戦果報告 ざんぱい編12
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

戦果報告 ざんぱい編12

2020-07-05 12:30





    Aさんは110円のジュースと100円のジュースを購入するために
    100円玉硬貨を2枚 10円玉硬貨を一枚 自販機に投入しジュースをだしました
    さて このときおつり口からでるお金はいくらになるか求めなさい

    はい 答えは400円ですアダンソンです
    (おかしいとか言うな 昨日ほんとに起きたじじつだばか)



    こんかいは名作の予感がしたんだ
    やけに絵柄がひどいし
    それでいて正統派のにおいがしたし
    なんだかこれなら前やったツインズストーリーとやりはじめる前の予感と酷似してたから
    正直ほかにも異色なギャルゲーはいろいろあったし
    ほんらいなら前回紹介したのとほぼ似てるゲームを紹介するのはアレだな
    とは思ったけど なんだか本能的に今回はこれをえらんでた

    つぎがまったく謎の物よりも
    まえアタリをひいたのと同じ香りのする物をあけたほーが無難だ
    そーおもったから
    わりと懸命な判断だったと思う
    ・・・・・それがほんとに当たってればね・・・・orz


    はー
    なんで俺はこー ハズレを引き当てるセンスがあるんだろう
    まさかこんな結果になるなんておもわなかった
    じぶんの予感はアテにならねー













    あい ていうことで今回も盛大にはずれたんで
    火葬場で手をあわせるべく
    こんかいもひどいギャルゲーを紹介してくよ
    それがこれぇぇぇぇ




    きみにsteadyです

    なんだ 彼女とお勉強会でもするのか
    タイトルはともかく内容はよくあるかんじの学園ギャルゲーです

    正直いってこのゲーム はずれというほどはずれではないのかもしれません
    いままでボロクソにいってきた他のものとちがい
    そこまで致命的に崩壊したシステム的欠陥もなければ
    選択肢や展開への愚痴もありません
    むしろ街のシステムはおもしろいし ミニゲーム要素もこってておもしろいです

    ・・・・・・・でも自分にとっては気に入らない点が1つだけあるので
    クソゲーにします

    根本的にじぶんはシビアなんだな・・・・・・・・・・・
    けっきょくあの点がよくないと
    どんな、名作ぎゃるげーだろうとけなすんだな

    そういうことに気づかされた


    くりかえします これはわりと本来なら一般的にはまともなぎゃるげーです
    でも自分は神経質なんで拒絶します
    こんかいはそーいう話です
    理詰めでかんがえればこれがまともなぎゃるげーであろーことは想像がつく
    ・・・・・・・でもじぶんはどーーーーーーーーーしても
    笑顔でやれない違和感をかんじるんだ やっぱむりだサーセン








    正直いってこんかいのゲームは紹介する気があまりない
    なんだかじぶんとは基本的にあってないゲームだったから
    でもまーいちおー失敗したひとつだ
    それなりに書いてさっさと今回はおわる

    まーいちおー どーしてきらいになっていったかを書いていこー


    まずはオープニング~
    なんか歌がながれてるけどまったく印象にのこってない
    むしろ変な違和感をばりばりに感じる
    ここもまたツインズストーリーと酷似してる

    ゲーセン少女がコインを入れるときの動作
    ボールあたったときの怖い顔 、どーした目のまえで親でもころされたんか
    クラウチングスタート中にかかと以外いっさい動かない違和感
    ベッドでへんにガタゴト異常動作する作画
    違和感ばっかりかんじる異常動作のチアリーダー
    超かわいいマヤちゃん似のおとなの女性
    オープニングみておもった感想はこんだけでした



    このじてんで
    女教師と なぞのコーヒー女いがいわりと気にもとめてなかった
    (まー結果はチアリーディング女子いがいなんとも思わないことになるんだけどね)


    まーとりあえず開始ー



    なぜか初見だといつもすぐはじめずに
    設定いじっちゃうんだよね
    感動そのままに開始すればいいのに ついまごついちゃう
    設定がめんはふくざつでオェーとした
    でもよくよく調べてみると
    左下のノートの画面たたくと 実際の文字おくりの様子がみれてべんりだった



