デンチュラ軸の抜きパーティー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

デンチュラ軸の抜きパーティー

2020-07-05 14:29






    デンチュラを先発とした基本パーティー
    ウーラオスは持ち物がハチマキなのでダイマしない方が強いので超火力を2体引き出せるのがこの構築の強み、一応ダイマすることもあるのでダイウォールできるようにするといいと思う。雷パンチほぼ使わない。
    デンチュラが先発で出ていく性質上、ウーラオスの天敵ギャラキッスは後発から来ることが多く、その場合、だいたいパッチラゴンが先にダイジェットができる展開になっている。

    ウルガモスもダイマしなくても強い枠として使え、ちょうの舞+鬼火の器用な立ち回りは健在。ってか普通に使っていて強いんだけど現状、全然見ないな。
    特殊エースバーンなる地雷枠も結果を出したらしく、それらしい個体と当たったこともあったが起点にして3タテして終わりでした、はい。
    それなりに見るジバコイルにも一方的にマウントを取れるのも心強い

    おそらくほとんどの人がデンチュラのいとをはくに疑問を思うだろう。
    もしこの枠がでんじはだとどういった状況になるか説明が必要ですね

    ラム持ちエースバーンと対面した場合でんじはだと何もせずに死亡です
    そもそもでんじはが効かない相手、パッチラゴンなど、PT単位で激重でこれも死亡
    そういった不安要素を打ち消してくれるのがいとをはく
    これならパッチラゴンやラム持ちのSもしっかり下げてくれます。またネットで後発のポケモンのSも下げられます。

    カバをよく投げられるのでエナジボールは必須、半分削っておけばパッチラやウーラオスで突破できるので優先的に攻撃する。

    ポリゴン2のトリルはデンチュラを選出できなかった場合のサブプラン
    パッチラゴンは準トリルアタッカーとしても優秀で、トリル最終ターンにダイジェットして次のターンまた先手といった行動ができる。

    残飯カバ
    まだ一度も選出はしていない、ただオボンとか回復実のカバはエースバーンに殺されるので使う価値がないと思った。
    残飯、守るの場合、エースバーン対面はあくび→まもるが安定行動となり、ラムなら火力不足で耐え、玉なら眠らせることができるっというのを想定して組み込んでいるが、出すことがほぼない。別に止めるだけならデンチュラでもできるからな…ポリ2ならトリルで切り返すこともできる
    最大の目的はデンチュラに対してスカーフボルトチェンジからエースバーンの降臨にリスクを持たせる意味もある枠
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。