ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

my pick up輩その2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

my pick up輩その2

2020-02-08 07:44



    熱射病と熱中症のちがいがわからないアダンソンです
    もーぜんぶ日射病にしよー


    前々から紹介したかった男キャラがもう一人いた
    ただ春原にも増してこいつはカオスすぎる
    なんでこれをチョイスしたんだろ
    冷静にみたらロクなもんじゃねー・・・

    でも そー言っちゃったら逆に紹介したくなってくる
    てゆーことで 今回はこいつを紹介するよ~~~~

































    迅キョースケです

    毎朝土曜の6時半から放送中の大人気アニメ
    クラッシュギアに登場するキャラです

    クラッシュギアというアニメは なにも才能のない主人公が
    とりあえず最初の4話までの間に
    最強クラスの仲間をぐうぜんスカウトして
    そのまま最強チームのまま試合をかさねてまんまと勝ち上がって優勝する
    という
    なんとも都合のいいアニメです



    サイド7にザクがおそってきて
    アムロが偶然 第六文明の遺跡をみつけて戦うようなもんです
    どうする? ザクだけをイデオンガンで狙えるのか?


    そんなアニメで迅キョースケってキャラは
    主人公のチームの一員なのでわりと主要な脇役キャラにあてはまるんですが
    このキャラ
    べつに人間的に学ぶことはないです
    ただなぜかじぶんは気になっちゃうキャラだったんで
    今回アニメ全20話をとおしてこいつの魅力を紹介してこーかともうよ










    そんじゃーまずは3話からー
    主人公はこわれちゃったガルダイーグルを直すためにギアマスターを探すことになり
    ある情報をたよりに日本唯一のギアマスターがいるらしき家を訪れることになります



    キョースケに会いに?

    はい
    親のおれが言うのもなんだが あいつは変わり者だからなぁ
    会うかどうか



    キョースケはいつも地下室の自室にこもってクラッシュギアの研究ばかりしてる変人です
    部屋は無人でしたが
    置いてあるクラッシュギアはどれもゲテモノばかり



    これもクラッシュギアなのか

    むちゃくちゃな改造だぜ
    かえってくれ
    なんの用かはしらないが 作業の邪魔だ


    だれもいないと思ってた部屋にのっそりとチビなバンダナが登場
    天才ギアマスターとは名ばかりのかませ犬 迅キョースケとの感動のご対面です
    ですがそのファーストコンタクトは全然ドラマチックじゃありません

    たのみがあるんだ
    コイツを おれのクラッシュギアを直してほしいんだ な たのむよ
    誰にきいた
    俺のことをだれにきいた?
    それはいえない
                                   (  Crush Gear Turbo - Episode 03 (JP)  )
                                     ( ニコニコ動画 クラッシュギア 迅キョウスケ )



    ギアファイターなんてにんげんのクズだ

    プライドが高くて 融通がきかなくて
    あげくの果てには平気でなかまを売る
    ギアファイターなんてクズどものあつまりだ
    おまえギアファイターに恨みでもあんのか だったらおれと勝負しないか
    勝てるわけがない!修理のひつようなギアで勝てるわけがない!
    たしかにコウヤのガルダイーグルは本調子じゃない
    ならどうだ 俺が相手ってのは
    ギアファイターの恨みをはらすチャンスだぜ
    ハハハハハハ
    のってやる その挑発にのってやるよ
    ただし おまえがまけた場合はもちろん ひきわけでも修理はしない それで文句はないな


    ギアにただならぬ情熱をそそぐくせ
    ギアファイターなんてアホなことしてるやつらを心底きらってる存在
    それが迅キョースケです
    なりゆき上 彼の特設ステージでたたかうことになりますが
    地下室から一歩でたらこれ



    カーテンしめてくれっ

    まぶしい まぶしすぎるぜ


    筋金入りのヒッキー それが迅キョースケです

    けっきょく バトルはとくに何のかけひきもなく
    ただ淡々とおわり ふつーにキョースケが勝ち
    おわります

    でも勝負したら引き下がるといったくせにバカな主人公はあきらめがつかず
    ブーたれつづける
    あんまりにうるさいんで 相方の織座にむりやり引っぱりあげられる始末
    本部もどってもまだブーたれるのでしかたないので
    迅キョースケの昔話でもして主人公をあやす織座

