あなたの町の消防団
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

あなたの町の消防団

2013-09-27 14:22
    「消防団」という組織をご存知でしょうか?
    「名前だけなら聞いたことある…。」って方は多いでしょう。
    しかしながら、その詳しくを知っている人は少ないと思います。

    消防団とは、ざっくりと言うとボランティアの消防組織。
    実際、消防団の英訳は"volunteer fire department"となります。
    ※他にも"fire corps", "volunteer fire corps",,, 等、英訳にはいくらかパターンはあります。

    しかしボランティアの消防組織といっても、その実態はどういうものでしょうか?
    ちょっと見てみましょう。



    1. 消防団ってそもそもどんな組織?

    消防団の成り立ちは、江戸時代まで遡ります。
    「自分たちの地域は自分たちで守る」という精神で、火災の際には火消しを務めていました。
    当時は消防車やポンプなんてものは当然ありませんので、
    燃えている家の隣接家屋を破壊することで、延焼を防止するのが主な活動でした。
    その為、火消しはほぼ全員が大工さんなどの建設業の人でした。

    その後、文明開化に明治維新、そして戦争での変革を経て、
    現在の消防体制が築かれたわけです。
    その体制は、常備消防と消防団という2つの組織による消防体制。

    消防と言われたら、普通、
    皆さんは住んでいる市町村の消防局や消防組合を思い浮かべると思います。
    あるいはそこで働く、消防を職業とする方々を思い浮かべるでしょう。
    これが常備消防で、24時間体制で火災に備えているわけです。

    これに対して、江戸時代の火消しを引き継いだのが消防団。
    普段は各々の仕事をしながら、火災発生時には消防吏員として活動するのです。
    つまり、消防団員は火災が発生したときのみ消防員なる人、というわけ。
    消防団は、火事の時だけボランティアで消防員になる人たちの集まりなのです。



    2. 消防団は具体的に何をしているのか

    前段で軽い説明をしましたが、ここからは具体的に消防団はなんなのさ、という話をします。

    ・消防団は消防局・消防組合と同じく、「消防組織法」に定められる消防組織。
     ボランティアだからといって好き勝手消防団が活動しているわけじゃーありません。
     実は消防団も消防局・消防組合も、同じ法律で消防組織と定められているのです。
    消防組織法第9条
    市町村は、その消防事務を処理するため、次に掲げる機関の全部又は一部を設けなければならない。 一 消防本部   二 消防署   三 消防団

    ・消防団は更に地域ごとに、「分団」という単位に区切られる。
     消防団はその市町村全体で1つ置かれます。しかしこれでは単位が大きすぎるので、適当に区切ります。
     大抵の場合は小学校の校区や、もともとその地域で採られてきた区分を用いて区切ります。
     消防団によって、「日本分団」のように地名を冠するか、「第1分団」のように通し番号を付与するかは異なります。
     多くの場合はこの分団単位で活動が行われます。
     また、分団の管轄区域が広すぎる場合は、適宜「班」を設けてさらに区割りします。

    ・消防団は消防局と同じだけ出動するわけではない。
     これを聞くと意外に思われる方もいるかもしれませんが、消防団は全ての事故・火事には出動しません。
     というのも、これは消防という仕組み、そして消防団の性質によってそれはしないのです。
     例えば、交通事故。交通事故では車内に閉じ込められた人を救助することが大事です。
     しかしながら消防団員は救助について全員が学んでいるわけではありません(学んでいる地域もある)。
     この場合、ロープ、カラビナ、チェーンソー等の器具工具を使った救助作業になることも多いですが、
     ミスが人命に直結する物だが、その教育を受けていない消防団員には触らせられない、という点が1つ。
     
     もう1つは、一般的な交通事故の場合、消防車をそこまで必要としない点。
     車上火災は危険ですが、交通事故を起こした車の全てが車上火災を起こすわけではありません。
     その為、車上火災の危険性がなければ純粋に救出活動が消防の活動となりますので、
     消防団が出動する必要がないわけです。
     しかし、逆に言えば車上火災の危険性があれば消防団は出動することになります。

