ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

my pick up女子キャラ⑦
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

my pick up女子キャラ⑦

2021-04-01 23:58




    Aero partsって字が脳内でアエロパーツって誤変換しちゃうアダンソンです

    ひさしぶりに好きな女子キャラがおもいうかんだんでまた紹介してみるよ
    今回はすごーいじみだけどすきだから紹介しちゃう

    あなたのいちおしのアニメキャラはどれだ!
    って今世界中のひとにきいたとして
    このキャラをあげるひとはおそらく世界で4人もいない!
    そんなキャラはこいつだぁああああああああああああ

































    ベスです 
    若草物語にでてくる三女です




    若草物語ってアニメは
    アメリカの南北戦争にまきこまれやばいから引っ越した家族が
    急にびんぼーになり困りながらも
    なんとかそこそこの生活をしていけるので
    なんとかまえむきに生きてこーと家族一丸になってがんばってたら
    たまたまお隣さんがすごいお金持ちのおじさんで
    なんだかそのひとたちと仲のいい親戚になってわっはっは
    そんな話のアニメです

    べつにトラップ一家物語みたいにさいご結婚しましたとか
    あしながおじさんみたいにさいご結婚しましたみたいな
    そういうあざといたまのこし物語にはならず
    ただわっはっはでおわる話
    それが若草です
    (まー正確には ずーーーーっとあとにその豪邸の息子とエイミーは結婚しちゃうので
    ある意味これもたまのこしですが)


    まーそんな細かいはなしはどーでもいいとして
    このアニメで重要なことは
    絵がきれいってことです
    いや
    絵っていうかキャラ絵がきれいだってことです

    もっとわかりやすくいいましょう
    世界名作劇場史上 最高傑作の美麗キャラグラのアニメになっています

    だからわりとただキャラが動いて物しゃべるだけで感動する
    (ストーリーになにはなくとも)







    こんな言い方しちゃうといいもへったくれもないとおもいますが
    じぶんが若草物語について感想を正直にいうと
    絵がいい!!
    じぶんの感想はほぼこれです

    正直ストーリーの魅力みたいなもの自体はぶっちゃけうすく 2割ていど
    というより絵のよさが8割
    なので
    キャラ絵がめちゃかわいいから ただ動いて ただしゃべってくるだけで感動!
    まーそうおもっちゃうかんじのアニメです

    このアニメでいちばんめをひくのがベスなんです



    ベスは4姉妹の3女ですごくじみな子
    みんな多少 我をもってる姉妹ですが
    この子だけじみ
    48話 山あり谷ありのストーリーが巻きおこりますが
    ベスだけは一貫して心おだやかな性格のまま日々を過ごしていきます
    いろいろな出来事がこの4姉妹家族にふりかかり
    そのたびに4姉妹がそれぞれの意見をいいあうんですが
    よーく聞いてみてください

    いつもベスの意見があたってます

    そのことにきづきはじめてからすごく好きになった そんなキャラがベスです

    じゃーそういう部分はどこなのさ!と言われると
    各所いたるところにあるので紹介しきれません
    なのでとばします(ぇ

    しょーがないんで自分がとくにすきだったベスのシーンだけ抜き出して紹介ー

















    はじめは2話 ミルキーアンの回~

    なんか雨の日 ベスがひとりで家路につこうとしてるとき
    影から子猫がしょぼしょぼ歩いてきた
    そしたらうんわるく馬車に引かれかけ 冷たい水をおもっきしかぶってたおれる猫
    こんな場面をほっとけるベスなわけない



    ああ!

    おもわず傘をすてて駆けよるベス


    そしてそのまま家にかけこむ



    日ごろいそいそとつつましく歩くベスが 今日だけはおおあわてでイスにけつまずいて
    にぎりしめた猫ごとぶったおれそうになる始末
    それほどの一大事なのだ

    だってこれだもの



    この猫 しにそうなの
    わぁ
    早くふいてやらなくちゃ エイミーふくものを持ってらっしゃい
    え あ わたしが




    タオルをとってくる もってて!

