• 年齢制限はなぜあるか――エロスと民主主義

    2018-12-06 17:05

     皆さんの中のかなり多数が「なんとなく」エロ本やエロ動画をいけないものだと思っています。
     現代の先進民主主義国の多くにいわゆる「18禁」をはじめとするポルノやエロメディアの年齢制限制度が存在します。筆者はこんなもの自体は必要ないと考えるのですが、今のところ存在するのは紛れもない事実です。
     それらをこれ以上厳しくする必要はないにしても、筆者のようにはっきり「失くしちまえ」と言われると、やはり「なんとなく」不安になる気がしてくる人も少なくないでしょう。
     しかし、何も心配いらないのです。それは様々な統計や研究において、事実「ポルノやメディアの悪影響」なるものが否定されているからだけではありません。
     そもそも昔は年齢制限なんてなかったのです。

    「えっ! 現代の方が自由が守られていて、大昔になるほど言論や表現の規制は酷いってのが常識じゃないの!?」

     と思われるかもしれません。
     確かにそうなのですが、昔は禁書はたんに禁書であって、年齢制限の対象ではありませんでした。端的に誰も見てはいけないのであり、「何歳以上は見て良いが、何歳未満はいけない」という類のものではなかったのです。
     では、なぜ現代では「年齢制限」があるのでしょう?

     メディアの影響にかんする研究が発達し、大人は大丈夫でも子どもには大きな悪影響があると分かったから――ではありません。
     全く逆に、多くの統計でポルノの悪影響は否定され、むしろ解放されればされるほど性犯罪などは減っていくことを統計結果は支持しています。

     さて、「ポルノで○○の性犯罪が増える」とは、つまりはこういうことです――「〇〇はバカだからエロ本読んだだけで堕落し興奮し発狂して強姦しまくるに違いない」。ポルノ規制とは早い話が、このふざけた〇〇への偏見を、事実として認定して法制度化するということです。

     法制度の決定権が王様や独裁者にあるような国ならば、それで問題ありません。
    「民衆はバカだからエロ本読んだだけで堕落し興奮し発狂して強姦しまくるに違いない」
     こう考えたところで、王様が困るでしょうか?
     いいえ。「民衆はバカ」という前提に拠って立ったところで、王様や独裁者のプライドは何一つ傷付かないのです。むしろ「バカな民衆を正しく導いてやるために権力を振るう俺様」という優越感を楽しめることでしょう。

     しかし民主制度ではこれは大問題です。
     有権者自身が「俺達バカで~すエロ本見たら狂っちゃいま~す」だなんて認めるわけがありません。

     しかし、やはり性表現を規制したいという欲望はあるのです。なぜか。
     それは多くの文化で、伝統的性規範における婚姻・性関係の本質が「女性の人身売買」だからです。男性の財力・権力と、女性の性的魅力と家事労働・出産機能を交換する。これはもう原始部族の風習から、平安日本の藤原氏による摂関政治などを経て、現代女性の上昇婚願望にいたるまで連綿と続く「結婚の本質」です。

    (三木幹子「女子大生の恋愛と結婚に対する意識調査」(広島女学院大学論集第63)より)

     ようするに、性嫌悪を教え込んでおぼこい娘を育てたいんですよ。
     若い娘には「きゃっ!」「いやぁ~ん」「電気、消して……」とか言って欲しいわけです。
     そして自分の娘をそんな風に育てることができれば、いつかは大金持ちに気に入られて嫁にいけばグヘ、グヘヘ、グヘヘヘヘヘ……。そんなコース。
    「娘を金持ちの嫁にやって俺も権力者に……」という父親の願望も、「いつか白馬の王子様が私のもとに……」という女性自身の妄想も、本質的には同じです。要するに「経済力の高い男性を見つけ、その財産と女性を交換する」ということ。
     その商品価値――処女性――を維持するため、「エッチなのを嫌がる」という規範を女性に植え付ける必要があるわけですね。
     性嫌悪に基づいてポルノ排撃を唱える勢力の大きなひとつに(一部の)フェミニズムがあるのは噴飯物です。なぜなら性嫌悪こそまさに伝統的な男尊女卑社会における「性の商品化」の、重要な道具であるからです。

     もちろん、それぞれの女性にはしたい相手とだけセックスしたり尻や胸を触らせたり、あるいは誰ともしなかったりする権利――いわゆる性的自己決定権というやつがあります。その権利自体は否定されるべきではないでしょう。たとえ男性に都合の良い性嫌悪を教え込まれ、ていよく利用されている状態だとしても。
     しかしそれはあくまで「自己」決定の問題であり、別の人たちがポルノを売り買いしたりする権利に及ぶべきではないと考えます。

