ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

7日目!悪m・・あ、天使狩りと俺【BAYONETTA】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

7日目!悪m・・あ、天使狩りと俺【BAYONETTA】

2014-11-21 21:47
    ウィッチタァァァァイム(ソフラン)
    魔女が天使を踏んづけた事件の当事者である筆者ことオナードです。
    今回紹介するネタは2009年10月29日にセガから発売されたPS3/Xbox360用ソフトの
                  「BAYONETTA」


    まずはいつもの予備知識から。このゲームの開発はプラチナゲームスが担当しており、2006年創業という浅い歴史の中でかなり独創的なタイトル(無限航路やマックスアナーキー)を売り出していることで知られるデベロッパーだ。さらにこのゲームのディレクターは、あの
    デビルメイクライを開発したことで知られる神谷英樹氏。DMCを更なる高みへ・・・というコンセプトのもと制作されたクライマックス・アクションゲームなのである。
    ではまずストーリーから
    20年前に泉の底に沈む棺から蘇った魔女ベヨネッタ自身が魔女であること以外は殆ど思い出せないまま天使を狩る日々を送るが、突如舞い込んだ情報に導かれヨーロッパの辺境「ヴィグリッド」へとたどり着く。そこには彼女の行く手を阻むおぞましい姿の天使たちが迫っていた…。
    そう!今作の敵はおぞましい悪魔ではなく「天使」なのだ。我々が普段思い浮かべる頭に丸い蛍光灯つけて羽を生やした正義の味方という先入観はこのゲームにおいてはなんの意味もなさない。プレイヤー=ベヨネッタは彼らに敵意剥き出し大胆かつサディスティックに天使をいたぶって行く。

              足元にも銃がついているのでケリから射撃へつなげられる 
    このゲームはDMCらしく。銃(遠距離武器)と剣や体術(近距離武器)を駆使して華麗に倒す。



    武器の種類はリアルタイムで近距離1つと遠距離1つのセットを切り替えながら戦えるのでより多彩なコンボを繰り出すことも可能だ。
    さらにベヨネッタならではのアクションとしてウィケッドウィーブがある
                    服が髪の毛で出来てるので一瞬はだける・・ハハッ

    ベヨネッタが契約した魔獣(の一部)などを召喚してコンボに使える。これを用いて大ダメージを与えたときのコンボは爽快で演出も派手である。
    そして特徴の一つの
                 ウィッチタイム

                画面自体が暗くなるエフェクトが加わり、やりたい放題だ
    敵の攻撃をギリギリで避けると時間がスローになりコンボを決めれるチャンスにもなるのだ

                トーチャーアタック


               天使がケツを蹴り上げられてますよ・・・いいぞもっとやれ。
    拷問器具を使用した特殊攻撃。使用には左上の魔力ゲージ(青の球)を8つ消費する。その代わり、派手な演出、そしてボタン連打によってコンボやダメージも多く稼げる魔女のサディストな一面が一番如実に表されているといえよう。

    他にも大魔獣を召喚してボスなどに大ダメージを与えたり



    みずからビーストに変身するビーストウィズィン



    などといった豊富なアクション豊富な武器で天界や魔界を駆け巡り、天使たちをなじれる気分爽快なタイトルに仕上がっている。

    さらにこのベヨネッタは続編の「BAYONETTA2」も発売されており


    さらに強化したアクションを楽しめる。WiiU専用タイトルとなっているが十二分に楽しむことが可能。天使に悪いインプレッションを与えつつ本記事を締めくくる。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。