Call of Cthulhuのルート解説(不確定情報含む)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Call of Cthulhuのルート解説(不確定情報含む)

2018-12-07 19:00

    どうもこんにちは。
    先日無事にCall of Cthulhuの翻訳動画シリーズが完結しました。

    なんやかやと2周と3/4くらいはプレイしたのと、全文を翻訳したこともあって、このゲームのことが分かってきましたので、改めて動画内で説明できない話を含めて解説していきます。

    当然ながら、以下本編のネタバレが含まれますので、まだプレイしていない方や自分の力で解釈をしたい方はご覧いただかないようにお願いします。

    僕が投稿した翻訳動画シリーズはこちらからはじまります。


    1.運命の分岐について

    このゲームのエンディングは、通常2種類、追加で2か3種類あるようです。

    通常の2種類は(1)召喚の儀式を決行するか、(2)対抗儀式を行うかの2種類です。
    初回の生放送ではこのルートになり、どちらともをお見せしました。

    今回の翻訳動画シリーズでは、これとは異なる結末に到達しています。
    途中でもコメントで述べていた通り、動画プレイは正気度を保つルートの検証という側面がありました。そうして実際保ってみると、追加のエンディングが現れたという次第です。

    このことと、隠し実績に関わるいくつかの情報から、これとは正反対の結末が用意されていることが推測できました。すなわち、全力で正気を失うルートです。

    さらに不確定ですが、そのうえルルイエ語だけを利用して進めた場合、さらに追加のエンディングが見られるという噂も目にしました。

    今度生放送で2夜かけて、このガチ狂気ルートを試そうかと思います。


    2.結局どういう話なのか

    このゲームのストーリーはそう難解ではありませんが、細かいところを突っつくと無限に意味の分からないポイントが出てきて、頭を抱えたくなってしまいます。僕なりの解釈に基づいて、ストーリーを整理します。

    (1)1847年〈奇跡の獲物〉の発見

     1847年のことです。捕鯨が盛んだったダークウォーター島付近のクジラをことごとく殺すことで、ある神話生物が自らを発見してもらおうとします。この結果、スキュラ号の船員たちによって〈リヴァイアサン〉が発見されます。

    注釈1:この神話生物はおそらく実際には「クティラ」で、クトゥルフの娘であり母という特徴を持っています。クトゥルフの再生を担う神格です。とはいえ、ただのクトゥルフの星の落とし子である可能性も十分あります。

     〈リヴァイアサン〉の肉を食べたことで、フィッツロイ・フラー・チャールズの三人は真理に目覚めます。フィッツロイは教団を結成し、夢で語り掛けてくる神を崇める団体を結成しました。フラーは生物の神秘を解き明かし、部位の蘇生のみならず生命の再生をも実現しました。チャールズはしばらくの間、特に何もしませんでした。まぁおそらく出資者的な地位に収まっていたのでしょう。

    (2)チャールズ・ホーキンス

     チャールズはそれから70年くらいして(自分自身を自分の息子と偽って)サラ・ホーキンスと結婚しました。この時すでに、サラが神託の巫女であるということは知っていました。むしろ神託の巫女を招くために結婚したと言えます。これこそがチャールズの功績です。

     無事にサラは啓示をうけ、預言めいた絵画を複数描くことになりました。しかしそのうちの2枚が彼を激怒させることになります。一つ目はチャールズ・ホーキンスを描いたもので、その顔の半分が醜くただれたものです。二つ目は〈真理を求める者〉という見たこともない人物の絵でした。

     チャールズが神託の巫女と結婚したのには理由があります。それは彼こそが神を目覚めさせるその人になりたかったからなのです。チャールズはサラが神託を受け、彼が神を呼び覚ます光景を描いてくれるものと考えていました。むしろチャールズにとってのサラは、そうして自分の存在意義を示してくれるためだけの存在だったのです。
     このことを前提にすると、チャールズがこの2枚の絵に抱いた感情を推測することができます。夫である自分を醜悪な姿で描き、見ず知らずの男を神を呼び覚ます者と言ったのですから、狂人としてこれは激怒せずにはいられなかったことでしょう。

     チャールズはサラをフラーの病院に通わせます。このときチャールズは〈真理を求める者〉の存在を隠し、自分こそが神を呼び覚ます存在であると偽りたかったという背景があります。フラーは興味深い狂い方をした人物で、神を呼び覚ますことよりも生命の神秘、特に神託の巫女が持つ能力に強い興味を抱いていました。それゆえ、サラーを匿うことに賛成したわけです。

    しかし、コールデン女史がのちに解き明かすことになる一つの接触が、この計画を狂わせてしまいます。

    (3)フィッツロイへの神託からホーキンス事件へ

     すなわち、フィッツロイがフラーのもとに来て、「チャールズは何かを隠している」と主張した会談です。実際、この段階のチャールズは〈真理を求める者〉が必要であることを隠していました。フィッツロイはこの3人の中では最も純粋な信奉者です。自分の存在意義に執着してもいないし、生命の神秘に取り憑かれてもおらず、何よりも神の再臨を望んでいたのです。

     あの火災の夜に話を進める前に、チャールズの妄執が行き着いた心境の変化を明言しておきましょう。すなわち、サラが描いた神の導き手になれない自分の運命を変えようとしたのです。そのためには、サラを運命の歯車から逃れさせ、〈真理を求める者〉と出会わないようにする必要がありました。

