに謝れ!」と、憤ることもあるでしょう。人の気持ちを想うことはとても大切です。でも、実際にはその人は、あなたの想像とは違う思いかもしれません。
     本心なんて当人にしかわからないことです。人の気持ちはあくまで察するまでに止め、勝手に代弁者にならないようにしましょう。さもないと、いつかあなたとその人との間で致命的なすれ違いが起こってしまうかもしれません。そうなった時、きっとあなたは冷静ではいられないでしょう。
     誰かの言葉を借りず、あなたの言葉で、あなたの気持ちを聞かせてください。


    7. 自分が「大勢の中のひとり」だと自覚しよう

     運営やアイドル、企業の代表などは、僕達と対等な関係ではありません。向こうは名前も立場もある個人(法人)、こちらは大勢のファンの中の、匿名のひとりに過ぎません。僕達は特段偉い訳でも、有名人でもなんでもないのですから、立場を勘違いして増長しないようにしましょう。
     例えあなたが「対等な立場」「一対一」のつもりでメッセージを送ったところで、彼らのツイッターやマシュマロには一日何百通もメッセージが届くこともありますから、簡単に埋もれます。目に止まったらラッキー、くらいに考えましょう。「何度メッセージを送っても無視される!」などと怒らないようにしましょう。


    8. 「大人の事情」を察せるようになろう

     運営はコンテンツを成長させるべく、日々頑張っています。しかし、一企業だけでできることなど多くありませんし、世の中何をするにも「人」と「お金」と「時間」がかかります。それでも前に進む為には、当然「大人の事情」が発生します。
     時にはそんな運営に「金儲けに走りやがって!」と思うこともあるでしょうが、僕達に楽しさを提供し続けるには必要なことなのです。「対応が遅すぎる!」と感じるかも知れませんが、仕方のないことなのです。何事もそういうものですから、いちいちイライラしないようにしましょう。


    9. 挑戦を見守ろう

     コンテンツとは自転車のようなものです。漕ぎ続けないと徐々に失速し、やがては倒れてしまいます。常に新しいことに挑戦し、世界を広げ、新規ユーザーを開拓し続けなければなりません。その挑戦を見守る心の広さを持ちましょう。
     僕達はついつい「変わらないこと」を望んでしまいがちです。ずっとそのままでいて欲しいと願ってしまいます。でもそれは、カゴの中で飼い殺しにするようなものです。
     時には失敗してもいいんです。いくらでもやり直し、次に活かせばよいのですから。でも、僕達があれこれ反対し、挑戦することを止めてしまったら。そのコンテンツの未来は暗いものになるでしょう。


    10. それでも、我慢ならなくなったら

     静かに去りましょう。もうあなたの求める物はそこにはありません。そんなに怒って、頭を抱えて、楽しいですか?いつしか怒ることが目的になっていませんか?コンテンツは楽しむもの。そのことを忘れてはいませんか?
     あなたがコンテンツの未来まで背負う必要はありません。そんなもの、あなたが背負いきれる訳が無いです。辛い思いをしてまで、心をすり減らしてまで、あなたが戦う理由は無いはずです。みんなから煙たがれてまで、足を引っ張ってまで、あなたがしがみついている理由は無いはずです。

     あなたがいなくなっても、明日もコンテンツは続きます。他の人達は何事もなかったかのように楽しく遊んでいます。彼らの邪魔をしてはいけません。楽しかった思い出を胸に、また新たな楽園を探しましょう。世の中には、きっとあなたが楽しめるものが、他にも沢山あります。




     いかがでしたか?ちなみにこれ、ファンとしてだけでなく、色々な場面で心がけておきたいと思います。相手が企業ならクレーマーに、異性ならストーカーに、子供ならモンスターペアレントになってしまわないように。
     何か自分にルールを課してもいいかも知れませんね。公式に意見を送るのは3回まで、長文お気持ち表明は1回まで、それで何も変わらなかったらすっぱり見切りをつける、とか。それくらいの心持ちでいたほうが楽なんじゃないかと思います。
     ともあれ一番大切なのは、コンテンツは気軽に楽しむものという初心を忘れないことではないでしょうか。少し肩の力を抜いてみれば、存外「俺なんでこんなに怒ってたんだ…?」と、憑き物が落ちたように楽になるかもしれませんよ。

    それでは、今後とも楽しくコンテンツを楽しみ、良きファンライフをば。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。