    団体戦で常に上位に位置するチームグリフォンのメンバーだったキョースケは
    ギアファイターとして凄腕を発揮していた
    でも
    じぶんの才能を鼻にかけすぎて 仲間たちから煙たがられるようになり
    結局 チームを追放されちまったんだ




    自分自身に熱くなってる人 夢中になってる人ってのはまわりがみえてない
    ほしいゴールがまだ手にはいらなくて ひとに気をくばる余裕がないんです
    だからなにをするにも自分優先になっちゃう
    MMORPGのギルドマスターとかにいませんか?こういう人
    じぶんもそーだし 昔ネトゲでそういう態度をとられたこともある
    人はだれでも自分をたのしむのに夢中で人に気づかえなくなることがある
    キョースケはそういう人の醜い部分をもった人間です
    世間でよくいる あんまよくない人間です




    それを聞いた主人公は再度スカウトに向かいます

    で ギアファイターを逆恨みってわけか
    よし きめた 四人目はあいつだ!


    おい!今のきいてなかったのかよ!
    なんでそうなるよ 人間性最悪のやつ仲間にしてどうするよ!
    キョースケの家につくと主人公はひたすら頼みこみます


    お願いがあるんだ
    しつこい野郎だな 修理はおことわりだ
    それより入ってほしいんだ うちのチームに
    え・・・・




    だれがギアファイターなんかにもどるもんか
    とかなんとか言っちゃってほんとはまだクラッシュファイトに未練があんだろ?
    じぶんの殻にとじこもってないで素直になれよ
    たく ひねくれもんだなー しょうがない こうなったら勝負でケリをつけようぜ

    こいつ ギアの修理をしてもらいにきたんじゃないのか?
    人 個人としてのじぶんをみてくる主人公にすこし心がゆれるキョースケ
    一応断りますが 主人公があんまりにしつこいんで折れて もう一回勝負することにします

    いいだろう 受けて立ってやる
    だがそのまえに おまえのクラッシュギアを修理させろ

    手負いの相手をいたぶってもなにも面白くないからな
    へっ 
    やっぱ素直じゃないなー
    素直すぎるぜおまえ

    これから勝負するあいてにクラッシュギアを渡すってことは
    手の内をすべて明かすことにつながるんだぞ

    それに俺はまともに修理するとは一言もいってない
    あんな風に改造しちまうかもしれないぜ



    しんじるよ
    ・・・・・・フン


    バトル直前にギアを見せることもいとわない主人公
    その全幅の信頼に気圧されるキョースケ
    なんだこのノーガード野郎は・・・

    ( 主人公コウヤはこのアニメ全編をとおしてバカです
      なにか計算があってすごいことをしてるのではなく
      ただ単純にバカです
      でも だからこそできるちからがあります     



    けっきょくバトルは引き分けで仲間になってもらえなかったんですが
    翌日 彼は呼ばれもしないのにトビタクラブへのこのこやってきます 日傘をさして

    また行くのか あいつの所に
    ああ 昨日はけっきょく引き分けにおわっちまったからな
    その必要はない
    キョースケ?
    何しにきた



    なにしにはないだろ 応じてやるよ おまえらのリクエストに
    でもどうして
    そんなことはどうでもいい それよりもはやくブラインドを降ろしてくれっ
    まぶしくてしょうがないっ

    外いくのに日傘がかかせないほど病的なぶっとんだキャラ
    これが当時みててすごく個性的でわらえました なんだこの超ひねくれキャラは

    正直いって声をあててる中のひともマイナーで
    じぶんの記憶ではゲームのCMで声出してたひとだーって記憶しかありませんでした
    それくらい無名


                      
                               (なつかし?ゲームCM 50連発! その1 16:28)


