• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 正解はあります:その6(1,666字)

    2020-10-29 06:0015時間前
    110pt
    人生は苦しい。これは「正しい」ことであり、異論の余地がない。

    そして、苦しい人生を楽しむには、「苦しさを楽しむ」しかない。この矛盾した領域に、無意識的にでも辿り着かないと、充実した人生は歩めない。意識的に到達できると、人生はずいぶんと楽なものになる。

    ただし、そこには落とし穴がある。それは、その苦しさが自分が選択したものでない限り、あまり意味がない――ということだ。

    他の人から「楽しむためには苦しさが必要だ」などと洗脳され、本当は苦しいことなのに「これは楽しい」と自分を騙しながら生きていると、やがて心身を疲弊して病気になったり、最悪の場合は死んでしまったりする。

    その逆に、自分で選択した苦しさだったらどんどん健康になる。その意味では「健康かどうか」が一つのバロメーターになるだろう。

    ぼくは一昨年、15キロの減量を体験したが、その間は厳しい食事制限と毎日の激しい運動とで本当に大変だった。正直
  • [Q&A]今年のハロウィンはどうなるのか?(1,486字)

    2020-10-28 06:00
    110pt
    [質問]
    今週末はハロウィンがあります。今年の渋谷はどのようになると予想されますか?

    [回答]
    今年はバーチャル渋谷でハロウィンが開かれるらしいです。国がそちらを推奨しているようですね。

    今年はさすがに、渋谷は人が少ないのではないでしょうか。ハラスメンタルなマスコミが大勢押しかけ、もし仮装した若者を見つけたら嫌がらせのインタビューをすると思うので、それを避けてみんなバーチャルでハロウィンをすると思います。

    ところで、よく考えたらクリエイター塾の日がハロウィン当日ですね。果たしてどうなることか。


    [質問]
    ハックルさんの好きな短歌を教えてください。

    [回答]
    「千早ぶる神代もきかず龍田川 からくれなゐに水くくるとは」

    ですね。この歌には、日本語の「音(おん)」の美しさがこれ以上なく表現されています。
    後半の「カ行」と「ラ行」の絡まり合い――「から」「くれ」「くくる」の連打は絶品ですね。

    とこ
  • 情報リテラシーはどうやったら身につくのか?:その6「マニラ ゴミ捨て場 子供」でGoogle画像検索してみてほしい(1,578字)

    2020-10-27 06:00
    110pt
    「掃き溜めに鶴」という言葉がある。掃き溜めに鶴がいると、一瞬「美しさが強調されそう」と考えるものだが、しかしよくよく考えてほしい。実は鶴も、掃き溜めより美しい田園風景にいた方が「映える」。掃きだめに鶴がいても、人はあまり美しいと感じないのだ。

    「醜いアヒルの子」の寓話にもあるように、美しいものは醜いものの中にあっては逆に目立たない。美しいものは、美しいものの中にあってこそその美しさをより輝かす。
    だから、清貧の時代に美しくあるのは、実はそれほど難しくない。なぜなら、田園の中の鶴のように、より美しく輝けるからだ。

    しかし、富める時代に美しくあることは、「掃き溜めに鶴」で、あまり目立たない。そのため、費用対効果がきわめて悪い。文字通り「醜いアヒルの子」になってしまう。

    そのため、美しいものは貧しい時代より富める時代の方が価値が高いのである。だから、富める時代――すなわちバブル時代の美しいものに