第一章③初心者必見!頻出詰めろ(メイト)形
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第一章③初心者必見!頻出詰めろ(メイト)形

2018-12-29 16:25

    今回は頻出する詰めろ形(メイトスレット)を主の経験と感覚をもとに適当に13種類ほど紹介したいと思います。
    ほとんどが簡単な詰めろなのですが、駒組みの際に出現したり、読みの分岐で現れたりするものなので意外と有用です。
    たまにバレずにそのまま勝てたりしますw


    ①QとB 頻出度★★★★★(星5が最大です)
    黒のf6Nがいないとき狙えます。
    g6と受けさせて、形を乱すことが真の狙いです。




    ②QとB 頻出度★★★★
    黒のフィアンケットBがいなくなった時に狙えます。
    必至(受けなし)になることが多いです。




    ③Qのみ 頻出度★
    あまり見かけませんが、Qだけで詰ますことも可能です。
    合駒ができないチェスならではの詰みですね。




    ④QとN 頻出度★★★★
    将棋でいう3手詰みで割りと決まりますw




    ⑤Nのみ 頻出度★★
    実戦よりタクティクス(次の一手みたいなやつ)で親の顔より見た形w




    ⑥RとB 頻出度★★★
    チェスは香車がいないから端が弱いんや…




    ⑦RとB 頻出度★★
    端P突いてても意味なしパターン




    ⑧RとB 頻出度★
    Rの効きが最大限活かせてますね!




    ⑨Rのみ 頻出度★★★★★
    いわゆるバックランクメイトです。
    これを避けるために端Pを突いたりするのですが、Bxh6などのサクリファイスに注意しないと崩壊することがあります。
    将棋の端歩ほどの価値はないので後回しでも良いです。




    ⑩RとP 頻出度★★
    自分のPが黒Kの上部を抑えているため、疑似バックランクメイトができます。




    ⑪NとB 頻出度★
    なかなか気が付きにくい詰めろ形です、覚えてしまいましょう!




    ⑫RとR 頻出度★★★
    こんな状況になってれば何やっても勝つでしょう!w




    ⑬RとRとB 頻出度★
    相手Kが味方Rに当たってるときは、ちょっと面倒です。
    この場合はBがいれば詰みます。
    2種類あるので考えてみてね!




    いかがでしたでしょうか?(Neverまとめ風)
    この他にも沢山頻出形はあると思うので、見つけてみて下さい。

    次回の更新は春を予定してます←
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。