    なんだけど その割にはこんかいの演技ぶりはすごい気合いはいってる
    なんだか無名声優さんの一世一代の大勝負をみてる感じがして
    つい応援したくなった
    それがキョースケってキャラです












    でも
    キョースケのほんとの魅力はここから

    ある程度試合がすすむと
    織座、丸目、キョースケ、主人公
    それぞれに強敵がたちふさがり のきなみ全部 こてんぱんにやられて
    みんな死んだ目になる回がきます

    そこでもれなくキョースケも絶壁に立たされます
    将棋名人にかてず 次こそ勝とうとあーだこーだ手をつくします
    前にガルダイーグルを修理したときにとりこんだデータを元に
    じぶんのための新たに強いギアを作ろうとしますが
    自宅のPCがしょぼすぎて研究がすすみません
    そこに悪魔のささやき



    大富豪 万願寺のラボへのお誘いが来る
    「まともな研究施設さえあればヤツにかてる
     だったら今あるチームを抜けてウチにくればいい」
    その勧めにそそのかされてキョースケはほんとに万願寺の北海道研究所に飛び立ちます
    仲間をみすてても彼はこうつぶやくだけです

    一人でやってきたんだ
    これからだっておれはひとりさ

    万願寺のラボについたキョースケは言われるままに
    シミュレーション施設をつかって模擬戦闘を行って夢中
    でもじつはそのゴーグルは目くらまし



    接続したキョースケのBOXからハッキングされて
    ガルダイーグルのデータをごっそり取られます
    そうとはしらないキョースケは今日もラボで研究をつづけます

    そこになぜか旅行中の主人公とヒロインがばったり出くわす

    こんな所までなにしにきたんだ
    それはこっちのセリフよ なんでこんなところにいるのよ
    万願寺の仲間になってたなんて
    俺はつよいギアをつくりたい そのためなら利用できるものならなんだっていい
    ただそれだけのはなしだ
    ここの設備は最新だ
    いままで手持ちの機材じゃできなかった分析 シミュレートがここならできる
    でも




    キョースケ おまえもしかしてガルダイーグルの謎の部分を解析するために

    この研究所にきたんじゃないのか ありがとうキョースケ
    ぁ・・・

    このときはじめて罪悪感をかんじるキョースケ
    キョースケは常にまわりが見えていません
    桃鉄でいうきじた社長
    道中の駅がマイナス駅だろうがワープ駅だろうが
    目的地のためならガンガン進んでいく

    でも極悪人というわけでもなく
    わるいことをしたと気づいちゃえば ふつうに反省したりもする

    ほんとはガルダイーグルのデータをつかって自分のギアを強くするつもりだったけど
    やっぱ悪い 取らないで返してやろうと
    キョースケはその足でラボにもどって研究所を抜けようと
    所長にことわりを入れようとします
    が 事態は急転

    あのー やっぱり俺 へ
    これは俺の
    ん きみ なぜここに
    どういうことなんだ なんで俺のデータがこんなところに 盗んだな
    きみ 物事には釣り合いが必要なんだよ
    きみはデータを われわれは施設を提供する
    でもあんたたちは強いギアを開発するために俺の才能がひつようだからって
    才能 うぬぼれるのもいいかげんにしたまえ
    きみがスカウトされたのはガルダイーグルのデータをもっていたからなんだぞ




    かえせよ・・・・
    コウヤのガルダイーグルのデータだけはぜったいに渡さない



    二度とここには顔をみせるな
    かえせよ かえしてくれよ・・・




    けっきょく すごすごと主人公の宿泊してる宿にいってわびるキョースケ
    あのデータを取り込まれたんだしもうアウト
    いずれガルダイーグルそっくりの最強ギアをやつらは作るだろう
    そんなあきらめムードでしたが



    けっきょくラボのデータを丸ごとパンクさせる
    という荒業でみごとデータを破壊することに成功


    わりとすごいピンチを切り抜けてるんですが
    当の本人であるコウヤはいたってのんき
    旅先でカニたべれなかったことに落ちこんでいるしまつ
    キョースケはそんな主人公にだまってカニかまを差し出します



