【らぶ式モデル誕生祭2019】ミクタワーで愛言葉Ⅲ【MMD杯ZERO2EX】の編集後記のようなもの
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【らぶ式モデル誕生祭2019】ミクタワーで愛言葉Ⅲ【MMD杯ZERO2EX】の編集後記のようなもの

2019-12-02 15:15
    本当はドラマを絡めて動画を作る予定だったのですが・・・

    ZERO2でなつきさんがモーションを配布したので、それで誕生祭参加を企画したのだが・・・

    ミクタワーから輪になるパートと踊っているパートでは、構成員が3人ほど違う。

    何故かというと、こんな事になっちゃったからです(下図参照)



    我がノートPCではミクタワー22体を一度に踊らせるのは無理だった。
    ので、半分の11体づつに分けて、クロマキー合成をすることに。
    らぶミクを中心としたバーベル前半分(と呼んでいる)は問題なく踊らせることが出来ました
    残り半分のTda側、バーベル後半分で上のような事に。
    物理計算の部分が行方不明に!
    座標が記号になってる!!
    一応、一体一体、おかしいところがないかPMXEで調べたり、最新モデルに差し替えたり、
    モデル数を減らしたりしてみました。
    一体だけ踊らせるなら、こんな事は起きません。
    どうも、違うモデルが複数体になると干渉してこんな事になるらしい?
    (ミクタワーは物理を切ってたからならなかった?)
    XSはパンツ丸見え状態ですが6体減らして5体にしたら、元に戻った。
    けみか、銀獅、YYBは影響されてないようなので、それらと他のモデルの違いを検証したの
    ですが、たぶん剛体とジョイントの構成・順番の違い?
    (全モデル、PMXEの検証で不具合は出ません)
    とにかく、いまの組み合わせでは駄目なので、どっと式、さぼてん式、outro式の三体を
    それぞれ、アメコミ式、ままま式、雪羽式に差し替え。
    踊っているミクの構成が違うのでは、前の動画と連続性がなくなるので、つまり失敗作です


    カメラワークを決めてから、背景を撮影


    前半分11体を撮影
    クロマキー合成のため背景はグリーン


    後半分もグリーンバックで撮影


    編集ソフト(Adobe Premiere Pro)でクロマキー合成。
    で、動画のようになります。
    なるべく人物が重ならないようにカメラワークを考えました。
    それでも2カ所重なる部分があって、描画順を入れ替えてます。

    合成したときに色が変わる・・・
    一応、ミク達が輪になった時の色に近づけましたが・・・う~ん。
    マスク処理をしなかったのが原因かあ?

    大きな失敗ではないのですが・・・
    おやぶん式とYYB式の影が他のミク達より濃いです。
    おやぶん式は裏設定があるので、「まあいいか」としたのですが、
    YYB式はたぶんスカートの影設定かな?
    「気づく人もあまりいないだろうから、いいや!」と投げたw

    モデルの検証に時間を取ったため、ドラマパートが全く進まなかった。
    誕生祭には間に合わないなあ


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。