    メッセージ速度2じゃちょっとおそいな3にしよう
    で開始ー

    なにやら校長先生のあいさつシーンではじまる
    季節は夏のおわりらしー
    主人公は夏まるまるバイトでつぶして後悔してるらしー



    なんだかんだで今年のクリスマスまでに彼女をつくろーって決意をかためる主人公
    まー大体のゲームの大筋はわかった
    夏から冬にかけての数か月で結果だせよってことらしー

    で つぎの朝 たいへんなことが判明した
    お母さんが美人



    どうやら父は外国へ出張 母親もしごとでおそくまで帰らないそうな
    そんな生活をずっとつづけてるカギっ子高校生 それが主人公らしい
    ・・・・・にしても母親が若くて美人すぎる
    これ絶対 主人公と5才も年はなれてないだろ
    学校の女子なんかどーでもいいからこのお母さん攻略しよーよ
    もうこれで不満ないだろ
    むしろなにが不満なんだ
    家から一歩もでずにギャルゲー開始できるよこの美貌なら

    ふつーもっとお父さんは駄デブで眼鏡してて
    母親は母親でブサイクごりらでしょーがそこは
    どーしてもそれがいやだったら顔だすな 声だけにしてくれ
    まーそれでも美人声だと攻略できなくてつらいから おばはん声であててくれ
    まーそんなこと吠えても事態はなにもかいけつしない
    とりあえずはなしを先にすすめよー



    話をすすめてくとさっそく隣からなんかでた
    幼なじみキャラらしー
    いらねー
    幼なじみってじてんでなんだか 女性像から遠のく
    今回の幼なじみキャラはツインズストーリーのとちがい
    ほんとに予想どーりの
    つっけんどんでツンデレ気味で 悪態もばりばりにつく典型的ソレであって
    完全にストライクゾーンを外れた
    ていうか文字のさいごにいつもハートマークつけるのやめろ
    でも驚くのはその途中の移動画面



    なんだこれ!
    RPGツクールでつくったみたいなよくある絵が展開された
    家庭用ゲームなのに
    ある意味貧相でチャチいともいう絵面だが
    あまりにも他に類をみない斬新な展開に興味がわく
    この絵面ってことはほんとに街のあちこちみてまわれるかも・・・・・
    あんがいギャルゲーでそういうことできるのは少ないこと考えるとおもしろいのかもね
    (そしてその予感はアタリで実際ここはすげーーーおもしろかった)

    その後はよくある 女子にくわしー系友達と会って学校ついた
    あまりにもありがちな展開だな まーもんくはないが
    ただここで一つ気づいた
    ボイスが再生されるんだけど下のセリフ かってに全文ながれちゃうの
    例えば
    いいじゃんかよぅ、別に。誰に目をつけようが、それは俺の勝手だろ~!
    それに、もしかしたら俺にもチャンス
    てとこでじぶんの画面はとまってるのに ボイスは最後までながれちゃうの



    だからあわててこちらもAボタンをおして があるかも知んないじゃ~~ん!
    て文字をだすんだけど ボイスを再生したあとなんで
    二度言ってるような違和感がうまれる
    なんでボイスで一気によむときはそれにあわせて自動で文字おくりしてくれるとか
    できなかったのだろうか いやできるだろ
    なぜそれをさせなかったのか
    今後ずっとこの問題はでてくるので文章とぎれても
    音読にあわせてサッとAボタンおすしかない
    しんどい 会話シーンくらいおちついて見たいのに


    まー時はながれ学校生活中のシーン
    なにやら幼なじみとその友達が昼休みの食事中
    手をふってくれるらしー
    ありえねーーーーー



    主人公とは別にしたしくもないはずなのに それはないだろ
    普通ありえない展開にちょっとひく
    (まーその後のはなしきーてると 「冗談じゃないわよ なんであたしがアイツなんかと!」
    なんて話してるから 沙耶ってキャラがなにかと幼なじみを主人公とくっつけたがってる
    ことが後でわかるので そんなに異常なことでもないんですが
    要するに主人公にラブとかじゃなくて お見合いの世話焼きおばさんのような立ち位置ってかんじ)


    その後なんだかんだあって図書館でひyな医学書をみにいくことになると
    そこに新キャラ登場
    ・・・・正直 とくに印象のない子だった そもそも会話もないし
    むしろ印象にのこったのは変な体育教師



