明日のための逸脱
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

明日のための逸脱

2020-10-18 15:44





    誕生石でいちばん損な石ってトルコ石な気がしてならないアダンソンです
    あんなのそこらの川の石 ペンキでぬればできるだろ

    いつも定番アニメのはなしばかりしているこのブログ
    たまにはマイナーなアニメの話をしてみたくなった
    なので
    今回はだれもしらないアニメを紹介するよー
    そんじゃー今回はこちらぁぁぁ
































    宅急便です
    魔女のおばあちゃんがほうきでがんばるアニメです
    これがすごい

    このアニメは日頃メイドとしてこきつかわれてるおばあちゃんが
    毎日 ご主人さまのみてないスキに 掃除をほおりだして
    ほうきで魔女になろうと練習してるうちに
    最後の最後にほんとに飛べて大感動する超スぺクタクルアニメ
















    ・・・・・ではないです
    そんなんじゃ数字とれるかってことで主人公はこちらの美人になります




    すごいオシャレで素敵な世界で
    彼女は夢み 傷ついて おちこんで 打ちひしがれて
    ステキになる
    そんなおはなしです



    ・・・・それを一字一句ことこまかに紹介すると疲れる

    なのでじぶんは2点にしぼって紹介します
    ・風景がすごくいい
    ・心のうつりかわり

    この2点だけです







    じゃーどんなおはなしか
    田舎のなまいき少女が 原宿にいって独り立ちしたい!
    というようになる
    でも親がはたちまで待ちなさいと言う
    そんなのヤダ
    あたしいくかんね
    そう言って 魔女のほうき片手にひとりだちする
    だれもが若かりしころする はやすぎた青春です

    なかなかいい街がみつからず
    どしゃぶりにもあい 電車ににげこんだその明日
    彼女はみた とてもきれいな海にうかぶ街を
    ココっきゃない
    彼女は電車の屋根に登ってとびたつ



    この時の音楽がいい あきらかにやる気がちがう
    すごく金のかかった交響楽団でも使ってるみたい

    それまでわりと地味なはなしで
    ひっそりと話はすすむんだけど 急にここにきて壮大な音楽がながれて圧倒される
    この映画 そうとうスペックたかいぞ・・・・

    で 超でかい大都会につく
    やった
    あたしもこれで晴れて原宿ガールだ
    そんなはずむきもちで街中をかっぽし みしらぬおばさんに愛想までふりまく
    ・・・・・でもきづく みんなあいてに無関心
    田舎のそれとはちがうことに
    宿もとれない こどもが来るとこじゃないと追っぱらわれる
    警察にも追われる
    公園でコンビニ弁当かって過ごすもむなしい・・・



    これからどうしよう
    そもそもこんな街にきちゃったけど明日からどうやって生活しよう・・・・

    生活・・・・
    そうだ あたしなんか仕事しなきゃ
    でもなにをすれば
    すべてが闇・・・・
    いかん そのままいくとホームレスだぞ



    そんなとき どっかの人がさけんでた
    おしゃぶり忘れたよーって
    で 2km先のその客にあるいて返す気でいるらしー なんてムダなことを
    ならあたしが行ったげる

    高いところからとびおりたキキを見ておどろくおばさん
    でもなんのことはない 魔女にはあたりまえのこと
    それじゃ と帰ろうとするも
    そんな時にかぎって呼び止められる
    なんかお礼させて!って
    ・・・・なんておせっかいなおばさんだろう
    他のひとみたく無視すればいいじゃない


    ・・・・・で なんだかんだあってそのおばさんに気に入られて
    超格安でアパートをかしてもらえた
    パン屋のバイトしてくれれば朝ごはんも負担してくれるという
    やったー!
    すべての道がひらけて大喜びのキキ



    その後もトントン拍子にはなしがすすんで
    魔女であることをいかして 宅急便のしごとをおもいつき
    その初仕事ももののみごとに成功する

    そう すべてが順調



    と・・・・・子供のころはこのアニメがだいすきでした 前半までは
    だって前半明るいじゃない
    でも後半すこしキライでした なんか変に暗くなるから

    でもおとなになると
    このアニメへの感想は逆になります

    前半 不気味なくらい上手くいきすぎてて気にくわない
    後半げんじつをぶつけられて落ち込むキキをみて納得し
    それらをふまえて起き上がるキキの姿に感動する

    アニメというのは本来ちびっこ相手に
    歯の浮くような世界をみせて大喜びさせるもの
    それなのにこのアニメ
    あえてその鉄則に石なげちゃうんです
    「そんな話わざとらしー」
    「これくらいしたほうが自然でしょ?」
    って

    宅急便はそんな繊細すぎるアニメです

    じゃー後半はどんな話なんでしょー もうすこし話をつづける









    順調にみえた毎日もいずれ破綻する
    満面の笑みで いろんな手間暇かけてお客と一緒につくったパイは
    うわー まずそー
    の一言で片づけられる
    そして無愛想にもほどがある態度で戸をしめられる



    それに愕然とするキキ
    あんた いままでよくそんな目にあわずにこれたな
    これがげんじつだぞ

    しごとは光り輝くもの
    努力すれば誰しも報われるもの
    そう信じてうたがわないできたキキにはじめて不条理がおとずれる
    そんな世界は学校の中だけさ
    でもまだ子供の彼女にはあまりにも痛すぎる事実である
    それにふかく傷つき寝込むキキ






