プロテインの基礎知識プロテインとは何か?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

プロテインの基礎知識プロテインとは何か?

2019-08-31 15:25

    「プロテイン」とは、「たんぱく質」を英語訳したものだ。

    プロテインと聞くと、日本では、たんぱく質を摂取するサプリメントとして認識されていることが多い。
    プロテインの語源は、古代ギリシャのことばで、「プロテイオス」ということば。意味は「もっとも重要なもの」という意味だ。

    その重要度を表すかのように、人間のカラダは、水とプロテイン(たんぱく質)の塊といっても過言ではない。
    筋肉はもちろん、内臓、骨、血液、髪の毛、皮膚、爪に至るまでたんぱく質からできている。
    たんぱく質が不足するとヒトのカラダは、様々な部分が機能不全に陥ってしまう。

    そうならないためにも、人間にとって「もっとも重要な栄養素」である「たんぱく質」を適切に摂取するようにしたい。

    どれくらいたんぱく質が必要なのか?

    たんぱく質の必要量について、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によると、成人だと体重1kgあたり1gが、健康的な生活を送る上で最低限必要な量とされる。
    つまり、特に運動をしていない一般人であれば、体重1㎏あたり1gでこと足りる。

    しかしながら、これはあくまでも特に運動していない一般人の話。

    筋肉をつけたい、カッコいいカラダになりたい、競技パフォーマンスを上げたいという人間特有の欲求を達成したい場合は、1gだと少し物足りない。

    日ごろから運動し、競技パフォーマンスを向上させたいアスリートや、アスリートでなくとも、筋肉をつけたい、カッコいいカラダを作りたいという人は、たんぱく質を多めに摂るコトをオススメする。

    たんぱく質が不足するとどうなる?

    人間のカラダにとって、最も重要なもの、たんぱく質が不足するとどうなるか。明確にカラダに不調が現れる。そもそもカラダの材料が不足すれば、生命維持にも不調をきたす。

    さらに、スポーツなどの活動を行っている場合は筋肉がダメージを受けるため、そのダメージを修復するために、普通よりも多くの「材料」が必要となる。

    材料が不足すると、カラダづくりがうまくいかない、体調を崩しやすくなる、ケガをしやすい、ケガの回復が遅い・・・というような、望ましくないことが起こりうる。

    よりよくなろうと思って、スポーツしたり、トレーニングを行っているなら、たんぱく質を十分に摂ろう。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。