    ゴツくて口うるさい 典型的なこわい先生タイプなのはべつにいいんだけど
    プロレスの悪役入場みたいなこのまがまがしいBGMはなんなんだ
    ぎゃるげーの雰囲気ふっとんでるよ
    けっきょく体育教師にひっぱられ職員室連行

    するとまた新キャラ せんせいです
    声が大人びていて色っぽさもありつつ やさしみもある まさに理想タイプの女先生です
    ・・・・なのでほんらいならドキュンしてこのひと一直線になるんですが
    ・・・・・
    どういうわけか今回はそーなりませんでした
    なんとゆーか
    ねらいすぎ



    まだこの時点では将来有望な攻略キャラにみえてなくもないんですが
    じょじょにイメージがくずれてく
    たとえば授業はじまるとこれ

    good afternoon everybody!

    とか言いだす
    は?



    good afternoon miss amemiiya

    と返す生徒たち 
    なんだこの異常風景
    おれが生徒だったらこれから勉強する気が―35くらい激減してるぞ
    こんな先生あきらかにパッパラパーやんけ
    会話させると べつにこの先生そこまで頭おかしいわけでもなく
    割とまともなことがわかってくるんですが
    かといって個性がちゃんとあるかというと別にない
    どれも普通のありがちの女教師の域をでないの
    男が想像する女教師を描かせたら十中八九こうなるだろうなってとこで全てとまってる
    だからなんか物足んない

    はなしを進めると
    この先生の授業をすっぽかしてるばかがいるらしーとわかるので
    そいつを呼び出してくることに
    そしたら保健室でさぼってる新キャラ登場 でもなんか性格が変

    わぁ、先輩!乙女座の恋愛運はこれから年末にかけてが最高って書いてありますよ!
    なになにぃ・・。この期間中の旅行は大吉・・
    ふぅん・・・。愛という名のもとに、全ての行動は肯定される・・か。
    ・・だよねぇ、あとで後悔するなんて性に合わないもんねぇ。
    ・・・よし、決めた!



    なんだろう・・・会話が昭和くさい
    というかそもそも女子の話す言葉じゃないきがする
    なにがきにいらないんだろう自分は
    このセリフをみたじてんであいそが尽きた
    なんだか底があさいというか なにも興味がわかない
    見かけはわりと全キャラのなかでいちばんかわいい気はするんだけど
    心がそれについてこない


    その次は なにやら演劇中の部活をみつけた
    なんだか先生にダメ出しくらってるらしー

    演劇ってえげつないよね
    上目づかいだの 愛しさを目にこめろだの・・・
    ひとの感情はおもったままをそのまま出せばいいのにさ
    こんなダメ出しをなんども監督やら先生にされたら
    もう自然な演技なんてできなくなるでしょ
    なんでも大げさに演技することになるでしょ もー先生に怒られたくないから
    そんな不自然のかたまりになっちゃう
    だから演劇の俳優はみんな過剰演技になっちゃうんだよ

    人の感情を道具とかんちがいしてないか
    そんな赤青 白黒 オンオフで出し入れ自由自在なもんじゃないんだよ
    仮に出し入れ自由にできるとしても
    そんな道具みたいな女優や俳優なんてやでしょーが
    ひとの感情はそんな安かないやい 




    まーそれはいいんだけど なんともつごうよく 主人公に出合い頭にぶつかる女の子
    なんだそれ
    そしてそれをやさしく気づかう主人公

    ねぇ、怪我はない?

    なんて言うけど
    ケガなんてあるわけないだろ その程度の衝撃で
    こんな安易にこびをうるスタンスが大嫌い やけに安易なストーリー展開だな 辟易とするわ


    でもほんとにおどろくのはここから
    その騒ぎをみた下級生部員がさけぶ

    あ゛~!!星野先輩が廊下でアバンチュールしてるぅっ!!