    ・・・・あーでもいい
    そんな話とうって変わって世界はきれい

    ひょっとしてこのオシャレな街を描きたくてこのアニメ描いたんじゃないか?
    っておもわせるほど4度見するほど街が海が 空気がきれい
    音楽も壮大になる



    このアニメ ここぞってとこですごい絵と音楽だしてくるから圧倒される
    いろんな話のごたごたがあったのち
    出会う感動 やすらぎ
    その場面のときだけ ためにためた美麗風景と音楽をばっと出してくる
    だから視聴者はみな感動するんだろう
    あーこんな街あるいてみてェ・・・・








    でも このあとすぐ幸せになれるほど話はあまくない
    まず ここでジジがしゃべらなくなる

    つらい めっちゃくちゃつらい


    「ぼくもおかあさんのほうきがいいと思う」
    「ちょっと大きすぎるよこの街・・・」
    「べつな街をさがそうよ おおきくても もっといい街があるよ きっと・・・」
    「キキ!みてみて!」
    「みつかっちゃうよ~!!」
    「あの人がたすけてくれたんだよ」
    「安心するのはご用心!」


    このアニメでジジのしゃべりは割と生命線になってた
    キキが無言でなにかんがえてんだかわかんないときとか
    その心情を代弁してて みてるひとでもどういう心境なのかわかるようになってた
    それキキに言わせちゃうとわざとらしいものね

    それが
    ここにきてまったくしゃべらなくなるのだ きっついわ・・・・



    なにもいわずウィンナーだけくわえて逃げていく
    これが当時こわかった

    ほんとにこれからは一人なんだ キキは
    そして魔法も消えてた
    あんなにあたりまえに使えてた魔法がつかえない
    ・・・・・・・じゃあ いまのあたしはなんだ?
    こんなでかい街になにもない子供がきてどうしようって言うの?

    その事実に彼女は愕然とした







    完全におちこむキキ
    ここからがこのアニメが伝えたかったことです
    ウルスラがやってきます
    まえに猫の人形を直してもらった口うるさいお姉ちゃんだ

    その人が急にきてこう言う
    あたしんち来てみない
    あそぼーよ


    ポカーンとするキキ
    ほんとならこんなことしてる場合じゃない 
    でもいまはどうすればいいのかわかんない
    なんで言われるままにバスにゆられるキキ



    バスはじぶんの暗い気持ちも気にせずすすんでゆく
    窓の景色がせわしなくうつり変わってゆく
    妙に優しい音楽とともに・・・・

    バスをおりると野っぱらがあたりにひろがっていた
    そう じぶんの家の近くのように・・・・
    で 家につく

    そこできらくにたのしくUNOをし 釣りをし
    桃鉄をし ふたりはたのしく休暇をすごす
    あたしにもこんな日が送れたんだということをおもいだす

    そしてその夜 ウルスラはいう


    あたしさ きみくらいのときにゲームやろうってきめたの
    ゲームするのたのしくってさ 食うのがおしいくらいだったんだよ
    それがネ ある日ぜんぜんやれなくなっちゃった
    やってもやっても気にくわないの

    それまでのプレイ だれかの真似だってわかったんだよ
    そんなのだれでもできるってね
    自分のプレイをやらなきゃって・・・・
    つらかった?
    それはいまもおなじ
    でもね そのあと
    すこーし 前よりゲームするってことわかったみたい



    ゲームってさ ただしてるんじゃないんだね
    うん 血がさせんだって
    オタの血か いいね あたしそーいうのすきよ

    絵馬の血
    ギャルゲの血
    スパロボ民の血

    神さまかだれかがくれたちからなんだよね
    おかげで苦労もするけどさ

    あたし ゲームってなにか考えたこともなかったの
    するのなんて意味のないお遊びだ っておもってた
    でも縛りが出来ちゃって とてもうれしかったの
    ただのプレイじゃただブラブラしてただけだわ



    この場面がこの映画のすべてです
    「 この場面をいかにさりげなく 自然にだせるか 」で
    この映画はできています
    キキが今後成功しようが失敗しようが関係ない
    ほんとにこの映画がしたかったことは
    いまこのアニメをみてるあなたにこの数分間のメッセージを伝えることだった
    そしてすこしでもあなたの現実を変えてほしかった
    そう願ってるのがこの映画です


    じぶんが大事にしてるとおもってたものも
    気がつけばじぶんの手で泥をぬってることがある
    それを取ろうとひっしでタオルでふいてもふいても血まみれで泥まみれにかわってくの
    そしてその原因がそのうす汚れたタオルにあることにさえ気づかないの
    若いってそいいうものさ
    だから あがくのをやめるの
    一度冷静になってみるの

    そのひっしでふいてるタオルを 手を じっと見てみる
    血まみれだ

    とりあえず手をふこう べつのタオルを買ってこよう
    そう気づけば何かがすこしづつ変わってゆく


    その後はキキは開眼し
    そこらのおじさんのうす汚いほうきをかりて空をとび
    メガネの腕をつかみ大団円します

    でもそんなことはどーでもいい
    この場面で
    キキにまた魔法が訪れるってことはわかってたんだから
    わざわざ 巨大飛行船が塔にぶつかる!
    みたいな嘘くさい話はひつようなかったんだ

    もうこの時点からキキの下降線はとまった
    わずかずつだけど前に歩きだした
    それさえわかればそれでいい








    あいかわらず下手ねぇ!

    魔法がじぶんを出してとぶことを指すのであれば
    キキは前のキキより
    力強く正確にとべるようになったことでしょう
    唐突な理不尽がきてもたおれない心を身につけたのだから

    そう
    だれでも魔法はもっているものなのです
    あなたの魔法は何色ですか
    まだがんばれば出ますか
    そんなもの もうないわ と鼻でわらいますか
    こう言える日が来たらいいですね

    おちこむこともあるけれど わたしこの街が好きです










    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。