    こいつバカなやつだけど信じてくれた
    兄の形見のギアのデータとられたのに気にしないでくれた
    今日もいままでと変わらず接してくれた

    そのことがうれしいから







    ふつうはこれでチーム仲は円満 ずっとなかよしゴッコになるんですが
    クラッシュギアは甘くない

    裏切ります
    こいつまた裏切ります



    それが最終話の話
    最強の敵 チームグリフォンをあいてにする主人公チームですが
    キョースケはその一番だいじなときに裏切ります

    なんとこいつ その試合でわざとまけます




    主人公チームとの嘘くさい慣れあいも最近じゃ板についてきて
    「まーこれもいいか」
    と思うようになってきたころ
    ついに彼はガルダイーグルのひみつを解き明かし ひっさつわざを見つけだします
    そしてそれを自分のギアの研究につかうことなく
    ちゃんと
    素直にコウヤに伝えにいきます
    いい子なったやんキョースケ



    まぶしい 外にでるのは随分ひさしぶりだ

    たく コウヤのヤツ よけいな手間をかけさせやがって










    ですが・・・事務所ではこんな話し声がきこえてきた

    ダメね わたしは使うの反対
    そうだな おれも使うのは反対です




    でも今までがんばってくれたのに
    だけどいざって時にやくにたたないようじゃ意味ありませんよ
    代わりはあたしがなんとかしますから


    それを聞いたキョースケはかけだします そしてディスクをたたき割る
    まただ
    安心だと思ってもかならずいずれ裏切りはやってくる
    いっそのことしんじなきゃいい
    どうせこわれるんだから

    バトル決勝の日 とうぜん彼は寝てます
    いまさらあいつらに付き合ってなんになる
    でもコウヤどもがうるさく起こしにくる

    おいキョースケ 今日は決勝戦だぜ わすれてんのか
    なにしにきた
    あんたをわざわざ迎えに来たのよ 決勝戦までサボられちゃたまらないもの
    俺はもう用なしじゃないのか
    ハァ?なにいってるのよ
    それとも代わりが見つからなかったのか
    準決勝サボろうとしたのは大目に見てあげるから でもその分 これからがんばってよね
    ・・・・わかった いってやるよ
    そのかわりどーなってもしらないからな



    バトルははやくも丸目クロウドが一勝し勢いづいた
    そしてキョースケの番がくる
    たのんだわよーというヒロインの声も彼にはとどいていない
    昨日のヒロインの声がひびいてるから

    あたしは使うの反対

    昨日はいらないって言ったくせに・・・よく言うぜ
    必要ならいらない仲間も利用するのか
    いいさ 見てろよクズども
    俺がそんな甘ちゃんじゃないところをみせてやる

    そーして彼は惨敗します
    そしてクロウドにくそみそにけなされるキョースケ

    キョースケ 今のきみのたたかいかたにはまったく心が入っていなかった

    おーいそんなむちゃくちゃ攻めんなって
    だれだって調子のわるい時くらいあるだろ?

    こんなことがあったのに なお
    のんきにかまえてる主人公をみてキョースケはこぼします














    どうして
    どうしてそんなに俺なんかをしんじる
    わざとだ
    俺はいまワザとまけたんだ



    俺をアテにするな 俺なんかをしんじるな
    俺もおまえたちも
    にんげんなんかだれも信じちゃいけないんだよーっっ




    俺はおまえたちを利用して裏切ってやったんだ
    俺を 俺の技術を卑怯だっていった連中をみかえすためだ
    北海道の万願寺研究所にいった時だって 俺はトビタクラブをやめたつもりだったんだ
    なかまだとかチームだとか そんなもの
    信じるヤツがばかなんだ



    それにガルダイーグルにひっさつわざがあるかどうかなんてわかったもんじゃない
    信じて練習するだけむだなんだ
    キョースケっっ
    どうした もっとなぐれよ
    なぐれよもっと




