【艦これ】E-5-1レベリング【MI作戦】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【艦これ】E-5-1レベリング【MI作戦】

2014-08-25 12:15
    E-6の記事を書こうかなと思ったのですが、忘れないうちにまとめたかったので先に「E-5-1レベリング」について書いていきます。

    E-5-1レベリングとは、AL/MI作戦の5海域目の1マス目で撤退を繰り返すレベリング法で、簡単に言ってしまえば3-2-1レベリングと同じ方法です。
    なかなかこのレベリング法は効率が良く、イベント海域でドロップした新艦娘を育てている提督さんも多いと思います。
    では3-2-1との違いはなんじゃろなと、そう思ったのでまとめて記事にしてみようと思います。
    なお、時間単位の経験値効率は面倒なので検証していません。ご了承ください。正直そんなに変わらないです。

    【E-5-1レベリングの編成例】

    E-5へは連合艦隊で出撃しなくてはいけません。
    なので、第一艦隊には空母系が2隻以上、第二艦隊には軽巡洋艦1隻、駆逐艦2隻以上が必須となります。第二艦隊の軽巡洋艦は0隻でも2隻以上でもダメです。
    ということで編成例です。 ※あくまでも一例です

    [第一艦隊]雲龍・龍驤・大鯨・まるゆ・明石・伊8
    [第二艦隊]神通・時津風・島風・雪風・不知火・時雨

    必ず投入しなければいけないのは両艦隊合わせて5隻。残りの7枠は自由に選択していいと思いますが、第二艦隊の自由枠は対潜装備を積める駆逐艦が好ましいかと思われます。
    逆に第一艦隊の自由枠には対潜攻撃をしない艦を配置することで旗艦に必ずMVPを取らせる事が可能になります。
    駆逐艦のレベリングをしたいなら対潜装備をもたせた上で第一艦隊旗艦に置くと、Sランク勝利を狙いやすくなって良いかもしれません。

    第一艦隊の空母には何も持たせなければボーキサイトを消費することがありません。
    ただ、彩雲くらいは持たせた方が安定度が増すかもしれません。




    とくに育成したい艦が他に居なかったので正規空母4になっていますが、軽空母2隻にしてあとの2枠を自由に組んだ方がもっと効率がいいですね。

    【E-5-1レベリングのメリットとデメリット】

    このE-5-1レベリングは育成艦に必ずMVPを取らせることが可能であり、疲労度も(第一艦隊は)気にすることなくガンガン突っ込んでいけます。しかし、しっかりデメリットもあるので、箇条書きですがそれぞれ並べてみようと思います。
    [メリット]
    ・育成艦に必ずMVPを与えられる
    最大12艦に経験値を与えることができる
    ・資源の消費が燃料(と修復の鋼材)のみ
    ・被害を受けるのは駆逐艦や軽巡洋艦が殆どなので修理費用も非常に安い
    [デメリット]
    ・中破、大破率が非常に高く、バケツの消費は非常に多い
    E-6へ投入する艦を育てる事はできない
    ・1戦1戦の時間が少し長い
    ドロップが非常に不味い

    旗艦にMVPを必ず与えられるので、Sランク勝利ならばかなりの経験値を獲得することが可能です。3-2-1では撃ち漏らしてMVPを逃して疲労ついちゃって……ということが稀にありますが、そういった心配が全くないです。
    最大12隻の連合艦隊で出撃というのもメリットで、集中的に育成したい艦以外にも育成したい艦を第一艦隊随伴艦として投入することで、旗艦には劣りますがレベリングが可能です。第二艦隊にも経験値が入りますしね。
    また、対潜水艦マスでは弾薬消費がないという仕様なので、空母に艦載機を搭載しなければ出撃で消費するのは燃料のみです。その燃料も第二艦隊が軽巡洋艦や駆逐艦なので消費が少ないのも特徴です。
    出撃だけでなく修理の費用も安いです。被害を受けるのは第二艦隊のみなので、第一艦隊で修理費の高い艦を育てていても大丈夫!これは嬉しいですね。

    一方でデメリットも無視できない量があります。
    相手の潜水艦はかなり強いので、対潜陣形を選んでも被害が出ることが多いです。もちろん全て避けて被害0というのもありますが、当たれば中破or大破は免れないと思います。たまに耐えますが。その修理のためにバケツを使うと物凄い勢いでバケツが減っていきます。バケツの貯蓄量が少ない提督は止めておいたほうがいいかもしれませんね。
    また、これも大きなデメリットなので注意してほしいのですが、ここでレベリングした艦はE-6に投入することができなくなります。E-6をクリアしたあとのレベリングならば問題はないです。もう1隻欲しいからと、ここで雷巡を育成したりしないように注意しましょう。
    あとはあまりデメリットとは思えないかもしれませんが、1戦1戦の時間が演出の関係かちょっと長めです。開幕航空爆撃でパパッと終わる3-2-1と比べると時間がかかってしまうのがデメリットです。
    ドロップも非常に不味いです。レア艦は出ません。戦艦は扶桑型、空母は鳳翔くらいしか出ないです。育成しつつ近代化改装もしつつ、というのであれば3-2-1でいいでしょう。


    【結局美味しいの?不味いの?】

    一言でまとめてしまうなら「空母育てるなら3-2-1、他は自由」かなと思います
    3-2-1レベリングは空母・戦艦・重巡を育てるのに適していますので、駆逐艦や軽巡洋艦、ましてや大鯨などの特殊な艦を育てるには不向きです。まるゆはデコイにすれば勝手にレベル上がるので……。
    軽巡洋艦や駆逐艦は4-3でレベリングが可能ですが、事故率が高く、相手に戦艦が出てくることもあり100%育成したい艦に経験値がいくとは言えません。そのかわり経験値は美味しいです。
    E-5-1ならば、どの艦でも、近代化改装をしていなくてもMVPを取ることが可能であり、ゲットしたての艦や大鯨・明石などの特殊な艦を育てるのにも使えて便利です。ただし経験値は上記2つの海域とくらべて少ないので、同じ量の経験値を稼ごうと思ったらそれなりの数周回をしなくてはいけません。艦隊全体での総合的な取得経験値は多いですが。また、バケツの消費も多いです。




    どの海域でレベリングが一番いい、なんていう正解は存在しません。
    自分が何を育てたいのかをよく考えて、最も今の自分に合っているレベリング方法を選択していくのも提督の重要な判断力かな、と思います。
    では、良きレベリングライフを。

    ああ^~、時津風ちゃんかわええんじゃ^~……
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。