    あまりに行動がおそいエイミーに業をにやしかっとんでいくベス
    すげーー いつものベスじゃないみたい
    よっぽどしんぱいなんだ 子猫が



    とりあえずタオルでふいてはみたものの子猫は意識がない
    どーしようかみんなで相談する
    きっとおなかがすいてるんだ とミルクを出して見てもそれどころではない様子



    やっぱこごえてるんだ
    とわかっても季節は夏で暖炉をもやす薪がない
    いろいろなやんだ結果
    人肌であたためるしかないということに

    こんな濡れて雑菌まみれの濡れぞうきんみたいな猫
    だれも抱きたがらない面々
    ベス本人さえ 相当まよったあげく こぼす



    やるわ 私

    ジョーも言う
    そんながんばったって良くなるかわかんないわよ
    長女のメグでさえ ベスと交代して温めるのをいやがる
    そんな中ベスはひとりでがんばる
    そしてその夜
    果敢に交代をかって出たジョーがきたとき容体がかわった

    どう?
    動きだしたわ




    あんなにこきたない猫が 綺麗な白猫に変身

    まーそんだけの話なんですが地味にすきな話
    ベスらしさがてんこもりの回だから









    ベスというとあと一つ紹介しないと
    つぎは23話ー




    あるとき 金持ちのお隣さんからお茶に招待される姉妹
    いつも家でぼーっとしてるベスもその余波をうけて連れてかれそうになる



    あ ベス いきましょうよ はやく
    どこへ
    おとなりのローレンスさんのお宅よ
    私が どうして
    お茶によばれたのよ私達 ローレンスさんに
    あ あのこわい顔をした?
    こわくはないわ
    ・・・ありがたいけど あたしお断りするわ
    え どうして きっとお茶だけでなくケーキもでるわよ
    わたし えんりょするわ
    ローレンスさん お隣どうしこれからもなかよくして行きたいっておっしゃってるのよ
    今日はほんとにかんべんして・・・
    あたしあの方のそばへいったらきっとふるえだしてしまうわ


    あまりに顔がいかついおじさま相手にこわがるベス
    結局お隣にいかずじまい

    だけどジョーとエイミーがお隣へいき
    ローリーのピアノの音が奏でられたとたん気になってしょーがないベス



    そしてじっと窓のほうをみる
    じつはベスもピアノが大好きだからだ

    ベスはナイーブすぎて 弾いてるローリーの前まで立とうなんておもわない
    そんなことできない
    ただ
    ナイーブなひとならひとなりに物事をたのしむ術はある
    それはひとによれば動画編集だったりカメラだったりビリヤードだったり演奏だったりする
    そしてそんな似た波長をお向かいからかんじる・・・
    だからベスの顔にはうっすら笑みすらうかんでる

    そして彼女はため息をつく

    ハァ
    ベス いかないの いま ひまなんでしょ
    は ええ
    そんな調子のはずれたピアノじゃなくて
    すばらしい音がするグランドピアノが弾きたいんでしょう?




    ローレンスさんがわざわざ
    いつでもすきなときにうちのピアノをひいていいっておっしゃってくださったんですもの
    おとなり行ってひいてらっしゃいよ
    こわいのよ
    ローレンスさんが?
    ええ もしおとなりへ行って あのひととばったり顔をあわせてしまったらってかんがえると
    からだがふるえてくるの


    家にピアノはある
    でもオンボロすぎてまともに弾けやしない そのことを嘆き
    おとなりのピアノをうらやむ
    でもこわすぎて行けない

    けっきょくジョーにお願いすることになる

    あら なぁに
    じゃま?
    いいえ ひさしぶりに小説をかいたわ
    すごい・・・
    何か用~?
    ぇ ええ
    今度のはけっさくだわ 
    ・・・・おとなりへ行ってくれない?
    ぁ?




    グランドピアノをひいてみたいの あたし
    でもひとりではおとなりへゆく勇気がなくて


    めったに相手にわがままをこぼさないベスが
    いつになく積極的に姉にお願いをしてく
    よっぽどピアノがすきなんだな
    その切実なおもいをうけ ベスとジョーはいざお隣りへ

    にしても気弱なお客さんであるベスにたいしての
    お隣さんのきづかいぶりの徹底ぶりがすごい



    家のひと全員には話をしてあるからリビングルームへ行って自由にピアノをひいていいって
    しんじられないわ・・・

    お隣りさんの家に入ったのがローリーにばれると
    ローリーさえ気をつかってあわてて自室にもどる始末(下になにか用があったのに)
    それくらいやってくるのが奇跡なそんざいがベス
    そして
    幾多の困難をくぐりぬけ ベスはピアノ部屋にやってくる
    そしてジョーは言う

    ピアノはあそこにあるわ



    その言葉に おずおずとしてたベスのこころがさわぎだす




    そしてひとたび鍵盤をたたけば こぼれる音に感激



    ああ やっとこころおきなく弾ける ぞんぶんに自分をだして弾ける
    いつになくこころをめいっぱい開いて弾きがたるベス




    書斎で仕事をしてたローレンスもベスの音色にきづくと
    日頃の怖い顔もどこへやら
    孫娘でもきたかのようにニッコリである

    このおじさん
    はじめは昔しんだ孫娘のつかってた楽譜をひっぱりだして
    ピアノの前に置いておいただけだったのに
    あまりにベスが夢中になり全部ひいてしまうものだから
    わざわざ新しい楽譜を注文してきちゃうしまつ
    ほんとに孫娘のようにかわいがる有様である
    そしてローレンスはこぼす

    あの子がくる前に置いておこうと思ったがわすれてしまった
    おまえが持っていってやってくれ
    どうして ごじぶんでもっていかないんです?