     それはともかく、性嫌悪が社会に実在している以上、それを正当化したいという需要もまた発生します。しかし前述したように、現代の民主主義社会で「国民はバカだからポルノの悪影響を受けます」というわけにはいきません。お前らはバカだと有権者に言い放てば、その政治家は人気を落とすわけですから。

     そこでその「バカさ」を子どもたちになすりつけてしまおうという発想が生まれるわけです。「国民は」ではなく「子どもは」判断力が低くポルノの悪影響を受ける弱い存在だ、だから守ってやらないといけないんだとすり替えを行うのです。
     これが「18禁」が現在の社会に存在する根源理由です。

     この政策は政治家にとってもリスクが少ないものです。
     なぜなら国民のうちの大人(有権者)の劣等感を刺戟しないばかりか、彼らの若年者に対する優越感をくすぐることまでできるからです。若い文化は、つねに一定数の中高年にとって敵意の対象だからです。
  • 広告
  • HitoShinkaが『GODZILLA 星を喰う者』を記憶レビュー

    2018-11-14 12:043

     いよいよ最終章のアニメゴジラ!

     えーとですね。
     これはアレなんですよ(ローテンション)

     よく普通の30分物のアニメや特撮で、主人公やヒロインが悪者につかまって、幻覚とか見せられて悪者の演説聞かされ続けたりする回があるじゃないですか。で、尺がいいところに来ると「違う!俺は……」とか叫んで幻覚パーンと打ち破って、敵やっつけて終わり。
     それを映画一本分に引き延ばした話です。
     30分番組の本編20分程度で終わる話を90分に伸ばす。70分の余分をどうやって埋めるかというと、その役割は長台詞を伴う回想・イメージシーンという残念なものが担当するのです。

     ちなみに「怪獣は何で現れたか」の設定はまた揺らいでます。
     第1作目では謎に包まれており、第2作目では「公害や環境破壊などの人類の活動のせいで」現れたとか言われており、今回3作目においてついに「人類の原水爆実験」とまとめられました。しかもゴジラだけでなく怪獣全般がです。明らかに宇宙から来たドゴラとか伝説の古代怪獣系はどうなるんでしょうか。
     これらの台詞、1作目はハルオの独白、2作目と3作目は博士との会話に出て来る言葉なのですが、劇中「明かされた怪獣出現の衝撃の真相!」とかはなく、単に会話ごとに内容がふらふらしてるだけです。
     正直これが「怪獣映画ではなくハードSFの舞台で描かれる人間ドラマ」とか言ってる人には「最初だけ同意」しておきます。

     ついでながらメトフィエスが「怪獣は恐れられるから怪獣であり、人間がいなければただ巨大な『動物』に過ぎない」と語るシーンで、『今回のゴジラは植物由来』というパンフなどに書かれた裏設定が徹頭徹尾本編に活かされなかったと分かったのも地味にガッカリでした。


     まあ、順を追ってみていきましょう。
     最初にメトフィエスの声が流れます。
    「我々は文明のはじまりから地球人を監視してきた云々」
     あーはいはいこの脚本家さんの好きなやつですね。続いて、メトフィエスがハルオにくっついていたのは、ハルオを英雄に祀り上げて人類を彼らの望む方向に導かせるためだった、というような事か語られます。

     が。
     同じ脚本家・虚淵玄氏の『仮面ライダー鎧武』でも顕著だったのですが、シナリオ上の大きな問題があります。「黒幕がドヤ顔で言っているネタバレと、作中の展開に整合性がない」のです。

     メトフィエスが望んでいる方向というのは、人類がメカゴジラを失いゴジラを倒す手段がもう無いので「神様にゴジラをやっつけてもらおう」という話に誘導し、儀式を行わせて彼らの神ギドラを召喚することでした。そしてゴジラや人類もろとも地球をギドラに喰わせることが望みだったのです。
     そうする理由は彼らの教義が「みんな死んで楽になろうよ」だからなのですが。

