閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2020-05-30 08:18



    コンビニの激安チョコのヘーゼルナッツが苦手ですアダンソンです
    こんかいは古い映画の紹介をするー
    これはさすがにだれもわかんないだろーなー





    それはこれー





















    大災難です




    かんたんに行っちゃえばサラリーマンがデブと出会い
    運わるく旅に同行するハメになり
    なかなか家にかえれず最悪な目にあうという災難ギャグ映画ですー
    これが昔からすきだった
    なにがどーいいのかってーと
    災難を笑うはなしのはずなのにいつしか話がすりかわって
    感動しちゃうからです





    毎日いそがしいサラリーマン ニールペイジ
    感謝祭の前日に会社をぬけだし家に帰る所からストーリーははじまります
    でも季節は感謝祭
    みんなニューヨークの路地をごったがえしていてタクシーはつかまりそーにない
    やっとこ1個みつけてもライバルのお客にとられてのがす
    やっとこ空港についたらついたで家にかえる便は雪のため運航中止 なんてこった
    つくづくついてないサラリーマン

    しかたないんで運行するまで空港の座席でまっていると
    向かいになんだかみおぼえのあるデブがいた
    そいつはデルグリフィン
    乗ろうとしたタクシーをぬすんでった卑怯野郎です
    これからずっとこいつにまとわりつかれて旅をすることになるんですが
    まだ彼はその運命をしらない

    運悪く彼と隣の席になったニールですがさっそくストレスがたまる事態にみまわれる
    いちいち会話がうるさいデルにうんざりしたニールは
    なんとか遠ざけようと遠まわしに拒否るんだけど相手はわかってない

    あぁ もうしわけないけど人と話すのはあんまり得意じゃないもんで
    それに仕事も今日中になんとかやっつけなきゃいけないし
    わかってる わかってる 仕事に専念してくれ
    こっちもおしゃべりはきらいなんだ無口な質でねw
    話すタイミングをしらん無神経なやつがそばにいるとほんっとイライラしてくるからなぁ
    お宅もうるさいとおもったらいつでもそう言ってくれw
    (言われてる最中 うざったそうにネクタイをひねりなおすニール)


    けっきょく飛行機はシカゴにつかずウェチタに
    ウェチタがどこだかしらないけど北海道いくつもりが富山についたよーなもんでしょー
    しかもシカゴ行きは悪天候で今日は運行中止
    宿もないのに さーどーする俺(;゜Д゜)
    あたふたするニールを尻目にさっさと宿をきめるデル
    このデブ わりと世渡りはうまいらしい
    なんならあんたの分も宿世話してやろーかとデルに言われ断わろうとするニールだったが
    空港の床でねてる他のサラリーマンをみて こおりついた目でぶんぶんうなずいた
    一路やすっちいホテルへむかうやさぐれ男ふたり

    しかし やっぱし問題がおこる
    ねてる間中デルは首をガキゴキならす
    ライターの火で読書をはじめる(ベッドで寝ながら)
    手の平をすりすりとうるさくはじめる
    とどめに 口をガーゴー わざと喉をならしはじめる

    ガーゴー ガガ ガーーー
    失礼
    はぁ・・・・
    ガーガガー   グッグー
    ああああああああああくそまったく
    なんだよ 鼻の通りをよくしとかないといびきがひどいんだ
    あんたはがまんてことができないんだ
    ・・・あのね 君はタクシーをぬすんだ時からずっと人の邪魔をしつづけてきたんだぞ
    こっちはアンタがわりこんでくるまではいいペースで旅をしてたんだ
    僕がわりこんだだと そいじゃー聞くが飛行機でゴチャゴチャ話つけてきたのはだれなんだ
    タクシーも部屋代もぜんぶ僕がだしたんだぞ
    死ぬほどたいくつな話まできかされてさ
    飛行機で気がつかなかったのか
    君がしゃべるたんびに吐き気がしてエチケットバックをひっぱりだしてたんだ
    ふつうならそれでピンとくるんだよ
    僕のはなしはおもしろくないんだってね
    おもしろくない話だってあるさ だから人はえらんでしゃべる
    これはわらえるとか ちょっとおかしいとか ためになるとか 泣かせる話だとか
    だがきみのはなしにはどれもない
    なんにもないんだ
    偶然わらえたとか それすらもない
    まるでおしゃべり人形キャシーちゃんとデートするようなもんだ
    おしゃべりを聞きたい時は胸についてる小さなヒモをひっぱるってアレだ
    ただしきみの場合はじぶんでひっぱってしゃべる アー!アー!アー!
    ハァ・・・

