ACNB講座 第二回「攻め機」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ACNB講座 第二回「攻め機」

2016-02-15 00:43
  • 2

ACNB講座 第二回、今回は攻め機についてのお話です。

ACの機体は大きく分けて二種類が存在します。
第一に手武器が近距離で、近距離に近づいて手武器を叩き込むのが勝ち筋である攻め機。腕マシ、マシンガン、ハンドガンみたいなタイプですね。
第二に手武器が中~遠距離で、中距離からの削りや迎撃でダメージを取っていく守り機。ライフル、レーザー、バズーカはこっちですね。

さて、手武器が変われば戦法も変わる訳ですが、ここで二種類の機体の勝ち筋を考えてみましょう。
今回は分かりやすく、違うタイプの機体が戦った場合。

攻め機は近づいて攻めを成立させれば勝ちです。
守り機は攻め機に近づかせず逃げ切れば勝ちです。

さて、攻め機側としては近距離まで近づき攻撃をする必要がありますが、守り機側は迎撃で攻撃を与えることに特化しているため中途半端な攻めでは守り機にみすみす攻撃のチャンスを与えることとなります。
そのため攻め機側は守り機側に迎撃されないよう、攻めを成立させるための方法を考える必要があります。
攻め機が攻めを成立させる方法は大きく分けて3つ。
1.OB
2.ミサイル
3.ブースト速度
の3つになります。では一つ一つみていきましょう。

まず一つ目のOB。
これは分かりやすいですね。接近時に攻撃されるならOBでさっさと近づいてしまえばいい。OBは非常に速度が速く、すばやく間合いを詰める事ができます。
また、OB中に左右にぐにぐにと動く(蛇行OBと言います)ことで相手の弾を避けることも可能です。
基本的に手武器はマシンガン・ハンドガンのような近距離高火力武器を装備し、OBで一気に接近、上を取ってのトップアタックや一度飛び越しての旋回戦に持ち込む形になります。
不動のような容量の大きなジェネレータの場合はロングOBを吹かし、OBを使用しながら相手に張り付いてのの攻めも可能です。
なお、OB中は非常にミサイルに弱いため注意が必要です。特に突撃時と終わり際はミサイルに当たりやすいタイミングなので注意しましょう。
OB攻めの際にミサイルが飛んできた場合一度は回避してもミサイルが一周ぐるっと回って再度飛んできます(巻きミサ)。
これを避けつつ攻めを通すのは非常に難しいため、さっさと諦めて攻めを中断し回避に専念、もう一度OB攻めをかけ直すのが個人的にはおすすめです。
こちらがAP勝ちした際には、相手の攻めをOBで拒否し続けられるというメリットも。

次に二つ目のミサイル。
ミサイルが攻めとどう関係あるの?と思われるかもしれませんが、ミサイルも非常に強力な攻めの手段となります。
まず、ミサイルを避ける動作は「引き」と同時に行うのは難しいため、相手をその場に釘付けにすることができます。攻めに対する一番強力な対処方法が「引き撃ち」や「引きミサ」であることを考えると、相手をその場に くぎ付けにできるミサイルは非常に強力です。
またミサイルは攻めと合わせることにより「ミサイルを避けるか」「こちらの対処をするか」の二択をかけることができます。ミサイルと同時に攻めてくる敵、というのは非常に対処が難しいですからね。ミサイルの回避に慣れている相手でも、「ミサイルを回避しつつこちらの攻撃を捌く」という難しい動作を強要すると、一試合中に何回かはミサイル当たってくれます。
基本的にはデュアル・マルチといった回避しづらく当たると高火力なミサイルと、ミサイルロックの早いFCS、それと腕マシのような軽くて高火力な武器を装備し、ミサイルを地上・空中からばらまきつつ相手の真上に陣取っての張り付きや、ミサイルから逃げる相手を追撃して射撃武器を当てるという戦い方になります。
こちらの攻めが通りAP勝ちした際には、今度はこちらが引きミサに回れるというのも大きなメリット。

最後に三つめのブースト速度。
攻めを通すなら速度を上げればいい!と考えがちですが、単純な地上ブーストだけでは引き機側からすればマト、ならばと空中に浮けば空中の速度減衰で速度0.8倍の修羅の道です。OBやミサ連携は難しいからそれ無しでの機体で戦おう!というのは個人的にはオススメできません。
こういった理由から、多くの場合は前述のOBやミサイルなどと併用して速度を上げる、ということになるかと思います。
ブースト速度を上げることは攻め機にとっては非常に重要で、OB後に近づく場合やミサイル連携をする場合でもブースト速度は大きくかかわってきます。
目安としては、OBやミサイルを併用した攻め機なら少なくとも450km/h以上、速度だけで攻めを成立させようと思う場合は最低でも500km/h以上、ペガサス速度特化なら500km/hを大きく超えることも可能で しょう。
また、ブースト速度が速ければミサイルの回避も楽々です。ペガサス機ぐらい速いのであれば、相手の攻撃の有効射程を速度で縮めるということも可能。

最後にそれぞれの攻め方の通しやすい機体例を出して終わりにしたいと思います。
OBで攻めるタイプなら、リボリボポリポリのUL軽逆が攻めを通しやすくオススメです。軽逆はジャンプ力が高くEN消費も少ないため、OBとの相性は抜群。素ジャンプからのショートOBで一気に相手の上を奪取、TPの速度で上をとるなり横をとるなりしてWハンの火力を叩きつけ、ENが無くなったら再び高い素ジャンプでサイトを誤魔化しつつOBで離脱!ただし、ミサイルで固まるという弱点があるので注意しましょう。
ミサイルで攻めるタイプなら、腕マシDINGO2がミサイルと火力を両立できておりオススメです。腕マシはS鳥武器であるためミサイルロックの早いS鳥用FCSを使用することができ、ミサイルとの相性が非常に良好です。
距離300程度を目安にミサイルを絡めつつ浮くなり地上から近づくなりして相手に接近し、腕マシと軽実EOを叩きつけましょう。なお腕マシの射程範囲は非常に短いので注意。引きに入られると火力が非常に落ちる
ので、ほぼ至近距離ぐらいから押し付けるイメージで撃つのを心がけると良いです。
速度だけで攻めるタイプは少々難しいですが、腕マシひとりねくさすがやりやすいでしょうか。ペガサスを背負っている上腕マシと軽実EOしかないので、ピーキーかつ総火力が少なく扱いづらいですが・・・ 使い方としては地上ブーストすると燃えるので小ジャンプメインで左右上下に振り、相手のサイトを誤魔化しながら多少ごり押し気味に腕マシと軽実EOを押し付けるのが良いかと思います。

・リボリボポリポリUL軽逆
アンテナ頭/UL/XS/ソリッド
TP/LIMPET/LOTUS/ANANDA/軽実盾/リボハン/リボハン/ポリハン/ポリハン
・腕マシDINGO2
EYE3/軽実EO/腕マシ/DINGO2
TP/MIROKU/LOTUS/HAZEL/36連動/デュアル/マルチ
・腕マシひとりねくさす
EYE3/軽実EO/腕マシ/DINGO2
TP/COWRY/LOTUS/R92/ペガサス

というわけで今回はここまで。
次回は「守り」について解説する予定です。


広告
×
AC新作まーだ時間かかりそうですかね
58ヶ月前
×
はえー、やっぱり攻め機扱うならOBは重要みたいですね
練習しなきゃ(使命感)
58ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。