    ゜Д゜)はああああああああああああああああああああああ
    あああああああああああああああああああああああああああ

    こんなアホくさいセリフぜったい女子生徒がいわねーよ!!
    これ絶対男のバカが脚本かいてるだろ



    先生の会話もありがち
    なんというか この場をもたせるためだけに主人公と女子ぶつけて会話をひねりだし
    先生の会話はそれを怒って部屋にもどすだけで終了
    よっぽどこのゲームで話したいことないんだなこのスタッフ

    なんというかほんとにすべてにおいてありがち
    このぎゃるげー独特の世界観や このぎゃるげーだけの個人会話感がまるでない
    ほんとうすっぺらいな なんだかこのゲーム
    少しづつだが確実にさめはじめてく自分をかんじる
    ほんとにこのゲームつづける意味あるんだろーか
    まーせっかくはじめたんだ も~少し無駄な時間をすごそー


    とおもったのがまちがいだった
    チアリーディングの練習を体育館でみてたらこんなセリフが流れた

    きみってば、結構ムフフかーもぉ。それに目の付け所がオヤジでそ!

    明かなキモボイス



    これはまちがいねぇ と こんなデブ像を想像した





    でも実際はこれである
    十分イケメンじゃねーか
    (名前は村岐明っていうらしーんだけどデカ文字で表示しててなんか独特w)
    どーみてもおれの想像したキモブサとはちがう
    ていうかそのオカマ言葉やめろ顔けるぞ
    なぜだか話はそれて家にいくことに 沙耶の写真が目当てらしー
    すると沙耶の水着写真がもらえた でもそれは偽物で
    アイコラ写真らしい
    ・・・・・・・・・・・・
    ていうかさ
    なんで家庭用健全ぎゃるげやってて
    初日でこんなきもい世界みせられなきゃいけないんだおれは
    このオタクに時間さくひつようあったか?
    なんでこんな病的な世界みなきゃいけないんだ
    まだ登場女子キャラ全部みれてないのに ほんと大丈夫かこのぎゃるげー

    けっきょく気になったキャラはこの子くらいかな
    ノッポのチアリーディングの子



    地味で素朴な子だけど この子だけ
    このぎゃるげーにしてはありがちな会話ですませない うすっぺらくない
    このぎゃるげーだけの独特につくりだした個人会話ってかんじがして
    まともに人と対話してるかんじがする
    いやたぶん 他にもそーいうキャラはいるんだけど なんかこの子は別格・・・
    なんだかこのキャラの声の演技だけやけに本格的で
    おもいやりある子を描いてるかんじがふぁーってしてくる
    だからなんだかみすごせない

    まーでも必死でデートに誘いたい!ってほどの熱意はわかない(ぇ
    なんかもっとコイツしかいない!的なキャラはいないんだろうか・・・








    なんだかんだで話が進むと街を移動できるモードになった
    よくわかんないが 本屋 占い館 探偵社とかいった
    いがいにも占いオババの声が色っぽくてツボだった

    それで、 なんという娘について占えばいいのかえ?

    とか言われたけど こっちが言いたいセリフは一つだけ

    あなたについてです

    なーんて選択肢があるわけもなく仕方ないので占い館を出る



    いろいろ見て回ったら探偵社があった 説明書にマヤは探偵社員とかいてある じゃーここだ
    いってみるとがっかりした
    マヤかとおもった子は声がやけに気取っててウザい
    しかも仕事の内容がすごい

    ここは探偵事務所ギャルエージェンシー 美咲町近隣にすむ女の子の近況について調査・報告をするところよ あなたにかわってお目当ての女の子についてあれこれ調査してさしあげるのが、私たちギャルエージェンシーのお仕事なの

    なんだそのロクでもない職業
    他人の許可なくストーカーしてるだけじゃないか
    大のおとなが女学生をつけてまわるなんてむなしくないのか
    ていうか収益源は男子高校生のわずかな小銭だぞ
    月2600円くらいしかない子供からもらうはした金でどうやって経営がなりたつんだ
    駄菓子屋のおばちゃんじゃないんだぞあんた
    あまりにひどい会社体系と女子そのもののボイスでげんなりしたんで早々に撤退
    もーマヤはいい 幻滅した

