ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • ニコニコタワー 積み上げ選手権ゲーム攻略

    2019-08-07 14:51

    ニコニコゲームのタワーにおいて コミュニティ単位で記録を競う対抗戦
    というアイデアは最初は大変秀逸と思った

    大手で人数が多いとふざける奴が多すぎて絶対に記録が伸びない
    少数生主が輝ける企画と最初は思ったのだが

    タワーはみんなでわちゃわちゃ楽しむのはなかなか面白いゲームだ
    ただガチで記録を狙うとなると攻略方法は自ずと洗練されて
    セオリーが確立していく

    安定した(かつ距離を稼げる)形ツモるために文字数を限定する
    アカウント名最大の16文字だけの参加者にしてもらう

    縦置き厳禁、この形はコレあの形はアレ、
    この形は同じ形と点対称で置く
    次のツモを見極めてスルーも大事

    どんどんセオリーが確立していく
    これがプレイする上での個人のセオリーそして

    コミュニティとしてはこのセオリーを熟知している人だけを如何に選抜していくか
    如何にエンジョイ勢やおふざけ、荒らしを排除するかという攻略法が確立する
    初心者歓迎なんてしてられない それじゃあ記録は伸ばせない
    ガチでやるならブロック機能がほしいがゲームにはないつまり
    邪魔者を排除するにはコミュニティ限定にすれば排除できるようになる

    結果、記録を伸ばすためにはコミュニティ限定でメンバーも厳選
    波乱無く淡々と機械のように置きやすい形を選び取り置く無言プレイになる

    ニコニコしたゲームでもなんでも無い
    まあネット協力プレイを突き詰めるとこうなるものだね

    もっとエグいこと言えばガチのガチのガチで順位を上げるには
    自分以外の良い記録出しそうなコミュニティを妨害する
    よほどあからさまにやらなきゃ 妨害は排除しきれない
    初心者と区別つかないし そうすっと余計に、限定枠にしない楽しい放送枠は
    記録出せなくなる

    8/8(木)に中間発表があるが それによりベスト10は恐ろしい数字と
    ガチガチのコミュ限チームばかりという情報が発表され
    こりゃ無理だと企画参加数は一気に減るだろ


  • 広告
  • 『はじめてのはたらくくるま』(講談社ビーシー)についての件

    2019-07-26 15:05

    問題点はクレームに安易に迎合して増刷しないと決定したこと
    出版しておいて著者が簡単に趣旨を改めるとは思われないので
    増刷しないという決定を誰がしたのか
    仮に出版社が勝手に決めたとしたなら
    昨今のパワハラ会社と所属する表現者との権力の差という問題にもなる

    増刷しないという決定した者は誰なのか
    著者は当初はどう思っていたのか
    クレームに対してどう思っているのか
    今現在はどう思っているのか
    が明らかになってほしい
    それはジャーナリズムの仕事かな

    山田太郎にこの件を突っ込もらうのは難しい
    どんないかれた主張であっても批判もまた許されるべきだし
    批判に対した反応もまた自由
    与党自民党の議員が「批判は素晴らしいからよし」とも
    「批判は許されない 増刷しないなんてダメ これから増刷しろ」とも
    言ってしまったり命じてしまうのはそれこそ自由の毀損
    つい最近の遊戯王キャラの政治的発言と批判と謝罪の問題と
    相似形になってると思う

    権力による規制には断固として活動してほしいが
    逆に民間の批判活動や言論 さらに批判された対応
    に対しては国会議員自体が権力なのだから
    抑制的である必要がある

    クレームした各団体はこのように主張している

    子どもの本・九条の会(代表・丘修三)、日本子どもの本研究会、親子読書地域文庫全国連絡会(代表・原良子)、そして私たちの日本児童文学者協会は、講談社ビーシーに、本で子どもに伝えるべきは、人種、性別、国境を越え、友情と平和を語り続けることではないかと、意見書や要請書を出してきました。

     むろん、言論出版の自由の立場に立つ協会は、販売停止や絶版は求めていません。

    引用ここまで

    これが事実なら彼らの主張自体には賛成できないが主張の仕方としては真っ当だと思う
    やはり講談社ビーシーが出版しておきながら表現者としての矜持、プライドがなかったのだろうか
    どうせ幼児書なんて売上が大きいものではないだろうし
    利益を追求する中小企業としては クレームにはハイハイ言って
    増刷しないと言って納得してもらうのはしょうがない対応策なのかなあ
    (そもそも増刷予定があったのか)別に回収まではしないようだし
    たいした手間ではない空手形を出してあげただけなのかも
    ただしコレが前例となって成功体験を与えてしまったとしたら
    今後幼児書を出すたびに諸団体にお伺いを立てるのか
    あるいは他の団体からのクレームにはどう対応するのか
    悪しき前例を作ってしまったと思う
    もっと無難に「皆さんの意見を参考にしながら よりよい本づくりをこれからも進めます」
    くらいの返答で済ませられなかったのか 済ませられないようなごつい圧力があったのか

