ぷよぷよで私が使っているブラフ戦法について③
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ぷよぷよで私が使っているブラフ戦法について③

2013-02-08 18:28
    ・前記事
    ぷよぷよで私が使っているブラフ戦法について②

    私の勝率→万年6割

    あらすじ
    相手を威嚇すれば、もしかしたらビビッて自滅してくれるかも
    威嚇して相手の意識がそっちに行ってる間に、後ろから攻撃をしかければ…!
    勝てる(確信)


    以下から解説。
    一般的なぷよ用語についてはPuyoWords ぷよぷよ用語辞典を参照しましょう。

    さて今回は、なんでパターンを組む必要があるの?という話から進めていきましょう。
    そもそもこのブラフ戦法というのは、ただ相手に本線を発火させるとか構えを崩させるなどで
    完結させる戦術ではありません。

    本当の狙いは
    その後の試合展開を先読みし、先手を突いて試合を有利に進めるところにあります。

    流れとして、
    相手をおびき寄せて、狙い通りの攻撃を仕掛けてきた
    それを先読みして、相手の攻撃を避ける
    大きく空振り相手がよろけたところを、そのままの流れに乗って反撃し形勢逆転

    !?

    もしかしてこれって…落ちゲーじゃない…!?
    自分でも書いてて、格ゲーか何か?(無知)って思いましたが、
    対人ゲームなんて皆こんなものですよね!多分!

    上の流れをあえてぷよ実戦風にあてはめてみると、
    相手の副砲を打たせるため2連鎖すると相手は対応手が副砲しか無いのでそれで対応
    こちらは相手の次の行動が予測できているので、副砲を対応する為の副砲を作り対応
    相手のフィールドが潰れたところを、そのまま本線を崩して追い打ち!

    王道的な勝ちパターンが出来上がりました。
    いわゆる催促の催促ブラフ戦法の一つとなってくるわけですね。
    ぷよ戦術の大本となる催促して相手に本線を発火させるというのを少し発展させただけです。
    それがいくつも重なって中盤戦となるらしいです。へー

    前回までに紹介したものはどちらかと視覚的発火催促に近い物ですが、
    それなりの実力者になってくると相手の形を見て次に何をするか判断をします。
    なので、こちらのフィールドの状態を変化させ威嚇するだけでも十分効果はあると思います。
    連鎖しておじゃまを降らせるだけが攻撃方法ではないというわけですね。


    そんなん先読みなんて凝視すればできるんでねーの?って考える人も居ると思いますが、
    互いのフィールドはとても速い展開で変化していきます。
    それにある程度の上級者になると、隙なく連鎖を積みあげていく人もいらっしゃいます。
    そうなると何かしらの方法で相手に接触を試みなければ相手の隙を増やすことはできません。

    でも、相手への攻撃手段が催促しかない!…すると?
    ちょっとした連鎖でも相手を刺激してしまい、そこでいきなり中盤戦が始まってしまいます。

    しかし相手がこちらのフィールドの状態見て
    「あ、ここで催促打ったら逆に不利になりそう」
    とか思わせることができたら、もう戦う前から有利不利が決まるわけですよ。
    こっちはそれを見て、相手が何に恐れてどういう行動に出るかに気づくだけで
    先読みする手がかりが掴みやすくなりますよね。


    普通の宅配員のお兄さんがおじゃまぷよを届けに来るのと、
    強面のお兄さんがおじゃまぷよを届けに来るの
    hyakken

    どちらが怖いですかね?


    なんだか文章ばかりになってしまいましたが、一番伝えたかったことが書けたと思います。
    恐らく上記の理論は皆さん既に理解していることなんでしょうが、なかなか実践では上手くいかない人が多いかもしれません。
    そういう人はひたすら、年10000本やる勢いで対戦すれば感覚が掴めてくると思います。
    知識として知っておいて、意識するだけでもだいぶ変わってきますからね!

    次回は、もっと簡単に使えるブラフ土台または実践形式での解説にしようかと思います。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。