    気がすんだか
    傷つけたいなら遠慮するな おれはなれてる
    ・・・たしかに おれはしゃべりすぎだけど
    聞く耳はもってる
    たまに皮肉りたいときもあるけど ひとは傷つけたくない
    あんたがどー思おうとこれは変わらないよ

    おれはじぶんがすきなんだ 女房だってそーだ 客もそー言ってくれてる
    これはおれの地なんだ おれは地でいきてるんだ




    ふて寝するデル
    なんだか加害者が被害者づらしてるだけな気もするニールだけど
    こんだけ涙目でいわれたらさすがにおこる気になれない
    しょーがないからだまって寝にもどる

    ・・・・・でも災難はまだつづく
    朝おきたらお財布が空
    ホテルにしのびこんだコソ泥に全部とられてたらしー
    どーすんだ
    結局デルのコネを駆使して なんとか列車でかえることに
    でも席はふたり別々になっちゃった
    残念がるデル 内心ガッツポーズのニール

    席がはなれちゃったけど
    なーんでそいうことになるんだ あーそうかホテルの係が新米だったからーもうしわけない
    予約がつまってたんだろう
    あぁ なんせ感謝祭だからね
    あぁ だからここでおわかれだ
    いや~中であえるよw
    あ・・・いや寝ていくから まーでも 結構おもしろかったよ
    ひかえめな感想だなw
    ディル じゃあ 元気で
    あんたも

    いい話みたいにみえるでしょ?
    とんでもない
    ニールの本心は「やっとゴミとやっかいばらいできた」の一心だけです

    感謝祭でかえるの
    ええ
    おなじだ やっと帰れる ハッハッハ

    めったによその人に声なんてかけないニールが
    じぶんから話をふって笑いさえする
    よっぽどデルといたのが苦痛だったんでしょう

    でもここで話がおわるんだったら映画にならない
    まんまと列車がぶっこわれ全員荒野においだされる
    2kmあるけば駅あっからあるいていけ愚民どもとの車掌のお達し

    そしてよくみるとひとりだけ冷蔵庫みたいな巨大な荷物を
    ひとりでひっしにひきずるデブがいる たく何してんだか
    しかたないのでまたつるむ二人

    しかたないのでなんとか協力して金をつくり高速バスとかを駆使して
    シカゴをふたりでめざす
    ふたりの性格はまったく真逆
    道中たいくつなのでバスの中でみんなで合唱をはじめるバカ客たちあいてでも
    二人の性格のちがいがまざまざと出ます

    よーし次はだれだ いー歌ないかー だれかうたってくれよ
    一つある
    いたいた!ニールページだ!
    泉にゆこう しあわせ求め 希望の鐘を(みんなガン見)
    プリンストン!いーぞプリンストン!石器時代のファミリー
    やって きたのさ 原始時代のファミリー(大ノリのお客たち)(ウンザリ顔のニール)


    ニールは別にわるい人じゃないんだけどノリが悪すぎる
    仕事はできるけど こーいうとこだとデルの悪ノリがやくにたつ
    デルは仕事はまるでできないけどこーいう無駄なトコになると
    無駄にちからを発揮する
    ほーんと変なやつだこのデブ

    なんだかんだでバスは進みセントルイスにつき
    さー次どーしようかってことで二人で食事をしてるんだけど
    ニールはまたこんな話をもちだす

    電話した?
    だれも出ない たぶん学校の感謝祭に行ってるんだろう
    おしかったな いきたかったんだろう 子供の行事は大事だからね
    いままでうちを開けすぎてたんだ
    ・・・こっちは何年もだよ
    そんなにか?
    ン いやぁ しょっちゅう出張だからたまにかえってもそんな気がしないってことさ

    しかし いろいろ考えたんだが 
    いままで知恵を出しあっても結局はこうやって動きがとれなくなるし
    僕がいちゃー足でまといだろう
    なんだ 水くさいな そんなことないってww
    いや・・・正直いって速く目的地につけると思うんだ
    もし 別々ならね だから
    ・・・・そうか わかった
    ここは俺に払わせてくれ まーそういうことならこれで
    いや申しわけない
    いや~いいんだ 
    ふたりで動くっていうのも何かとうまくいかないし
    アア そうさ ほんとだ アアそうだよ 言う通りだ
    ごちそうになった
    いやいいんだ それどころかいままで借りたぶん返さなきゃ 
    いやいやいいんだよデル
    ほらほらちょーど半分だ とっといてくれ 
    よしてくれ
    こどもたちにチョコレートでも買ってやってくれよ
    いらないって 置いてくぞこんなモン!
    じゃーおいてけよ! いらないんならおいてけよ! すきにすればいーさ!
    わるいけどもーいくから先にしつれいするよ
    しごともあるし じゃ はやくかえれるように がんばってくれ 
    君も 
    あーそーだな