     そして以上の計画は、本編中でハルオを放置して進められます。
     というのは宇宙にある母船が「前作のメカゴジラ計画を途中で邪魔したハルオを処分するかどうか」で揉めているので、揉め事の原因であるハルオは博士の勧めでさっさと原住民たちのところに身を隠してしまうのです。
     そもそも前作でハルオに「ギドラはエクシフ星を滅ぼした怪獣」とバラしたのはメトフィエス本人(意図不明)。ハルオが協力しないのは当たり前です。
     しかし別段困った様子もなく、そのまま他の信者達によってギドラ召喚の儀式は進められ、普通に成功します。ハルオいらんやん。
    「いや! 前作でゴジラを倒せなかったから今の絶望的な状況がある! そこにはハルオとメトフィエスがかかわってたじゃないか! だから人類は神に縋ったんだ! ハルオについてたのはこの状況を生み出すための深遠な布石なんだよ!」とシナリオを擁護したい人は言うかもしれません。
     が、2万年前から人類はほぼずっと絶望的状況にありっぱなしなので結局ハルオ関係ないんですよね。地球を捨ててゴジラから逃げなければならなくなった時も、到着したタウeが居住に適さず行き場がなくなった時もじゅうぶん絶望的だったと思います。

     まあともかく、ここで良いシーンを挙げておきます。
     ハルオ処刑を主張するビルサルドに対し、母船で常にハルオの無謀な計画を邪魔する側だったメガネのおっさんが、敢然と擁護論を展開するシーン。
     そして宇宙にギドラが出現し母船が破壊されるまでの混乱の模様。異次元怪獣であるギドラに各種計器の反応のつじつまがあわないことを混乱しながら伝えるお姉さんの声。筆者が「悲鳴を上げながら必死に報告するオペレーターのお姉さん」に萌える性癖だからでもありますが。
     この2つは間違いなく評価して良いシーンだと思います。

     そして地球では前作の戦いのあと休眠状態にあったゴジラの上空に暗雲がたちこめ、蜘蛛の中から巨大な3つの球体が姿を現します。
     その中からギドラが出て来るわけですが、キングギドラというよりマンダです。胴体が出てこないからです。「今はまだ」出て来ないのではなく、最後まで出ず一生マンダです。
    (一応「イメージの中で一瞬出てくるシルエット」だけはキングギドラなんですが、これはパンフによると「エクシフが想像しただけの全身図」らしいです)。なのになぜかギドラ召喚で唱える言葉は「来たれ、終焉の翼」です。翼なんか一枚も来ないのに。

     ギドラに向かって熱線を撃つゴジラ。
     しかし熱線は曲がってしまい、ギドラに命中しません。
     横で見ている博士たちの機器によれば熱線が曲がった事は記録されておらず、不思議だ!と騒いでいます。
     ギドラはゴジラに接近し、ゴジラは殴ろうとしますがゴジラの手はギドラをすり抜けます。ギドラには、この世界の物理攻撃一切が通用しないのです。熱線を曲げる必要があったのかはこの際忘れましょう。
     そのままギドラはゴジラの肩などにかぷっと噛みつき、これのみがギドラのゴジラに対する攻撃です。

     ……なに二度見してるんですか?
     もう一度言います。このかみつきのみがこの映画唯一のギドラによるゴジラへの攻撃です。
     この後ギドラは特段動かず、ただゴジラの攻撃が効かないという人間たちの発言が繰り返されます。

     そして博士は、物理法則の異なる別の世界から来た怪獣だから攻撃が通用しないのだと気付きます。
    「じゃああれはゴジラに勝てるんですか!?」と問う兵士に博士は
    「冗談じゃないぞ、あれはゴジラどころの脅威じゃない……地球そのものが食いつくされる……!」
     映画のタイトル的にはそうなんですが、博士はこの怪獣が異次元から来たんだろうと推測しただけで、ギドラは結局最後までゴジラと宇宙船以外にはなにもしなかったんですが。博士の中では、異次元怪獣はみんな星を食べることになっているのかもしれません。
     たとえば周辺環境の物理法則が歪んでおかしなことになるとか、星全体にダメージがいきそうな描写を加えておくなどはできなかったものでしょうか。長すぎるイメージシーンの代わりに。

     ちなみにハルオはゴジラvsギドラ戦がはじまるあたりでメトフィエスを探しに行き、そのまま捕まりました。その後、この怪獣バトル(とはいまいち呼びづらい何か)は、ハルオのイメージシーンの中で語られるメトフィエスの長い演説を頻繁に挟みつつ、進行したりしなかったりします。

     一方、博士は異次元怪獣を手引きしている者がいるはずで多分メトフィエスだと勘づき、それを伝えるため、原住民の娘とともにモスラの卵を通じてテレパシーでハルオに連絡を取ろうとします。
     これによってイメージシーンの中にモスラのシルエットのみが出現し、それを覚醒したハルオがメトフィエスの目の中に埋め込んである機械?を壊すとギドラの無敵モードが解除されました。
     え? モスラの実際の登場? あると思ったの? 俺も思ったよ見る前までは!!

