試されてばかりいる大地
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

試されてばかりいる大地

2018-09-09 20:10
    に、住んでいます。

    お亡くなりになった方の冥福を祈るとともに
    速やかなる復興をしたいと思ってます。

    私は札幌近郊にすんでいて、今回の地震の震度は6弱でした。
    比較的丈夫な作りだったので、家での被害はありません。
    (ちょっと傾いているかも?)
    手作りの本棚が倒れるかと思ったんですが、なんとかもちました。
    揺れが収まってから、家族で居間に集まり、電灯をつけTVのニュース速報を見ていたのですが
    10分ほどして、家の電気が一斉に消え、外の様子を確かめると・・・
    満天の星空
    綺麗でした。
    普段、月ぐらいしか見えないのですが、このあたりでもこんなに見えるのだなあと
    感動しましたよ。
    まだ、この時点では高をくくっていましたね、
    「明日には電気も点くだろう」と。

    TVが映らない、ラジオも聴けない状態ですが(防災ラジオが古くて使えなかった)
    ラジコ、ネットニュースなどから、震源地、北海道全域の停電であることの情報を得ました。
    「何故?」と思いましたね。
    震源地の近い火力発電所が停まるのはわかるのですが、北海道全ての発電所が停止した!?
    まあ、後で電気が点いてからワイドショーをみて、理屈はわかったんですが・・・

    以下、覚え書きです

    「前々日」9月4日
    ・台風21号による強風
    ・TVが壊れる。(画面にノイズが入り、その後電源が入らなくなる。9年使ってた)
    ・他の部屋にあった20型TVを居間に置く。

    「前日」9月5日
    ・仕事から帰ってから「木曜日に行く」といっていたヨドバシカメラに、「今行く」と。
     「TVが小さい!」との事。
    ・購入手続きをして、9/7金曜日に配送してもらうことに。
    ・明日は休みなので、ゆっくり寝ていようと床につく。

    「当日」9月6日
    ・深夜3時8分、厚真町で震度7の地震
    ・何故か目が覚める。
     と同時に、スマホがなり始め、理解するより前に、家が揺れ出す。
     南西沖地震、東北大震災の時よりも激しい揺れ!
     ベットにしがみついていた。
    ・揺れが収まるのを待って、居間に全員集合。
    ・TVで状況を確認。
     (今、思うとこれも悪かったのか?夜中に突然電力需要が跳ね上がるのだから)
    ・震源地、震度、津波の有無を確認し、熊本地震の例もあるので色々準備しようかと
     話し合っていたところ
    ・3時30分頃、一斉停電。
     地震後、すぐ停電にならなかったので、「たいしたことはない」と思っていた矢先でした。
    ・外に出て、うちだけが停電なのかを確かめる。
    ・星が綺麗
    ・4時頃、近くのコンビニに歩いて行く人がチラホラ。
     私も行って、朝に食べられそうなものを購入。
     (電気の供給が北電ではないそうで普通にレジが使えた)
    ・すでに単1、2の電池はない。
     懐中電灯もない。
    ・まだ夜明け前で薄暗い中、こちらに歩いてくる人がいる。
     「妹?」
     じぃっと見ていると私を避けて、コンビニのほうへ行きました。
     背格好が妹に似てたんだけど、赤の他人だったようです。
     そりゃあ、避けて歩くよなw
    ・明るくなって、家の状況を確認。
     うん、大丈夫。
     ゆがんでる気がしないでもないけど・・・、気のせい、気のせい (^_^;
    ・水道はまだ止まっていない。
    ・親兄弟に無事を連絡し、そっちの状況も聞く。
     (この時点ではつながりにくいことはなかった。ネットも使える)
    ・朝を食べたら、奥さんが懐中電灯&電池、ガスボンベを買いに行くと言うので車で連れて
     行くことに。(後でこの行動は無駄だった事に気がつく)
    ・信号が点いていない。
    ・十字路が怖いです。
     譲り合いは大事。
    ・何とか東雁来のホーマック(北海道の大手ホームセンター)に着く
     (怖かったよー)
    ・快晴(暑いっ!)天気予報によると28℃
    ・炎天下の中、2時間半並んで、買えたのは単三電池12本×2パック。
     (他のモノは売り切れ、まあ仕方がない)
    ・二人いたので交代で並んだ。
     車の中は快適だ。
     エアコン使えるし、TV見られるし、スマホ充電できるし。(ガソリン減るけど)
    ・たまたま、昨日ガソリンを給油したばかり。
     ニュースによると、給油できるGSは長蛇の列だそうだ。
     これに関しては運が良かった。
    ・会社がどうなっているか、確認。
     しばらく自宅待機ということに。
     (電気が来ないことにはどうにも・・・)
    ・正午頃から電話がつながりにくくなってきた。
    ・冷蔵庫のものが溶け始める。
    ・冷凍物は調理しておくことに。
    ・調理した物で昼食。
    ・昔使っていたキャンプ用品で使えるモノがないか調べる。
     ・・・忘れていたんだなあ
     LEDランタンとガスランタン、それに単1、単2、単3電池が多数出てきた。
     何のために並んだんだか・・・
     先に調べればよかった
     後悔って先にたたないなあ
    ・本州の友人から電話が来た。
     ずっとつながらなくて心配していたそうだ。
     こっちは友達の事まで気が回らなかったよ。
     ありがたいなあ。
    ・ろうそくと懐中電灯、それにランタンで夕食を食べる。
     冷凍食品の焼おにぎりをフライパンで焼く。
     焦げおにぎりになった。
     でもおいしい。
    ・明日の行動を話し合い、それからはやることもないのでさっさと寝る!