    あちこち街をみてまわっているんだけどなかなか時間がきえない
    どうやら一日で10か所くらいは余裕でまわれるらしい

    すげぇ
    ふつうギャルゲで一日にみてまわる量なんて3回だろ
    多くても4回だ
    それなのにこのゲーム 朝 昼 夜と移動できるのに
    朝だけでも1回あたり1/6くらいしかゲージが進まない
    イベントつきだともう少しゲージが進むけど
    どちらにしろ 朝に5回 昼に6回 夜に5回くらいまわれる


    なんだろう
    ぼくなつみたいに移動時間を極端に制限される系ゲームは息が詰まる
    逆にいなか暮らしみたいに その制限がひどくゆるいゲームがあるとうれしい
    あれも見に行きたい これも見に行きたいとおもっても
    ぼくなつとかだとそのすべてがかなうのに5、7日かかるからだ
    だから一日で何カ所もいきたいほーだいの今回のゲームは満足だった あーたのしい







    いろんなとこをみてまわってたら学校にイベントマークがあった
    なにやらチビな一年生と 幼なじみが勝負してた でまけてた
    陸上部の先輩後輩らしー そこはいー
    問題はそのとき チビ一年生にはなしかける男子部員

    良かったよ、栗原君。最後、いいスパートだった。
    ありがとうございます!
    いや、君のセンスがいいからだよ
    あ、でも先輩がいてくださらなかったら私
    いいんだ。君の持つ才能を全て開花させられたら、それこそ僕の本望だよ。
    これからも、もっともっと僕にコーチさせてほしい。



    うぜええええええええええええええ
    声はいい
    エリア88の風間真みたいな声は同性でもあこがれる かざりさえしなければね

    ていうか男女が同じ部活だからってこんなイチャイチャすんじゃねぇ
    うちの部活も男女同時にやってたけどこんなことなかったぞ
    (まー合同で準備体操とかしてるうちに明らかに化粧しだした3年生のお姉さまはいたけどね
     これからハードなスポーツやんのにそのピンクのリップなにさ はじめの頃してなかったじゃんか)

    にしても街移動がやっぱすげぇ
    学校も1か所じゃなく 中はいるとこんなに移動できる
    職員室や各部室 体育館までなんでもござれ よくできてるなぁ



    ほかにもプレゼントをかえるお店がざっと7か所くらいあったきがするし
    デパートだと映画館やプール ゲーセンもあったし
    そのゲーセンがまたすごく
    格ゲーやぷよぷよそっくりのミニゲームがあそべた
    わりとよくできてて感動した



    まーじっさい格ゲーの方は絵柄だけそれっぽいだけで中身はなく
    3種類のボタンをどれか押してじゃんけんの3すくみの要領で勝敗がでるだけの手抜きゲー
    なんだけど一瞬あそぶていどにはおもしろい
    ぷよぷよもどきは初めむずかしくて頭かかえたけど
    ふつうのぷよぷよなら負ける時間なってもなぜか負けない
    ある程度じかんたつとかってに相手が自滅してくれるゲームらしく
    なんとじぶんでもかてた
    あら あんがいおもしろいかも コツコツ2連鎖くりかえすだけのじぶんでもかてたぞ
    これならじぶんでもすきになれそうw











    ・・・・・・・・・とまぁ ときおりイイ面もあるゲームでしたが
    クソゲーとさせていただきます

    はい
    基本的に破綻のないゲームだとおもいます

    なにかシステム的に致命的ななにかがあるわけでもない
    街移動から店に入るまでがおそかったり ロード時間がややおそすぎたりはするが
    まー耐えられないほどじゃない
    ・・・・
    作画がアレなのはしょーがない それならツインズストーリーもそうだった
    でも今回はぐぐっと魅力的なキャラがいなかった
    ・・・・いや そんな問題じゃない
    やっぱ問題なのは下みたいなのだ











    先生の不自然なあいさつ 不自然に女子とぶつかる出会い
    ぎゃるげーなのにおたく男子との会話に長時間つかう無駄じかん
    となりの幼なじみが着替え中だからって気安く声かけあう関係の不自然さ
    アイコンのおふざけ文字
    くるったお店 輩をどれも飢えた狼みたいに描くふんいき
    ギャグのときに変にはしゃぐゲーム全体のセンス
    女子キャラとはおもえない会話語録
    変態チックな主人公の思考 女子キャラへの気安いセリフ
    男キャラがやけにぶきみでこわい
    これらがやっぱ気になってぎゃるげーそのものに身がはいらない