     この考えは彼にとって理想的なもので、彼はおそらく上機嫌にそれを提案し、同時に〈奇跡の獲物〉を妻に差し出したのでしょう。それは彼にとって誰かを従わせる最良の手段だったのですから。しかしサラはこの直前にフィッツロイに会っていました。彼女はフィッツロイに告げたのです。〈真実を求める者〉が必要だと。そのうえで、サラはチャールズの提案を拒絶しました。これにより喧嘩が勃発し、もみ合いの末火災が発生してしまいます。

     息子サイモンは死亡しましたが、サラとチャールズはかろうじて生き残りました。いえ、厳密にいえば、サラはほぼ死亡していました。通常では生き残れない状態で、フラー医師のもとに死体として運ばれ、フラーの手によって再生されたのです。そしてフラーは自らの研究のために彼女の生存を隠すことにします。

     さて、一方のチャールズですが、彼は地下に逃げ込んで一命をとりとめましたが、その体は恐るべき変異を遂げていました。火傷した部分がことごとくタコのように変質し、第三の目が開くなど、見るも恐ろしい姿になっていたのです。それは運命だったのか、かつてサラが描いた醜悪な怪物と化した自分の姿そのものでした。彼は地下を伝ってたどり着いた36番倉庫でそのことに気づき、嘆きながらもそこで生活することとしました。

    (4)エドワード・ピアース

     ほぼ同時期に、何者かの手で一枚の絵が発送されました。おそらく送ったのはフィッツロイでしょう。送り先はスティーブン・ウェブスター。サラの父親です。娘の不可解な死を聞いたウェブスターは、相手にしてくれない無数の探偵事務所を経て、この絵を抱えて一人の探偵に行きつきました。職務怠慢の末、今すぐにでも仕事をしなければライセンス失効を宣告された、酒浸りの私立探偵エドワード・ピアースです。

     ここからがゲーム本編ということになります。

     ピアースは島へ調査へ訪れます。ピアースはブラッドリー巡査とともにホーキンス邸の地下に潜りこみ、チャールズ・ホーキンスに遭遇しました。このとき、チャールズは絶望したことでしょう。ほかならぬ〈真理を求める者〉の顔をした人物がそこにいたのですから。
     しかしチャールズはピアースを殺し損ねます。洞窟の崩落という自然現象(むろん、それは運命が導いたことなのだけれど)によって妨害されてしまったのです。それでも崩落によって重傷を負ったピアースは、やはりフラー医師のもとに運ばれました。これも運んだのはフィッツロイ派の人物と思われます(むろん、チャールズは協力的なフリをしていたと思われるため、派閥といっても対立的ではないのだが)。

     さて、ここでピアースはオカルト的処置をうけます。〈リヴァイアサン〉の油を注入され、失った脚を再生させられました。かねてから感受性の強かったピアースはこれにより夢見と幻視の狂気に囚われることになります。

     ピアースはブラッドリー巡査の恋人コールデン博士によって救出され、情報を頼りにアルジャーノン・ドレイクというオカルトマニアのもとに向かいます。

    (5)ドレイクとサラの二面性

     ここでアルジャーノン・ドレイクとサラの関係を確認しておきましょう。アルジャーノン・ドレイクはオカルトに通じた人物で、サラの幻覚についてもかなり正確な神話的理解を持っていました。ドレイクはサラにとってよき相談役であり、良き友人に違いありませんでした。

     というのも、サラはその中に完全な二面性を有していたからです。正気が勝っているときのサラは、ドレイクとともに問題の解決を目指していました。一方で狂気が勝っているときのサラはそれとはまったく逆に教団に味方していました。正気のサラの友がドレイクであり、狂気のサラの友がフィッツロイだったのです。

     ドレイクが事件への協力を提案する一方で、ピアースは魔導書の力でコールデンの身の危険を幻視します。しかしこれは明らかに危険な神話の導きにすぎませんでした。コールデンの救出に向かったはずのピアースは、なぜかサラ・ホーキンスのところにたどり着きます。事実が捻じ曲げられ、運命に矯正されたのです。

     サラと合流したピアースですが、正気状態のサラは自分が狂気のうちに犯した過ちを正さないことにはこの島を去ることはできないと主張します。すなわち〈さまようもの〉を封印したいと主張し、ドレイクもこれに協力します。しかしその封印は彼女の正気を完全に奪い去り、ついに狂気に支配される存在へと変貌させてしまいました。

    (6)到来したその日

     一方警察に逮捕されたピアースは、そこで〈リヴァイアサン〉と名付けられた存在と出会います。この接触によっていよいよ狂気が浸潤したとの判断から、〈リヴァイアサン〉はクトゥルフ復活の儀式の開始を宣言しました。人々は操られて正気を保ったものを食い殺し、教団員だけが島に残されるに至ったのです。

     ピアースはついに捕鯨基地で〈リヴァイアサン〉との対面を果たします。あとはその霊体を魔術的に差し出す儀式さえ行われれば、クトゥルフが再誕することになるのです。

    ここからは、ルート分岐によって変わりますので、解説は省くことにします。



    そのほかの解説については、しばらく最終回動画にコメントが集まるのを待ってからにしようかと思います。
    なお、これらの解釈はあくまで僕の個人的な解釈であり、ゲーム制作側の正確な意図をくみ取っているとは限りません。あしからずご了承ください。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。