pixivに一点爆撃されたときの話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

pixivに一点爆撃されたときの話

2015-03-09 08:00
  • 2
みなさんは一点爆撃という言葉をご存知でしょうか?

これは、pixivで起こることなのですが、pixivは10点満点で評価するシステムになっています。
ですので、いい絵だと10点を入れるわけですが、これを意図的に1点にすると、最低の評価=この絵は良くない絵だ、といった印象を与えることになります。

これを利用して、描き手に嫌がらせをするべく、1点を立て続けに投下することを、俗に一点爆撃などと呼びます。



私は以前pixivのランキング上位に講座で入ったことがあるんですが、これが某2ちゃ○んねるに目を付けられてしまいました。
残念ながら、ランキングをずっと観察してヘイトを振りまいている人がごく一部存在していて、それが某2ちゃん○ねるでは顕在化していたりします。
1000万ユーザーを超えるpixivですから、極々一部でも一定の人数になってしまうわけです。

「画力も無いくせに講座なんかで上位に入りやがって!」
こんな感じの主張でしたが、まあ実際その通りなので、批判の内容自体は特に気になりませんでした。


ところが彼らの一部は行動派で、私のpixivに出張してきて一点爆撃をしていきました。

暇な人はいるもので、これは3ヶ月くらいの間続き、少ないときで数回、多いときで1投稿に50回くらい1点を付けられました。



前回投稿についてのリスクなども書きましたが、絵に限らず、どうしても何かを表現すると必ず何らかの悪意をいくらか受けてしまうことになります。

・100%の人が好印象を持つようなものは作れない
・人間は本質的に一定程度ネガティブに捉えるようにできている

こういったことが原因ですが、これはもう絶対的なことなので、人間と人間が接触すれば起こる仕方の無い、世の中の摂理みたいなものです。
(一部ではATフィールドなどと言ったりもするようですが)



さて、それではこれで私がダメージをうけたかどうかですが、答えはNOです。

むしろ、話のネタとして興味深かったですし(こうして記事も書けますし)、結局1点は1点です。
マイナスじゃなく加点です。
pixivは10点もらうこともなかなか容易ではないのですが、1点も10回付けてくれればそれは10点と同じことですから、「俺のことを嫌がらせするつもりで結果として俺は得しかしてねーぜ!馬鹿な奴等め!ふはははは!」とむしろポジティブに脳内変換をしていました。

なのでまったくありがたいことでした。



同じ1点爆撃を受けた場合でも、逆に思い悩んで筆が止まってしまう人や、本当にひどくストレスを感じてしまう人もいらっしゃると思います。
素の状態では、この受け取り方の程度の大小は、投稿に対する向き不向きともいえると思います。



ただし、要は考え方ひとつとも言えます。

たとえば、点数の取り消しという操作ができないpixivでは、間違えてタッチして1点付けてしまう事もあります。(実は悪意の無い一点という可能性も)
もし仮に悪意があったとしても、マイナスになっているわけじゃなく、むしろ加点されちゃっています。

そして、その悪意そのものが自然の摂理であり、人の営みの一部ですから、どこでも人間がいれば絶対に起こることですし、そもそも気にする必要も無いことなのです。

たとえば自然の摂理であれば、「雨が降る」みたいなものですよね。
雨が降るたびにこころを痛め、精神が傷ついていても、それは意味のあることではありません。
人の悪意も、その程度のもの、と考えることもできます。


こんな風に、何事も自分の都合のいいように変換してしまえば、多少は回避できることなのではないかなと思います。


↓ちょこちょこお絵かき配信しながら、
まじめなお絵かき談義とかもやってます!



↓一点爆撃(笑)も含めたこれまでの絵の足跡


広告
×
初めまして。
文章を読ませていただいて気持ちが軽くなりました。
救われました。ありがとうございます
47ヶ月前
×
初めまして。
つい先ほど一点爆撃の被害に遭い、少し気分が沈んでいたところにこちらの記事を見つけました。
確かに一点でも十点でも加点は加点ですね!発想の転換で少し前向きになれました。
また、記事を読んで筆者さんはとても心が綺麗なのだと感じました。
私も物事をポジティブに捉えられるよう頑張ります!
42ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。