    ほんとはわかってたのかもしれない
    北海道でおまえに会ったとき おまえがクラブをやめるつもりでいたことを
    でも しんじたかったから勝手にしんじたんだ

    嘘だ・・・・そんなかんたんに

    うらぎられるのがこわくないのかっっ



    こわいよ?
    でもおれ クラッシュギアへたくそだし ばかだからさ
    みんなをしんじることしかできないんだ
    なかまをしんじることしか
                                   ( Crush Gear Turbo Episode 20 JP )







    どこまでもお人よしななコウヤをみて
    キョースケはガルダのひみつをおしえます
    そしてガルダイーグルは空をとびトビタクラブは優勝します
    大団円です



    コウヤはばかだけど
    ふつうなら煙たがってみむきもしない相手も
    受け入れちゃうざつな心があります
    それはただのばかだけど
    でも
    そのおかげで助かったやつがいます

    正直いってこんなたよりない主人公は いままでみた中ではじめてです
    だからこんな主人公いなくていんじゃねーと思いながらみてました
    でも
    さいごのさいごで主人公してくれやがりました

    クラッシュギアってアニメはバトルの戦略面の描写がまるでざつですし
    主人公はアホそのもので正直最低レベルのアニメです

    ですが仲間との友情や
    リアルなひねくれ度合いのキャラと
    それを溶かしていく過程だけはむちゃくちゃ刺さるので
    いちがいにばかにもできない

    ぶっちゃけ
    このアニメがつたえたかったことはこの最終回がすべてです
    この回なければただの駄糞アニメです
    でもやっぱ最終回がステキすぎる・・・・そんなアニメです










    で・・・
    大会もおわって もうこのアニメすることはないんだけど
    みんなが帰るとき あることがわかります

    あ そうそう
    リリカさん 例のやつ 格安でゆずってもらえるようになりました
    助かるわー 経理ができなくて困ってたのよ
    なんのおはなし
    パソコン 事務所のパソコンがこわれちゃってたから代わりをさがしてたの
    いままでずっとがんばってくれた機械だからあきらめるのはざんねんだったんだけどね




    『代わりはあたしがなんとかしますから』
    『あなたたちがそうまで言うのならあきらめましょう』
    パソコンのはなしだったのかぁ・・・・






    せっかく大会優勝をはたしたってのに ひとり呆然とたたずむキョースケ
    もっとだいじなものを 今日とりもどしたから

    クラッシュギアというアニメはバトルうんぬんというより
    心のひねまがったキョースケが
    まともになっていくトコがメインな気がします

    キョースケは勝つためならひとだって傷つけるし
    無駄にトラウマかかえて 敵じゃないやつにまで剣をふるう ただのやっかいなヤツだけど
    さいごのさいごでみんなと打ちとけた
    そこがよかったともいます

    もう心配ないさ いってこいキョースケ みんなが待ってるぞ



    以上 my pick up輩でした~~












    (主人公の名誉のために一言
     主人公にもいい所はあります
     主人公はばかですが 毎回へたなりに努力はおしみません
     まーそれでも平均以下のボロクソです
     でも19話だけはかっこいいです

     毎回ひっさつわざのヒントをすこしづつみつけていくコウヤですが
     19話で偶然トルネード投法をみつけだします
     それ自体はべつにどーでもいいんですが(ぇ
     勝負ではじめてその投法をためすときの作画と音楽がマジすてきです

     

     ターターターター タラー♪

     投げる直前のかまえ
     じみな回転描写 かけ声も音楽も抑え気味で地味

     そんなリリースシーンですが
     自分はこっちのほーがすき
     毎回その投法とシーンやってくれるならこっち好きになったかもな
     残念ながらこのリリースシーンは今回一回かぎりです
     
     勝ち方もそのスピードにのった直線ダッシュがあたっただけっていう
     単純な勝ち方だったけどそれでいい
     毎回ワシが飛んでくるアホムービーなんていらんわ

     このアニメはいちいち表現が過剰なので
     主人公は変にせのびしないで できることだけやるほうがカッコいいともう


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。