大学1年生、または何らかの初学者へのお勧め勉強法(2)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大学1年生、または何らかの初学者へのお勧め勉強法(2)

2018-05-31 22:47
    『日中英特許技術用語辞典』
     語順は日本語で、中国語索引あり。特筆すべきは各語について例文が2つも載っていること。


    『五ヶ国語工業所有権用語辞典』
     英日西仏独。英語順です。


    『日中英職場で使う工業用語(簡体字版)』
     カナとピンインが併記されています。いわゆる学問としての専門用語だけでなく「おしゃか=不良鋳物」などスラングっぽいものも入っている様子。また地方ごとの言葉の違い(ベアリングは中国北部では轴架,南部では培林・培令と言うことが多いなど)にも触れている。コンパクトで薄い本なのにこれほど気遣いがあるのは貴重。


    『英日中海事貿易基本用語辞典』
     航海用語、機関用語、造船用語、海運用語、貿易用語、気象・海象用語の6章に分かれていて、それぞれ英語順になっています。付録に地名や、船の図解なども。


    『英日中土壌学用語集』
     古い本です。中国科学院が1975年に編纂した本が元で、前書きには「毛主席の『洋為中用』の指示により~」などと時代がかったことが書いてあります。英語順ピンイン付き。

    『日・英・ミャンマー3カ国語対訳 経済貿易・機械・医療関連用語集』
     日本語順です。ミャンマー語が入っているのも、経済や機械と医療という取り合わせも珍しい。


    『ポ和(英仏独日5か国語)ビジネス語辞典』
     変わった構成で、各単語について5カ国語訳が同じページにならんでいるのではなく、ポーランド語から日本語を引ける章、英語から日本語を引ける章、……と別れています。つまり5冊の辞典を並べてくっつけたような構成です。そして日本語から引くことはできません(索引もなし)。

    『日英独医語小辞典』
     そりゃ医学ならドイツ語のこれありますよねという辞典。日本語順で、気軽に持ち運べるサイズです。

    『中国語インターネット用語集』
     題名には中国語としか書いてませんが、英語訳も入ってます。日本語順。ただ、1996年というインターネット黎明期の本なので、SNSに関するものなど最近の用語は載ってません。それでもいいならどうぞ。


    『日中英技術用語ハンドブック』
     サイズはそこそこコンパクトな割に、8500語という充実の語数。ただ構成が変わっていて、同じページに書いてあるのは日本語・中国語だけ。英語だけ後半にまとめて書いてあり、各語についている番号を頼りに探すという不便そうな仕様。中国語発音はピンイン表記。


    『日中英イベント用語事典』
     語順は日本語で、ピンイン表記があります。


    『最新ネーミングのための8か国語辞典』
     日英羅希仏西伊独。かなりの大部です。


    『日中韓常用色名小事典』
     語学というより色や染料などそのものの歴史等の解説重視です。おそらくファッション関係の専門の人用で、ジャンルがジャンルだけに当然フルカラー。該当する色名が言語によってないからなのか、訳が韓国語しかないとか中国語しかないという場合もあります。


    『アルファベットで引く6か国語音楽用語辞典』
     伊英独仏西羅。日本語を入れると7か国ですが、日本語から引くことはできません。日本語の索引さえありません。題名通り、横文字をアルファベットで引く専用です。しかも各語まぜこぜに書いてあります。スペルだけ分かって何語かは分からないという場合には便利なんでしょうが……。


    『伊英独仏音楽用語事典』
     上記と同じシステム。音楽家はそういう調べ方しかしないのか? こちらは日本語の索引があるのが救いですね。

    『中国情報用語事典』
     普通にガチな事典です。そもそも語学用ではなく、言葉の内容をがっつり調べるためのものです。ただ珍しいことに、見出し語に中国語と英語両方の訳が載っているので、そういう使い方もできます。


    『英独和 和独英 鋳物用語事典』
     タイトル通り、前半が英語順・後半が日本語順の事典です。


    『英日中 建築・土木用語辞典』
     大型の辞典です。英語順。発音はピンイン。索引は中日ともあるのですが、中国語索引が発音順でなく、筆者の嫌いな部首索引となっています。まあ発音が見当もつかないという場合には部首索引のほうが確実に引けるわけですが。


    『英日中 機械用語辞典』
    『英日中 建築・土木用語辞典』の機械用語版。仕様も同じで、やはり中国語は部首索引です。


    『日中英対照エレクトロニクス用語辞典』
     タイトルにはありませんが後半は英日中の形式です。で、日中英なのですが、どういうわけか日本語をアイウエオ順ではなくアルファベット順で引くという謎仕様になっています。発音はピンイン。

    (続く)
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。