肉体パフォーマンスを高める「炭水化物」と「タンパク質」の黄金比率
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

肉体パフォーマンスを高める「炭水化物」と「タンパク質」の黄金比率

2019-08-31 15:25
    ご飯や麺類、パンなどの炭水化物と、肉や魚、豆類等に含まれるタンパク質。
    これらには摂取量における「黄金比率」というものがあるのをご存知でしょうか。

    プロポーションや人の顔、建築物や出汁やスープなど、もっとも調和のとれた状態を黄金比率と表現することがあるように、

    炭水化物とタンパク質にも存在します。

    今回は炭水化物やタンパク質の役割と、肉体パフォーマンスを最大限引き出す黄金比率について解説します。

    筋肉を作るタンパク質

    炭水化物は筋肉を動かすエネルギー源でしたが、その筋肉を作る大切な栄養素の一つが「タンパク質」です。

    タンパク質は筋肉を始めとし、髪の毛から爪の先、さらにはホルモンやヘモグロビンなどあらゆる所に存在します。

    私たちの身体には必要不可欠な栄養素です。

    主に魚や肉、大豆や卵、乳製品などに多く含まれていますが、現代人のタンパク質摂取量は年々減少傾向にあり、食事だけでは1日に必要な量を摂取出来ていない方が増えています。

    ちなみに、タンパク質は英語でProtein(プロテイン)と言いますので、牛乳や水と混ぜて飲むあのプロテインはタンパク質のことなのです。

    不足したタンパク質を簡単に補うことが出来るのでトレーニングと合わせて利用されている方も多いのではないしょうか。

    また、タンパク質には様々な種類があり、目的ごとに使い分けることでより効率が良く摂取出来ます。

    例えば、ヨーグルトを作る際にできる上澄みに多く含まれる「ホエイ」は吸収効率が高く、即効性があるので運動後に摂取することですぐに損傷した筋肉を補うことが出来ます。

    チーズなどに多く含まれる「カゼイン」は長い時間をかけてゆっくり吸収されるので、就寝前に摂取することで寝ている間に1日で溜まったダメージをしっかり回復させることが出来ます。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。