    新日本婦人の会 京都府本部 @NJWAkyoto
    このアカウントが非難轟々の中でそれでも考えを変えないのはそれはそれでいいと思う
    その根性が出版サイドになかったのが不思議

    これが万人に納得できる瑕疵、
    誤字脱字や明らかな事実誤認、名誉毀損や個人情報があってプライバシーの侵害になった
    このような状態ですぐにそのミスを認めて改める、改訂版を出すなどの対応だったら
    むしろ美談なのに

    やはり批判意見をについて社会でどの程度賛成されるかも問題なのかなあ

    「3-6歳の幼児向けの知育図鑑としては適切でなかった」
    これは賛否あるだろう 逆にこれこそ幼児に与えたいという意見の封殺になってしまったのが問題
    「私はふさわしいと思わない」「これは幼児に与えないようにしましょう」という
    他の消費者に向けて同意を求める運動こそが言論活動としてするべきであって
    やはり直接に出版社に抗議するような「当たり前の正論」ではないとおもう

    「30ページ中の6ページが多い」か少ないかというのは
    6ページだけ切り取れば多いけれど 他の車は24ページもある
    20%は妥当とも思うし 多すぎと感じるのもそれはひとそれぞれだけど
    ページの多寡は本の個性の範疇でやはり抗議するべき内容じゃない

    「航空自衛隊の飛行機も海上自衛隊の艦船や潜水艦もあるけどそれはくるまじゃない」
    これはぐうの音も出ない正論ではあるけど 間違いやミスってわけじゃないし
    他の乗り物もってことで解説本がある程度逸脱したジャンルについても語るのは悪いこととも思えない

    「戦車や装甲車はくるまというより武器でしょ?」
    これについては「白馬は馬にあらず」のような詭弁でしか無い
    戦車は武器ではあるとおもうが 武器だから車にあらずなんてことはない
    武器であり かつ 車でもある が当たり前の論理だろう


    私個人としてはもちろん反戦であり戦争は嫌だ
    だからこそ自衛隊には防衛力を誇示して抑止力となってほしい
    幼児には戦車などの武器となる車もある事実をきちんと教えて
    機能美としてはかっこいいし 人を守るのは大切だけれど
    人を傷つけるのは良くないね と教育をしたい



  • わりとガチでマジで政治を変える方法と 山田太郎さんを支持するということ

    2019-06-09 13:534




    表現の自由を尊重することは当たり前の理屈であって
    科学的統計的エビデンスもないのに表現規制するのは
    文化にも経済にも害があり かといって
    規制したからといって児童を守ることや教育に利があるわけでもない
    百害あって一利なし だとは思っていたけれども

    正論がただ正しいと言うだけでは政治にはなかなか届かない
    代議士制度の民主主義社会においては
    選挙で立候補してくれる候補を擁立し 投票して当選させる
    代表者を議会の場に送り込んで主張する

    そうやってこそやってほしい政策を実現させることができうる
    それができないと正論だとしても無視されてしまいやすい

    政治家なんて誰に投票してもどーせ同じ、と政治に期待しない人々も多いだろうけど
    頭のいい大人はほくそ笑んでいたんだな
    そりゃお出しされた政治家をチョイスして投票だけじゃダメだったんだ
    選ぶだけでなく送り込む。
    「代表を擁立して代表に投票して議員を送り込む」
    こうすれば政治は変えられる 動かせる

    投票に行けば 風を起こすことはできるけど
    その風を受けて国会で働くひとを用意してこそ 風が活きるんじゃないかな

    国会は代表となる人間を送り込んで押し相撲しあう場所

    というか大人たちはそうやって政治を今までも今現在も動かしている
    医師会やJA、薬剤師、みーんなそうやってる

    民主主義とは 我々民衆一人ひとりの不断の(普段の)努力でこそ
    より良く運営されていくものなのだろう わりとめんどくさいものなのな
    かつて「代表なくして課税なし」といって独立戦争したり
    選挙権を求めて戦った人々に比べればラクなものだろうけど

    その点において表現の自由によって恩恵を受けている人々は
    今までは全体として力不足であったのかなあと反省したりする

    逆に 表現規制推進サイドの人々はその趣旨には賛成出来ないけれど
    たゆまぬ努力と組織力 ロビイング
    政治にかかわろうとする熱心な活動だけは 見習う点があるのではないかなあ
    宗教が絡んでいたり警察組織の権力拡大という狙いもあるんだろうし

