第二章②ポーンエンドの基礎(その1)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第二章②ポーンエンドの基礎(その1)

2020-03-01 19:31
    ……ブログの存在を忘れかけてた

    『エンドゲーム』とは将棋でいうところの終盤戦に当たるのですが、チェスと将棋では似て非なるものです。

    チェスでは取った駒が使えないので、駒交換を進めていけば必然的に盤上の駒が少なくなります。
    盤上の駒が少なくなると、戦力が不足して、お互いにチェックメイトすることが難しくなります。
    お互いにチェックメイトができなくなると、ドローにせざるを得ないのですが、ポーンが残っていればメイトの可能性ありです。

    なぜなら、ポーンは成るとクイーンになれるからです!
    クイーンに成れれば、チェックメイトは容易いですね!


    というわけで、最も出現頻度の高いポーンエンドを学びましょう(o^^o)
    ポーンエンドとは、お互いのキング以外に、ポーンのみが残っている状態です(厳密な定義ではないかも)

    (ちなみに、主も1500になるまで、ポーンエンドの基礎だけしか学んでおりません)
    むしろ現在もよく理解してません。





    この局面で白番だと、ポーンを進めるだけで勝てます。




    このように自分のポーンと相手キングの間に1マス分の間が生じるのが目印です。
    ポーンもキングも進めるマス数は1マスなので、一生掛かっても追いつけないのです。

    この考え方は以下のような局面で応用可能です。(白番)




    ……ルークが取られそうなので思わずKd2としてしまいそうですが、ポーンとキングの間に1マス空くため、取られても全く問題ありません。

    チェスの終盤戦は時間切迫してしまいがちなので、このような原則を覚えておけば冷静に対処可能です。

    このようにポーンエンドは以下にプロモーションをしてクイーンを作れるかが勝敗の鍵となります。

    次回はポーンスクウェアを学びましょう!
    半年以内に更新します(o^^o)

    【お知らせ】
    YouTubeチャンネル始めました!
    チェックよろしくお願いします(o^^o)
    https://www.youtube.com/channel/UCUEY1v3mqfYwbZzT7Fz4XRQ?view_as=subscriber


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。