QはKになれない
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

QはKになれない

2019-11-15 00:13




    人は猫である
    犬のように品がなく 恥じらいも気にせずつっこんでいく真似はしない
    人はだれも猫である

    ふしぎなもので人はみな憧れのあいての向く方向がちがう
    みんなそれぞれ別の方向をむいて慕ってる
    ふしぎ
    それは人が猫だから

    みんな あなたのことがすき!って思うあいてには見向きもしないで
    横で
    「こいつと目をあわせませんように」
    「私 いませんから ほっといて」
    「うっざ」

    そう思って通り過ぎてるひとに人はふらふらと惹かれてく
    こころ当たりあるでしょ?
    学生時代 二人組の女の子で片方すごい美人さんで そっちにばっかり目がいってるのに
    なぜかその相方とばかり目があっちゃうようなこと

    ひとはみな猫なのである
    まったく気のないつもりでプイと冷たくあしらうほど好かれるようなことがある









    でもふしぎなもので
    やはり自分がすきなのはUではなくRなのである

    そのひとはこっそり 動画の片隅でひとしれずこうつぶやいてた
    理想のあいてはKだって

    でもじぶんを鏡でみるとQだった 絶望した 完全真逆じゃん
    だから
    うまいことはさみで切って ピンとのばして アイロンがけして
    Kっぽい形にしてみようかと考えもした
    でもすぐやめた
    そんなのよく考えたら無駄なことだよね

    なぜなら 人の好みの相手像って1個じゃないもの
    じぶんの好みの女性像だって
    1個じゃないもの
    3種類も6種類も 9種類もあると思う
    それぞれまったく別の路線だけど
    みんな じぶんなりの魅力を放っている
    そしてみな
    ありきたりの普通の路線に寄る気が一切ない
    クレイジーに爆走してるのである わが道を








    じぶんも幼いときはつぶれた鼻が大嫌いだった
    やけにでかい鼻の穴が大嫌いだった やけに太い眉毛が大嫌いだった
    細い手首が大嫌いだった



    整形をしたがるひとの気持ちがよくわかる
    じぶんのパーツはどうみても不良品ぞろいだろこれって思う部分が2、3あったから
    でも
    Qだって そのベクトルのよさを そのまま包み隠さず 堂々と胸はってけば
    それなりの魅力を発する物なの

    よくテレビで整形前と整形後の写真みるとき
    「整形前の方が素朴ですてきじゃない かわいいじゃない」っておもうことあるでしょ
    ひとはみなじぶんの魅力にきづかないの
    だれかにほめられでもしない限りきづかないの
    でもほんとは実は
    変につくられた人工物くさいパーツを後付けするより
    元の遺伝子でつくったきれいな 理路整然とした元のまんまのかんぺきな状態のあなたが
    じつはいちばんかわいいの 美しいの
    たまたまあなたのその場のまわりの人があなたに
    そのことを伝えてないだけ
    じつはあなたのはるか後方 7時の方向からあなたを見ているひとがいるの
    不良品だとおもってるあなたのパーツを気にしないどころか好きなひとがいるの
    それにきづいて



    女性みたいな手してるってちやほやされるのはくやしいけど
    ちやほやされるの自体はきらいじゃないし
    かっこいー眉してるって床屋でほめられると「あれれ」って思う
    鼻にかんしては・・・・ておくれだけど(おい
    いいじゃんか ジャッキーチェンだってあの鼻でがんばってんだぞ






    よくわかんないけどさ
    今あるじぶんが NでもZでもBでもおちこまないで
    そのあなたらしさを
    妥協せず邁進してればそれがじつは かけがえのない だれにも追いつけない魅力になるから
    変にきもちをよせる必要はないのさ 
    それがあなたの魅力をうち消してる無駄なことだってことに気づいて
    あせらないでいれば おのずとタライが空からふってくるものさ(ダメじゃん)


    (真似してくれるのはうれしー いままでだれにも慕われたことなんてないもの
     ただ もし 「それにしてもしんどいなぁ・・・でもがんばんなきゃ でもしんどい・・・」
     みたいな状況だったとしたら たまには荷物おいてやすんでもいーきがする)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。