ハースストーン ワン・ナイト・イン・カラザン カード評価 プリースト編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ハースストーン ワン・ナイト・イン・カラザン カード評価 プリースト編

2016-08-06 18:22


    スタン1/ワイルド1/アリーナ1
    スゴイ。おそらくハースストーン史上最も弱いカードになる可能性が高い。
    まずプリーストには《沈黙/Silence》という0マナで沈黙ができる呪文がある。
    それに1ドローがついただけで2マナ増えただけでなく、沈黙対象が自分のミニオンだけになった。
    せめて1マナか、もしくは相手ミニオンも対象に取れたなら文句はなかったのだが、2マナでコレである。どうしようもない。
    仮に今後断末魔で大きなデメリットを持つ強力なミニオンなどが増えたとしても、そもそもこんなカードを使った2枚コンボの時点で弱い。ブリザードは何を考えているのだろうか。



    スタン2/ワイルド2/アリーナ7
    呪文唱える度に回復できる!しかも4/3/6強い!
    ・・・それがプリーストじゃなければなああああああああああああ!!!!!!!!
    仮にこのカードがメイジやローグ、いっそのことハンターやパラディンのカードだった場合は強かった。それどころか4/3/6という優秀なスタッツも貰えなかっただろう。
    だけどこれはプリースト。自前で回復できる上に、気軽に連打できる呪文も少ない。
    過剰回復してどうするというのか。ほんまどうしようもない。
    アリーナでは4/3/6は強いが、そもそもプリーストというヒーローがアリーナでは弱いタイプ。
    もう片方のコモンが強ければマシだったのだが、ご覧のとおり↑の呪文である。
    プリーストはアリーナでも死刑宣告を受けた。



    スタン5/ワイルド4/アリーナ4
    《復活/Resurrect》内蔵のオッサン。
    復活は2マナスペルなので3マナ追加したら3/4がついてきたのは妥当なのだが、なんだろうこの微妙感。
    そもそもこのオッサン自身が弱いので、コイツが死んで復活撃ったら蘇ってきたとかなったらむちゃくちゃ悲しい。
    テキストは弱くないが、使いこなせるデッキがあるとはあまり思えない。


    総評:スタン3/ワイルド1/アリーナ3
    なんというか他のヒーローに追加されたなら「まぁ他のカード強いから仕方ないよね」「このヒーローなら上手く使えば強いよね」と思えるような微妙なもんばっかりが何故かプリーストにやってきた。
    特に2マナスペルが酷い。ブリザードはプリーストに何の恨みがあるのか。
    確かにワイルドだとプリーストはTier2ぐらいの位置にいるが、スタンが現状最下位なんだからこれ以上落としてどうするのか。
    アリーナでもコモンのうち片方がゴミなのであまり選びたくないヒーロー筆頭になってしまった。
    頼みの綱だったドラゴンもパラディンが使ったほうが強そうに思えてきたので、マジでもう人権がない。さすがに可哀想。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。