    さて表現の自由を守るために 神輿となるべき人物をどうするか
    議員候補となるべき 目的に賛同してくれる有能な人
    現在の地位をなげうっても議員になってくれて顔出しOKな人
    普通はこういう人を探し出すのはとても大変だろう

    ちょうどいい人が実は居るんですよ奥さん

    山田太郎元参議院議員の任期中はとても頼りになる活動をしてくれた
    「神輿を担ぐ」こと自体が大事なところでこのお神輿がまた有能で、ええ仕事するんです

    しかし山田太郎さんの最初の当選は「我らの力で勝ち取った」というものではないと思う
    それなのに山田太郎さんは自由を守るためにがんばってくれたのである
    山田太郎さんは参議院議員の現役だった時
    「正論をただ正論だから(票につながらなくても)国会で活動してくれた」議員だったのだ

    我々の為に戦ってくれたヒーローだが 我々の手でその立場に押し上げたとは言い難い
    なぜだか僥倖でふらりと突然と現れてくれたヒーローなのである

    そして今また みたび山田太郎さんは立つ 立ってくれた
    こんなに推したい旗頭 議員になったらよく働くのが確約された人も珍しい
    というか山田太郎さんは議員である時も議員でない時も
    バズる時もバズらない時も変わらず常に 活動してくれている
    表現の自由をずっと守ってくれているのである

    山田太郎さんの活動から恩恵ばかり受けて
    俺はまだ全然 恩を返しきれていないとも思う

    ここまでお膳立てされてプッシュしないのはもったいないのである
    山田さんが政界全体に、他の政治家や官僚、政府や官邸に
    俺らのパワーを可視化(見える化)するチャンスをくれた

    ここでドカンと票数を取れば政治全体が俺らを大事にする大チャンス
    逆に票数を取れなければ 悲しいことだが重視されないだろうし
    これは脅かしてるのではなくて予測される現実だし
    代議士制民主主義の制度ではそうなるのは仕方ないのだとも思う
    悪い方向を考えるより明るい未来を考えたいし実現したい

    ここで万が一にも山田太郎さんが落選したり
    当選してもギリギリの票数であった場合と
    山田太郎さんがかなりの得票で当選する場合
    この2つのルートの政治は、マンガやアニメの自由な表現は 
    明らかに段違いに変わると思う

    我らの秘められたパワーを出す絶好の機会である
    山田太郎さんをみんなの力で押し上げて国会議員になっていただきたい
    山田太郎さんが党内でデカイ顔できるようにしたい
    そして応援し続けていきたいなあと思う

    前回3年前の参議院選挙で落選するも29万票取った
    今度はできればそれ以上の票数を取って当選させたい
    そしてまた3年後の選挙でもがんばる

    3年前の参院選で俺は結構頑張ったので またかよ 大変だなあとも思うが
    選挙とは政治とは ずっと息長く続けていくべきものなのだなあ
    だって日々の生活と同じだもんね 政治ってね 

    これがうまく行けば 組織も団体もなく
    ウェブ上で信頼だけでつながる 新たな形の政治勢力
    クラウド型政治集団の先駆けとなるかもしれない

    具体的にさてどうするか

    もちろん投票しましょう
    日本全国どこからでも山田太郎さんに投票できます
    次回参議院選挙 選挙区と全国比例区 二枚の投票用紙があります
    全国比例区で 山田太郎 と書きましょう
    さん とか 記号⋈ とか付けちゃうと無効票になる危険があるのでお気をつけて

    そしてできれば 自分以外に支持を広める行動をして欲しい
    やれることだけで いいすこしでいい 一歩だけでもいい やりましょう

    ツイッターやラインで拡散 RTなどもしてくれると嬉しい
    みなさんそれぞれ自分の言葉での発言もしてくれないかなー

    仲間に家族に友達にもお願いしよう
    (あんまり長く語ると引かれちゃうので控えめに 短く簡潔に)

    できれば支援団体を広げ
    出版社や作家や漫画家の皆さんにも支持の宣言をしてほしい

    私自身もまずはこちらのチラシ配りボランティア やってみます
    https://taroyamada.jp/?p=10280

    まあできる範囲でいいので
    俺は名古屋フォーラムを時間を間違えて出発しようとしたらもう終了時間で参加できなかったという
    うっかりさんなのであまり偉そうなことは言えない

    この記事はどんどん広めてほしいし
    ネットだけでなく現実社会全体に広がっていってほしい