アフターコロナこうなるか?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アフターコロナこうなるか?

2020-06-29 21:15
  • 2

かんぽ生命がヤクザな営業をしていたというニュースがちょっと前に流れた。スルガ銀行もそうだが、これは単に一企業による不祥事というよりはもっと構造的な問題であって、つまり、いまの日本経済の状況ではマトモなやり方では商売にならない、詐欺でもしないと儲けにならない、ということがあっちこっちで具現化してるのでないか、と思ったりした。

2016年にマイナス金利が導入されて、政府(日銀)は「お前らカネため込みすぎ。天下の回り物を止めるから経済が回らなくなるんだろ」と言っていたが、実際問題、楽観的に見ても2050年まで人口が減少し続ける国の経済が、金融緩和如きでおいそれと上向くはずがない。

経済が萎み続けるのに「経済に広くオカネを貸して、市場の成長分に見合う額を利子として頂戴する」といった金融業界のあるべきモデルが成り立つわけがなくって、この状態でカネを貸してしまえば、市場の萎んだ分だけ馬鹿正直に損害をだすという至極あたりまえでそのまんまな結果になるにきまってる。

でもま、銀行や保険会社の営業員にとっちゃそんなの関係ねぇ、なわけで、デタラメな政策と糞みたいな労働環境しか容易できないアホ国家のために道理を守るほど国民は聖人ではないから、もうモラルも糞もなくみんな目先の利益だけに焦点を合わせて行動している。

いまや労働人口の3割が非正規雇用だが、不動産屋も自動車ディーラーも、ちゃんと返済できるかどうかわからん不安定な彼ら彼女らにばんばんローンを組ませ、モノを売るよりローン審査を通すことが仕事と化しているし、銀行側もそれに気づいていながらじゃんじゃんカネを貸していった。家計向けだけでなく企業向けにしてもそうで、メガバンクとは言わずとも信金レベルの金融関係者なら知り合いにいるって人は多いだろうが、そういう人々からも、いかにアベノミクスの金融緩和下でデタラメな融資が行われているかと話を聞くことができる。企業側が本来必要な額よりも遥かに過大な見積もりを上げ、金融機関側がそうと知っていながら融資し、預金者のカネを流す。だって政府日銀がそうしろっていうんだもん悪くないもんね?

そうして滅茶苦茶に不安定な雇用状況にある人々に住宅ローンや自動車ローンが組まれ、採算が取れるかどうか不確かな事業に融資が組まれ、預金者のカネはからっけつになる。そういやちょっと前に農林中央金庫がハイリスク金融商品に天文学的なカネをぶっこんでると記事になってたね。営業担当や融資担当にとっちゃ将来帰ってくるかどうかよりノルマこなして目先の給料ボーナスもらう方が大事だし多少はね?

********

コロナのせいで営業悪化から非正規雇用の人々が一斉に派遣切りとか、あとインバウンド目当てで滅茶苦茶なホテル開発してた不動産屋さんとかが倒産していくと、非正規や派遣社員にバンバン30年の住宅ローンを通してた地方銀行とか怪しい不動産事業に必要額の何割増しもの融資をしてた地方銀行とか海外の糞みたいなデリバティブ商品に大金つっこんでた地方銀行とか機関投資家はどうなるんでしょうね?これもう涙とまんねぇな?

まーこんなこと、みーーーんな分かってることで、何をいまさらって話題だろうけど、何年か後に糞テレビ局が「わぁこんなことになってたんですって、え~なんでぇ?池上さん解説おねが~~い」とか言ってるだろうと思うと反吐が出ますよ。

仕事だの私用だの(コンビニの収納代行等は使用しない主義なのだ)で銀行の窓口行くたびに投資信託窓口に何もわかってなさそうな老人が行員から胡散臭い説明うけてて気分が暗くなるけどなおれもな~…

(了)
広告
×
3.11もコロナもそうだけど、結局残ったのは、「ああこの社会は大惨事が起こっても結局何も変わろうとしないんだな」
っていう途方も無い絶望感だけだったんだよなぁ。もちろん携帯とか交通とか微視的な変化はあるんだけど、
結局そういう微視的変化しかないもんだから、みんなそれにしか目がいかなくなって、
そこにまた入ってきたのがホリエモンやら2000年代おばけの効率厨残党でしょ、
まあ全ETC化も公文書デジタル化も個別的には便利だと思うけどさ、政治的動き的にはヤバい奴等の気配しかしない訳。
ともあれもう、「日本人の新たな生活様式」みたいのはもはやみんな期待を抱いてない、ってか歴史の修正力(JIN)で元の鞘に坂戻りだよ、クソ暑い中マスク常用の風習ぐらいは残るかもね
巨視的になにか変わるとしたらもう俗悪ナショナリズムを利用した戦争しかないわ
4日前
×
大手銀行の不祥事も、善悪通り越して現実逃避の娯楽にしかならない感。

コロナショック・コロナ不況の足音が少しずつ聞こえてきて恐怖ですね。
この10年弱、実質賃金が下がっているにも関わらず、理解不能な好況感(現実逃避)があったように思いますが、遂に限界が来ている気がしますね。若しくは、さらに現実から目を逸らす方向にいくのか(末期)。
現実が荒廃し空想が過熱すると精神が歪むって感じでたまらないですね。
3日前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。