    おたくはパソコンやデジカメにやけに詳しくただスタッフがそれ言いたいだけだろなオーラでまくり
    幼なじみの着替えシーンにいくら隣さんだからって気軽に声かける男女の距離感がマヒした感じがなんかヤダ
    そしてまじめな部分は無個性でうすっぺらいくせに ギャグシーンでは変にふざけすぎるのがやだ
    幼なじみにプロレスかけるシーンだと後半
     ・・・めきょっ!ずしゃっ!ずべばしんっ!
    とやけに手のこんだ効果音をいれてはしゃぐ 日常シーンがパンチうすい分だけ逆に浮いちゃってる
    女子との会話も
     そんなこと言ってると、イクちゃんの爪の垢でも煎じて飲ませちゃうぞ! って言いだす
    主人公も主人公で うわぁ。それだけは勘弁してくれ~!まずそ~! って言い返す
    ・・・・・(゜Д゜ おまえらほんとに現代の学生か よくそんなセリフにノリノリで返事できるな主人公
    レストランでかわいーこみつけると 目が合うまでコーヒー1杯だけで一時間席にねばったりするし・・・
    きもちわりーわ
    たまに店であった女子に気安くセリフ吐くのもやだわ
    ていうか登場する男キャラって陸上部といいバスケ部といい屈強すぎて飢えた狼みたいな
    ギラギラしたのばっかでなんか不気味だわ




    キャラがかわいーうんぬんというより
    この世界そのものが愛せない
    ストーリーや主人公と女子の会話というかセリフというか
    考え方から思考 ギャグセンスにいたるまで
    なんかうすっぺらかったり ギャグのときだけおおはしゃぎする落差に強引さをかんじる



    ・・・・・・
    たまにあるんだよこの手のゲーム

    ゲームのシステム的には深くて めっちゃ好きになりたいのに
    肝心の主人公の思考やセリフまわしや考えかたそのものが
    どーーーーーーーーーしてもきもちわるくてゲームたたきわるってタイプが
    その典型はあれだ
    口にだして言うことはできるが それは隠れた名作ADVだし
    好きなひとが好きなのもよくわかる
    斬新なシステムでじぶんも相当すきになりかけた

    ・・・・・・・・でもあいつのあの思考センスがどーしてもきもちわりぃ
    だから言わない 
    というかその会社がだしてるゲームぜんぶ
    主人公の思考やセリフがあのかんじだしきっと脚本担当がおんなじなんだろー だからあの会社じたいがやだ

    口にださずとも真剣にそのゲームに耳をかたむけてれば
    イヤでもすてたくなるもの
    あんな主人公の思考と一心同体なんてやってられるか
    ゲームはおもしろいけど主人公の思考でぶちこわしだばか






    まーなにはともあれ今回のゲームは
    脚本がむりだった
    ぎゃるげーで感動するには 女子がかわいくなきゃいけないし
    もちろん 女子を複数のなかから好みの子をえらべる最低限のシステムもなきゃいけない
    そしていくら努力しても攻略できないほど難しすぎてもいけない
    そーいうのはあるけど

    実はそれ以前に
    その世界を愛せないといけない
    そこにいる女子キャラをふつーのにんげんだと思いこめる作りこみがなきゃ人はだませない
    そして自分と同化する主人公の思考が不自然でなく
    変にぶっとびすぎず 共感できる存在でなくてはいけない
    そのためには実は
    ほんとにだいじなのはストーリー、脚本、
    女子、主人公どちらもふくめて 丁寧なキャラづくりだともう




    今回のゲームはたぶん一般的にはアタリなんだろー
    名作なんだろー
    ふつうにギャルゲーはしてる

    でもじぶんはやだ
    最低限その世界と主人公と 女子キャラの会話をゆるせるものじゃないと
    まず 楽しいぎゃるげーかどうかの審査すらはじまらないでガーターに落ちる
    ほんきでのめりこめない世界でなけりゃやっても楽しくないもの








    こんな世界ですきになれるキャラなんてあんたくらいだ
    学園少女なんてどーでもいーから
    僕とあなたの将来について占ってくれ 姉御





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。