    「二日目」9月7日(金曜日)
    ・4時起床。
     爆睡してた
    ・そういえば昨日3時に起きてから、寝るまでずっと起きていたなあ。
    ・まだ電気は来ない。
    ・近くのコンビニは初日で売り切ったようで、閉店中。
     ただし、初日に停電でやっていなかった別のコンビニが電源を確保して
     やっているところもあるとか。
    ・近くのGSは長蛇の列。
     給油制限しているそうな
     ほんと前日に入れておいて良かった。
    ・札幌の友人と連絡がとれた。
     うちと違い水が濁っているそうだ。
    ・街中を車で走っているとドラッグストアなどで並んでいる人を多数見かける。
     まだ電気が回復していないので、だいたいが店の前での販売だ。
    ・重要施設の周辺から電気が回復しているらしい(ラジコ情報)
     うちはまだです。
    ・とか言っていたら、14時頃から回復した。
     よし!風呂だ!
    ・風呂のあと、TVで情報を確認。
     震源地周辺は思った以上にひどいことになっている。
    ・北海道全域一斉停電の原因もわかった。
     うーん、そお、うーん。
    ・TVが来た。
     うん、忘れてたわw
     というか配送は延期になるんじゃないかと思ってた。
    ・今日の夕食は明るい中で、しっかり調理した物を食べることができました。

    「三日目」9月8日(土曜日)
    ・会社の様子を見に行く。
    ・朝から電気が来ていたので、営業に向けて準備することになった。
    ・ふと気になって、ボイラーの燃料を見に行く。
     そこには目を疑う光景が!




     タンクのゲージが空を差している!!!
    ・世の中、すんなりいかないときはすんなりいかない・・・。
    ・燃料配送業者の手配。
    ・取引業者は人員が確保できないので、ローリーは動かしてないそうだ。
     他に頼めないか、電話をかけまくるが・・・
    ・1件だけ、応じてくれた業者があった!(ありがたいなあ)
    ・札幌市内、ポツポツと営業をはじめる業者さんが出始めている。
     3日目でこれって言うのは結構すごい事なんじゃないかな?

    「四日目」9月9日(日曜日)
    ・これを書いている当日 
    ・営業は再開した。
    ・政府が計画節電を呼びかけている。
    ・施設の重要度が低い箇所はブレーカーを落としておきますか



    まだ余震か本震か来る可能性があるので、心構えと準備をしておかないと。















    あ、EX遅れます
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。