    ・出動以外では、消防団は訓練や警戒をしたりする。
     火災の時に火が消せない!では困るので、当然日頃から消防団は訓練を行います。
     地域によって大きく異なりますが、毎日している所もあれば月1度未満という所も。
     これには、団員不足、サラリーマン団員の増加、過疎化都市化の問題が絡んでいます。
     
     その他、空気が乾燥し火災が起きやすい冬場などは、パトロールをすることもあるようです。
     とはいえ歩いて「火の用心」ではいざ火事が起きた時、すぐに対応できないので、
     大抵の場合は消防車に乗ってパトロールをするようです。

    消防団はだいたいこんな感じです。
    ちなみに、一回の出動に付き活動報償金などの名目で数千円が支給されます。
    要は出動の為にかかった経費と、本来働いており得られたはずの収入の弁償ですね。
    他、年数万円のお金・一定年数以上務めた場合は退職記念金が支給されます。
    しかし、いずれもあまり大きな額ではなく、そこがボランティアたる所以です、多分。
    そのためか、消防団員になっている人には大きく分けて下の2パターンあります。
    ・自分の町のために、人のために、災害を防ぎたいという意識高い人がなるパターン。
    ・町内会などで一定期間消防団員になることを強制されているパターン。

    また、活動に必要な物資は市町村から支給されますが、
    常備消防すら予算不足のご時世なので、消防団でも資機材不足で喘ぐ所も多いようです。
    そのため、自分たちの活動報償金から自分たちで資機材を買う所もあるんだとか。



    3. 消防団の今後

    自民党が「地域総合防災力整備促進法案」の提出を決めたことで、
    今後消防団の拡充も想定されますが、果たして消防団はどこまで役に立てるのでしょうか。
    ここで、毎度おなじみグーグル先生で、「消防団」と検索して、
    関連する検索キーワードを見てみましょう。旅行、勧誘、コンパニオン、勧誘・断る、と所々怪しげなキーワードが出ちゃってますね。
    これはどういうことかというと。

    自衛隊や警察もそうですが、消防は組織力がとても重要視される所です。
    上官は最適な命令を下官に下し、それを受けた官隊員はそれを確実に実行する。
    そして組織はそれがより迅速かつ安全に実行できるように組まれる。
    消防団も例外ではなく、親睦を深める為に旅行や飲み会もするわけです。
    まあ親睦を深めるために旅行や飲み会をするのは、どこの団体でも一緒ですね。

    ただ、消防団の場合、その行為や言動が槍玉に挙がることもしばしば。
    エッチなコンパニオンを読んでチョメチョメという話もあるとか。
    消防団という組織が多いので、絶対数が多いので余計にそういう話が目立つわけです。
    同様に、先述した不足する消防団の設備の為に使う「協力金」を寄付してくれないか、
    あるいは消防団員にならないか、という話も出てくるわけです。

    勿論、真面目な消防団もあるわけで、
    東日本大震災のときの消防団の活動を見れば、それを疑う余地はないでしょう。
    ※東日本大震災時、避難誘導、避難援助、救助、水門閉鎖などで活動していた消防団ですが、
     その団員の内、253人が津波に呑まれる等で命を落とした。[参考]

    東海・東南海・南海地震の発生への備えが叫ばれて久しい昨今、
    少しでも地域の防災力を上げることが喫緊の課題です。
    その中で消防団の拡充も視野に入れられています。

    もし興味があるなら、自分の町の消防団がどんなものか調べてみるのもありでしょう。
    真面目な消防団みたいだったら、入ってみると新しい世界が広がるはずです。
    そうでなくとも、救急救命講習会や防災講座などが消防局などで行われていますので、
    地元の消防へ問い合わせてみて、災害への備えを少しでも増やしていくと、
    自分の命や家族の命、ご近所さんの命を万が一のときに助けられるかもしれません。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。