     あーさて。
     いよいよ物理攻撃が通じるようになったギドラとゴジラの決戦です。
     まずゴジラがギドラの首の一本にワンパン! 首は金色の塵となって消滅しました。

     ……。
     
     …………。


     ……………………やっぱ星食ってるような奴はダメだな、次!

     次も駄目でした。ゴジラに顎を掴まれベキッとやられるとそれだけで消滅。『FINAL WARS』のクモンガが振り回されるシーンより短かったんじゃないでしょうか。

     ここで肩にかみついてた3本目の首がいったん離れます。まあ最後くらい熱線ぶっぱなしたいやんゴジラだし? というだけですがね。はい一発で消滅。あと、ギドラが来ていたゲートも熱線一発ずつで爆発して終わり。

     一応、戦いの途中でちょっと浮き上がるシーンがあったのと、博士やオペレーターのお姉さんが計器の異常を語るあたりでところどころ重力に言及してるのが、原作キングギドラへの精いっぱいのリスペクトだったんじゃないでしょうかもっとがんばれ


     ちなみにこれは印象なんですが、全体としてCGが荒い場面が多かったような気がします。
     リーランドとユウコの亡霊に罵られるイメージではPS1くらいでできるCGじゃね? って感じでしたし、原住民との生活を描いた場面なんて、博物館に置いてる「縄文人の生活を再現図
    」くらいの止め絵でした。
     だいぶ予算減らされてませんか?
     いやそういう「味を狙った」と言われればそうとも解釈できないかなとも思うんですけど。


     ……で、エピローグなんですが。
     博士が、前作のメカゴジラシティ戦で残ってたロボットとヒロインの脳死体を回収してまして、そこからまたナノメタルで文明を再生しようとするんですね。
     で、ハルオとしては「文明が再興したらまたゴジラやギドラみたいな怪獣を生んでしまう!」というわけで、ヒロインを載せてロボットでゴジラに突っ込んでいきます。熱線で爆発しながらゴジラにぶつかって終わり。
     その後、今度はそのロボットを原住民があがめているシーンで、今度こそおしまいです。 


     待て。
     完全にゴジラに負ける前提での自殺だったら許そう。でもそれだったら別に崇められはせんだろ。
     まさかあれで、あのしょぼい特攻でゴジラ倒したんじゃあるまいな?

     お前それ、「本作はゴジラの株を最後の一場面まで下げ続けることに尽力した映画です」ってことやからな? 違うよな? なあおい?



  • 東大教授のとある疑わしい話――NHK高校講座を作った人

    2018-10-31 21:23

     今日は皆さんに、ひとつ問題を出してみましょう。次のツイートを読んで、おかしなところを考えてみて下さい。 前回のおっさんじゃん。と思った方、その通りです。
     いやー先生、マジカッコイイですね。女性タレントやNHKのスタッフをけちょんけちょんに貶し、先生ひとりがヒーローとしてお説教する立場。「安易に思わない方がいい」(キリッ)で締めるのとか最高ですよ先生。

     が、良い事言ってるなと思った方は、もう少し物事を疑う癖をつけた方がよろしい。感じるな、考えろ。
     そう、今回は「物事を疑え」という話です。たとえそれが実名アカウントの言葉であっても。上記のツイートはいわば問題文だと思ってください。
     では、細部をスルーせずに読解していきましょう。
     全体のストーリーもセリフもフリップも全部私が書いた。現場に行ったら、生徒役の女性タレントがいた。このタレントが、結構な年な人で~
     まずここから「なんでやねん」。
     全体のストーリーも台詞もフリップも全部書いておいて、生徒役の女性タレントが「行ってみたらいた」とはどういうことでしょうか。ここを読んだ瞬間、筆者はこの一連のツイートの嘘松の可能性を考えました。
     まあ、ここについては書き方がまずいだけなのかもしれません。次行きましょう。
    カメラが回った瞬間に豹変し、ものすごく舌足らずに、幼児っぽく、頭悪そうに喋る。非常にやりとりがしにくいので、困った。しかし番組スタッフに忖度して、使ってもらうにはそうしなければならないのだ、という様子が見えた。
     忖度が完全に主観なのはさておいて。
     よく教育番組である「先生、ここはー、○○なんでしょうか?」みたいなゆっくり喋るやつのことですかね?
     しかしこの先生が自分で台詞を考えているなら、せいぜい声の高さや抑揚程度の問題でしょうし、別に困りはしないと思うんですが。
    私もスタッフやタレントを変えさせるような力はなかった。
     別にタレントやスタッフ自体を変えなくても、「そんなゆっくり喋らなくても自然に」とか言えばいいだけじゃないですかね。
    ただし相槌で腰を折られないように工夫した。
     ……台詞はあなたが考えたのでは? 自分で自分の腰折ってんの?