    なるべく穏便に厄介ばらいしようとしたニールだったが
    へたにいい子ぶったせいでデルの神経を逆なでてしまう
    ニールのきづかったセリフがすべて真っ赤な嘘とわかり絶句したデブ
    デブは作り笑いをうかべ空元気に親切にふるまう
    お金まで置いてたちさる
    結局これが望みなんだろ
    って

    別れ方としてはさいあくですがニールにとって幸運なのはまちがいがない
    なにはともかくハッピーだ



    まーでもふたりがわかれちゃったらこの映画はおしまい
    そーかんたんに開放されるわけがない


    さっそくレンタカーを借りてシカゴをめざすニールだったがやっぱり災難
    よりによってじぶんの借りた車が駐車場にない
    ていうかバスで遠距離はこばれておりたもんだからレンタカー会社までかえれない
    どーすんだこれ

    もーかんぜんにぶちギレたニール
    いままでの大人しいサラリーマン像ぶちこわして
    ひたすら徒歩で高速道路すれすれの雪道を薄いスーツ姿で帰ることを敢行する
    めっちゃさむいのでネクタイも耳にまいて寒さをしのぎ
    帽子はとばされもー靴もぼろぼろ

    やっともどっても悪態がわざわいして店員になぐられ
    しかたねーからもうタクシーに超々遠距離のシカゴまでおねがいするも
    そこでも笑われるもんだから悪態つきまくってぶんなぐられ
    おまけに倒れた先に車でひかれかけるしまつ
    そしてその車のってたのがデブだった


    てことでまた結局ふたりなかよく高速道路をはしるハメになる
    さすがのニールも紳士づらが品切れ
    お互いにおもったことそのまんまぶつけあう
    ニールは愚痴をいいまくり デルはニールへ文句をとばす
    ・・・・でもなんだかその雰囲気には以前のような辛辣さがない
    むしろどこかほほえましい感じになってきつつある

    玉なんかいじったりしません
    はっは 玉ちがいだけどプロ野球のピッチャーだってあんなに球をいじりまわしゃしないね
    またケンカ売るつもりか!
    ほんとのこと言ってるだけさ いじくってたんだよほんとに
    頼みがあるんだけどね 
    おれにいじってほしーのー?w
    あーおもしろいですね~わらえますね~ウケましたね~
    と言ったとこで以後くちを閉じててくれ!


    デルにも悪態をつくけど なんでもおもしろおかしくしちゃうデルはきになんない
    一見するとただの最悪なけんかの場面ですけど
    なんだか今回は深刻さをかんじさせない
    会話になってる ケンカするほど仲がいいってね
    これなら意外となかよくふたりでシカゴまでつけそーだ

    そーおもったんですが
    デブがバカで ちょっとあーだこーだあって車がもえちゃった(なんでそーなった)
    燃える車をみて大笑いするニール
    この車はデルの借りた車だ ザマーミロ
    とやっと本心でわらうニール
    でも・・・

    やっと 僕のツキがそっちにいったな
    あれを見たらレンタカーのやつ腰ぬかすぞ
    あーはっはっは
    しかしカードもなくてどーやって車かりたんだw
    カードもってないだろーwどうしたーw
    シャワーカーテンのリングを受け付けの女の子にやっただけさww

    ・・・・・・そんなもんで車貸すはずないだろ
    いやぁ なぜかあんたの ダイナースクラブのカードがおれのサイフに入っててさ
    だから ちょっと
    ぬすんだんじゃないか!
    ちがうって
    僕のカードをぬすんだんだなんてヤツだ
    ちがう おれじゃない
    サイフに入ってたんだよ あんたが入れたんだとおもったんだい
    なんのためにいれるんだよ
    親切
    親切!?親切だと!よくもそんなことを このコソ泥野郎

    けっきょくデルはダッシュボードにカードをこっそり返してたんですが
    いまそれは燃えさかる車の中
    ガックリ肩をおとすニール
    もーさいあくだ

    けっきょく走るのが奇跡の丸焦げ車で安モーテルにつき
    あるかないかの持ち物を店員にうりつけホテルに入るニール
    金時計もっててよかったな

    でもあの後だからデルは入れてもらえない
    しかたないからじぶんの持ち物をさがしても
    500円のデジタル時計しかない
    ひとり窓もない車でふるえて過ごす
    ザマーミロとニールにおもわれてる裏で ひとりデブはつぶやく

    なぁマーリー やっぱりオマエの言ってたとおりだったよ
    おれって男はほんと はしにも棒にもかからんイヤなやつだ
    せっかくいい相棒ができたってのに このザマだ
    つい調子に乗って あいてをウンザリさせちまうんだ
    おまけに今回は迷惑のかけ通しだ
    この口がいけないんだ
    まったくコりない男だ

