ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

電車内での居眠り 何故なのか?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

電車内での居眠り 何故なのか?

2017-04-08 00:10

    電車に乗って着席する場合はなるべく角に座るようにしている。
    両隣に人が座られるより、片方だけの方がいい。
    それに片方に寄っかかることができるから。
    多くの人はそうすると思う。


    ただ着席した時の悩みが重い。

    隣で居眠りされると高確率で枕にされる


    しかも居眠りする人は寄りかかっても大丈夫そうな人を選んでいるという事実もある。
    無意識に寄りかかってしまっているなら多少仕方ないという気持ちもあったが、奴らは確実に居眠りしても良さそうな相手を見極めているので、それが腹立たしい!

    ソースは大学時代、教室で女子大学生たちが「朝、気の弱そうなオジサンがいたから枕にさせてもらっちゃった」という会話をしていたから。



    なんで?なんで??という一例として、こんなケースがある。

    座席の端っこではなく、真ん中に座っていた時のこと…
    2016y10m15d_180315313.jpg
    2016y10m15d_180656446.jpg
    両隣が自分に寄りかかってくる…これはもう悪夢でしかなかった。
    両隣が睡魔に襲われているとして、両隣が寄りかかってくる可能性って…頭の中では「なんで自分が???」とひたすらイライラ。
    電車は満員で座席の移動もできない状態。

    進行方向の引力に引っ張られているならこうなる↓と思う。
    2016y10m15d_204629608.jpg
    こうはならないのである。
    何故なのか?
    ただ運が悪かったと思うしかないのだろうか。

    自分は両腕で軽く肘鉄をしつつ2人がもたれかかってくるのを防ぐしかなかった。
    威勢が良かった若かりし頃ならガチの肘鉄を喰らわせているところ。


    人生で一度も寄りかかられたことがないという人もいるはず。
    自分の場合、週に一度は確実に寄りかかられている。老若男女問わず。
    でも自分に寄りかかろうものなら絶対に寝かさないし、うたた寝さえさせるつもりはない。

    「可愛い子だから肩を貸してあげよう」などという優しさなんて微塵も持ち合わせていないので自分をターゲットにした居眠り馬鹿は貴重な睡眠時間を逃してひたすら後悔してもらいたい。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。