DoGAでメタセコモデリングをちょっとだけラクしたい、のお話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

DoGAでメタセコモデリングをちょっとだけラクしたい、のお話

2016-04-07 22:16
    おはようございます。フリスクを鼻に詰めて飛ばして遊ぶ奴です。

    今回は、以前から僕がツイッターで小ネタつぶやきしてる「DoGAでモデリングが楽になるよ」というテクニックをご紹介したいと思います。
    ・モデリングしたいけど三面図が描けない
    ・そもそも普通のイラストも描けない
    ・けどモデリングはしたい
    こんな人におすすめ。

    あと、僕個人的にはメカモデルをつくるときの変形機構のベースとして使ったりします。

    ■DoGA is 何
    http://doga.jp/
    「DoGA-Lシリーズ」という、3DCGアニメーションを学習するための入門・教育用ソフトウェアという位置づけのシェアウェア(機能限定で無料で利用可能)です。
    L1~L3で、モデリング・リギング・アニメーションを段階的に学ぶことができるというソフトで、えらい大昔にお世話になった方もいるんじゃないかと思います。

    ■でも今回はDoGAについて話したいわけじゃないので
    早速本題行きます。
    まず、DoGAをダウンロードしてモデリングをします。
    DoGAのモデリングは、レゴみたいにプリセットのパーツを組み合わせて配置するというものなので、いわゆるポリゴンモデラのように全くのゼロから起こすということはありません。


    こんな感じで人間をサクっとつくってみます。

    これをDXF形式でエクスポートします。


    そしたら、今度はメタセコを開いて


    先ほどエクスポートしたファイルを読み込みます



    すると、メタセコ上に何かが現れます

    軸がおかしかったり、面が裏返ってたりするので、これを微調整してあげます。すると……



    こんな感じで、メタセコに読み込むことができます。

    ■あとはこれをベースに、自分でモデリングをしていけばOK。
    ただし、この吐かれたポリモデルをそのまま(あるいは流用)することは規約的にグレーなので、あくまで参考とかベースにする程度にしておいたほうがいいです。

    以上です。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。