    深夜 ふと目をさますニール
    アイツだいじょうぶか
    凍てつく氷の夜に 即席オープンカーと心中してるデルをみて
    ドアをあけてどなる
    そんなとこにいると凍死するぞ おどろくデブ
    気の毒そうに見るニール

    九死に一生を得て家にいれてもらい 酒をかっこむデブ
    もーここまできたらなんでもござれだ お互い言いたいほーだいぶちまける
    さんざん大騒ぎしたあとデブはポツリともらします

    あ~~ちくしょ~
    おれが墓にはいるときさ
    いきた証としてのこるのは
    じぶんが売ってたシャワーカーテンのリングぐらいのもんだな むなしいねぇ
    そうでもないさ 奥さんがいるじゃないか
    共に暮らし愛し合ったひとだろ ちがうか 愛してるんだろ
    ・・・・・・・
    愛か いや それ以上だなあいつへの気持ちは そんなもんじゃ言いあらわせない



    なんだかんだあってうちとけた二人
    つぎの朝には元気にふたりで恥もきにせず
    黒こげカーで高速道路を熱唱してはしってた
    ・・・・でもどーみてもやばい車なわけで警察にとられる
    いよいよやべーぞ どーすんじゃ

    けっきょくデルのツテでまた新たな移動手段がみつかる
    トラックの運ちゃんにたのんでシカゴまで一直線でつれていってくれるそー
    やったやんか
    ・・・・でも人間恐怖症のドライバーのため乗れるのはうしろらしー
    うしろってどこ
    つまり冷凍庫

    ガチガチに震えるニール
    なんでこんな目にあうんだ 冗談じゃない
    さんざんな目にあうニールですが やっと遠くに街がみえてきた シカゴの街が


    そしてシーンは駅
    ここまでくればもう安心だ まちがいない とうとうお別れ
    いままでさんざんな目にあわせてくれたデブを前にニールは言います
    悪態を?
    愚痴を?
    いいえ 感謝を

    おたがい 苦労したな
    あぁほんと
    でも 結局は君のおかげだよ 僕一人じゃきっと 帰れなかっただろう
    あ ねぇ こんどは 絶対ファーストクラスだな?w
    もーこんなのかんべんしてくれw
    あぁそうだろうな
    あ あれか

    ああ 
    あんたと知りあえてほんとによかった 色々めいわくかけて申しわけない
    そんなことないさ おかげで帰れたんだし
    ちょっと遅れたけど
    二日もねww
    ・・でも いい人生勉強になった
    俺もさ
    ありがと

    ・・・・・・
                  (  【ソフト未収録吹き替え版】『大災難P.T.A.』ラストシーン【大竹まこと】 )


    いつのまにやらお互いきれいごとなしで 素で
    おたがいを讃えあう関係になってた
    ほんとクソみたいな災難だったけど とんでもない旅だったけど
    まーなんかよかったと

    いろいろなことがありすぎてお互い なんだかもどかしー
    中学校の親友でもないのにわざわざ肩まで抱いてわかれた
    げんきでやれよって

    発車する電車 遠のくデブ
    デブがみえなくなり ため息をつくニール なんだやっぱまだきらいやんけ
    逆にデブは列車みえなくなったとたん
    追いつめられたような困ったような表情を浮かべる

    なぜ?
    意味不明です

    そんなことも気にせずカメラは電車にのるニールに向かう
    車内ですこしづつ
    このひどい数日をおもいだすニール

    朝モーテルおきたらお互いひっついてたこと
    車がもえちゃったこと あとで職場でうける話にできそーだ
    はじめてついたモーテルでけんかしたこと
    きがつくとデブの声がむねに響いていた

    おれはじぶんがすきだ 女房だってそうだ
    (ん?)
    そうでもないさ 女房がいるじゃないか
    共に暮らし愛し合った人だろう
    ・・・・・・・
    (ん?なんかへんじゃないか)
    今まで家を空けすぎてたんだ
    ・・・こっちは何年もだよ
    (あいつ・・・)



    駅にもどるニール
    ホームのとびらをあけたらそこにデルはいた

    デル なにしてるんだ
    家族がまってるんだろ 帰らないのか

    いや・・・
    家族はいない

    女房は8年前にしんだ



    深くこうべをたれるニール
    そして視線をあげる



    冷蔵庫のような荷物を二人が運んであるいてる
    豪華住宅街の大通りをあるいてる
    そしてニールの家につく
    あたたかく迎えられるニール そしてデル
    妻とだきあうニールをみてそっと笑うデルの笑顔で物語はおわる






    ・・・・・・・・・
    ギャグ映画のくせに感動させやがって ばかやろう(TへT)






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。