「ディズニーが好き」と言わせて!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「ディズニーが好き」と言わせて!

2017-02-18 19:20


    筆者はディズニー作品が好きである。
    恐らくオタの領域まで足を突っ込んでいるし、TDRにも年に2~3回は行きます(一人でも)。

    しかしながらネット上ではあまり公言できず、同じ話題で盛り上がれないのがちょっとした悩み。
    この前も鍵垢でこっそり呟いたところ、明らかに自分の発言に反応して「D嫌い」と流れてきて、若干ショックを受けました。

    元々興味がない、知識がない人なら仕方ないかなと思うんですけど、映画やアニメに詳しい人でもアンチが多いのでそういう人に言われると、Dって本当にタブーだなと感じます。

    ジブリは嫌いって言えないイメージなんだけど、ディズニーは好きって言う方がマズかったりします。
    それで人間関係が壊れることも…政治・宗教並にデリケートな話題なんだなと思い知りました。

    今回はそんなタブーな話題を押し切ってあえて「好き」と言わせていただきます。



    そんな自分も本格的に興味を持ち始めたのは二十歳を過ぎてから。
    それまでは好きでも嫌いでもなく子供向けの娯楽として楽しんでいて、TDRもアトラクションなどに興味を持たずブラブラするだけでした。

    映画にハマり始めてから改めてディズニー作品の歴史を辿ることにして魅力を再確認したのです。
    特に40年代~60年代の作品が心に響き、TDRでもそれがリスペクトされていて作品が起用されていることでより新鮮な気持ちで楽しむことができました。

    TDRが嫌悪される理由は待たされたり、物の値段が高かったりということが挙げられますが、これは自分なりに解決方法を見つけたのであまりそれが苦痛には感じません。
    フード関係の金額は正直いって普通に国内旅行で観光地で食事するのと大して変わらない気がします。
    アトラクションはよほど人気のものを選ばない限りは、5分~30分ほど並ぶだけ。
    ゲームやスマホいじってたら割とあっという間。

    特に男の人にとっては彼女や家族に無理やり付き合わされる感じで訪れる機会が多いと思うのでそれで余計に嫌いになってしまうのかも。
    しかも休日やハロウィン、クリスマス、正月にピンポイントに行くからあの混雑度が普通と思ってしまうんでしょう。
    時期を避ければ土日でも割と軽く回れたりするんですけど…

    調べると女の人でも嫌いな人多いみたいですね。

    演出に興味がある人なら園内を歩くだけでも相当勉強になります。
    光や音の魅せ方、オブジェや草花に至るまで毎シーズン見所が多いです。
    キャラクターグリーティングよりもそちらの方が興味津々です。

    しばしば企業のブラック体質が取り上げられますが、働いている人達(特に俳優・ダンサー志望の方)の中には目的があってあそこにいる人もいるのですから、そこまで否定するのはどうかなと思います。
    もちろん企業批判はいいと思いますけど。

    筆者も一応表現者としてお金をもらっていますから彼らの気持ちはすごいわかります。
    演者も含めて企業全体として捉えるのではなく、個々の表現力を評価すべきだと思っています。
    アンチの人、単純に遊びに行く人はそういう視点で見てないから仕方ないんですけど。

    一方で稀に映画も好き、ディズニーも好きっていう男の人がTDRにいますね。
    女性よりもマニアックに研究している人が多いので、機会があれば話してみたいです。





    まぁ、自分もこのブログで散々批判してるから何も言えないんだけど、あんまり他人に「これが好き」「あれは嫌い」と言うべきじゃないですね。
    嫌いな相手にはハッキリ嫌いと言わせてもらいますけど、仕事関係とか、友人関係で露骨に言うのはいけないなと思いました。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。