    私なんぞが部屋に入ってきてはきっと震えあがってしまうよ



    そんなローレンスのしんぱいとは裏腹に
    ベスは逆にいそいそと裁縫をしていた
    グランドピアノをひかせてもらったお礼にお手製のスリッパをつくるのだという



    ろくにあいさつもできてない相手のためにスリッパを作り
    目もあわせず
    こっそり相手のくる部屋にプレゼントをおくベス
    感謝はしてるのにそれでも面とむかって手渡せない
    そんな子がベス


    そんなこんなな日が過ぎてしばらくすると あることが起こる







    さいきんのベスはおやすみモード
    家でぽんこつピアノをふいて過ごしてる
    なぜなら
    じぶんが長時間ひくことで屋敷じゅうの人の仕事や
    ローレンスさんの休日の妨げになってると察したからだ

    そんな日々をすごしてたベスだったが
    ある日とんでもないことがおこった








    お隣りさんに気をつかいながらもたまにまたお隣にあそびにいって・・・・
    のような日々をつづけていたベスにそれは起こる
    いつものように家につくと部屋にとんでもないものがあった














    じゃじゃ~~ん
    ハァ
    このピアノは
    あなたのピアノよ ベス

    あまりの感動にふらふらで
    ローレンスが寄せた手紙にすらめが通せない始末のベス
    かわりにジョーに呼んでもらう

    拝啓
    わたくしはこれまで数多くのうわばきを使用してきましたが
    あなたさまがお送りくださったお品ほど足にピタリとあったものはありませんでした
    それにだいすきな三色スミレのぬいとりのすばらしいこと
    これからは このぬいとりを見るたびに
    やさしい送り主の顔をおもいうかべることでしょう
    さて ささやかなお礼として
    亡き孫娘の形見の品をお送りする光栄を老生におゆるしください
    伏してお願いもうしあげます




    最後にあなたさまのご多幸をこころからお祈りいたします
    あなたの友 ジェームス・ローレンス


    もらって早々 家族にせがまれさっそくピアノをかきならすベス
    そして開始数十秒でほおりなげる
    あたし こんなことしてちゃいけない



    私おじいさまにお礼をいわなくては
    おかあさま 今うかがってもいいわね!?


    超こわがりのベスからまさかの大胆はつげんがとびだす
    他人のうちに こんな急に
    ましてやあのイカツイおとなりのじっさまに会いにいこうと言いだすベス

    はかりしれない感謝でもうしわけないから
    いまさら怖いとかしったことか
    一人かけだすベス



    書斎をノックすると
    ローレンスのつっけんどんな返事がかえってくる
    恐怖が再燃するも
    のみこみまた一歩・・・書斎へ入るベス



    その気配がしても微動だにしないローレンス
    どーせまた召使いか何かだろう
    なんも気にせず仕事の資料に目をとおす


    そして数秒


    やけに長い沈黙に 異変を感じてすこし目をあげる老人
    そして驚愕するローレンス
    そこにはいもしないはずの子がたっていたから
    ちいさい声でベスは言う

    わたし お礼にきたんです
    だって あんまり うれしくって




    あ~いいはなし








    こんなふーに
    ベスは日頃きよわで どーしようもなく臆病な子
    でも みすごせないものを見ると
    日頃在庫にない勇気 元気をむりにだして
    ないちからふりしぼるのがベス

    どこまでもひんじゃくで でもどこまでもひたむき

    そんなキャラは
    いまのアニメでも正直たくさんいるでしょう
    でもいまどきのアニメでみるそれは嘘くさい
    あーこの路線のキャラひとつおいとけば売れるだろ
    そうおもわれてるかんじがして
    かろんじられてるかんじがしてすきじゃない

    でもベスは別

    どこかほんとにリアルでいそうな すぐひしゃげそうな子が
    ひっしでがんばってるようにみえるから

    ちいさなことでつまずきおもいなやむキャラをみてるとなんかげんきでる
    なんだかどこかじぶんと似てるかんじがして



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。