     と、まあここまでは文自体を読んでいて、おかしいなーと思うところを並べただけでした。
     ここで、当の番組はどうだったのかを確認することにします。この池内惠という先生が関わったNHK高校世界史の番組というのが、10年近く前の「イスラーム世界の成立」という回(だけではないかもしれませんが)と分かりました。
     こちらが動画URLです。  
     https://www.dailymotion.com/video/x5f4wlj

     出演の女性タレントは寺田ちひろさん。別に教育番組としてはよくあるしゃべり方で、極端に頭悪そうとか舌足らずという印象も受けませんでした。少なくとも「やりとりがしにくくて困る」とかいう状況にはなりそうもなかったです。
     どっちかというと舌足らずというか、喋り方が気になるのは先生の方です。が、そこはしょうがない。先生は別にタレントでも俳優でもないわけで、プロの寺田さんと比べるのは気の毒です……が、そのプロに難癖付けてる張本人なので同情しづらいです。 
     さて、先生はスタッフから次のシリーズの依頼が来たと言います。先生が言うには、ここで注文をつけたとのこと。
    女性タレントが意図的に幼く、舌足らずに喋るのはやめてさせてほしい。そもそもあれでは世界史の知識以前に、女子生徒のロールモデルにならない。
     女子生徒のロールモデルにならないというのは、私も見てその通りだったと思います。
     だって寺田ちひろさんは女子高生役でもなんでもなかったんだから。普通に説明や見学のアシスタント役でしたよ。


     そもそも「全体のストーリーもセリフもフリップも全部私が書いた」と言ったのはあなたでしょ? 全責任があなたじゃないですか。
     
     ちなみにその新しいシリーズとやらは、先生によれば以下の顛末を辿ったそうです。
    その番組がどうなったかは知らない。到底まともなものにはならなかっただろう。そうこうしているうちに、同様のシリーズはもう作られなくなった。
     どうなったか知らないのか、作られなくなったと知ってるのか、話の整合性を取る気があるんですか、先生?
     
      このなくなった番組というのが実在するかは分かりません。しかし、読者はこう疑問を抱いたことでしょう。
    「でも作り話だとすると、このオッサンは何の動機でこんな嘘を? 」
     そこは正確なところは先生にしか分かりません。単に偉ぶりたかっただけかもしれません。
     ただ、ちょうどこの頃池内先生は、同じNHKのこのWeb番組に必死で難癖をつけていました。ちょっと有名になったこれです↓。

     こちらに難癖をつけた動機もまたクッソしょうもないもので、先生御執心(らしいのですが、どういった意味での御執心なのかは筆者は知りません)の森次慶子さんという女流画家がキズナアイ出演に的外れな批判をし、袋叩きに遭ったのです。それを庇いたかったらしいです。
     で、とりあえず「素人さん向けにキャッチーにするという方向性自体を叩こう」と考えたらしいのですね。

     ちなみに森次氏のほうも発言がなかなか香ばしく「ディズニーはこんなのと違って胸のラインなんか描かない!」と言い張って、速攻でディズニーにも胸の谷間やラインの描写がある画像出されたりしていました。挙句にキズナアイの別の新しい動画にたまたま「画伯」「天才」の文字があったことで「私への当てつけ!!」と過剰反応したり……たぶんアイさん、あなたのこと知らないですよ?
     今、彼女がどうなっているのか筆者には分かりません。一言も話した事ないのにブロックされたので(多分、森次氏にブロックされた人に「ブロックは草」と書いたのが原因)。


    え? 昔のNHK番組の動画にリンクしていいのかって?
    http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/364/083364_hanrei.pdfの判例によると、たとえ相手が違法アップロード動画であろうともリンク張るだけならOKです。