• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • バズるということ(1,715字)

    2020-09-25 06:0011時間前
    110pt
    みなさんは岸田奈美さんをご存じだろうか? noteの記事でよくバズっている方である。最近本を出版し、これもとてもよく売れている。
    今日は、この方を通して「バズる」という現象について見ていきたい。


    ぼくは、岸田さんとは面識もなく、ただ記事を読んだだけである。しかしながら、とても心配している。というのは、明らかに過剰にバズっているからだ。その分、反動が怖い。おそらく、今後バランスを失うのは間違いないだろう。

    この方は、そもそも糸井重里さんのフォロワーに支持されているという感じである。お母さんが車椅子で、弟がダウン症の知的障害者だ。そして、そのことをはっきり言って売りにしているのだが、その売りの仕方が絶妙で、全くじめっとしていない。きわめてからっと書いている。だから、感動ポルノの新しいテイストとして、非常に口当たりがいいのだ。

    そういうふうに考えてみると、デビュー時の乙武洋匡氏とよく似ている。こ
  • 正解はあります:その1(1,702字)

    2020-09-24 06:002
    110pt
    「正解はない」という言葉が便利に使われるようになって久しい。

    「子育てに正解はない」
    「芸術に正解はない」
    「プログラミングに正解はない」

    最近では「科学に正解はない」という言葉ですら普通に受け入れられている。逆に、この言葉が当てはまらないのは「数学」と「テスト」くらいなものだろうか。

    しかしぼくは、以前からこの言葉が好きではない。「考え方は人それぞれ」という言葉も然りだが、こういう言葉を使っている人は必ずといっていいほどポテンシャルが低く、社会に何の貢献も果たしていない。

    いや、それどころか非常に見えにくくはあるものの、「社会を停滞させている」という意味で大きな害悪さえ与えているのではないかと考えるようになった。
    なぜかというと、みんなこの言葉に抵抗できないからである。抵抗できないからこそ、能力がない人間の言い分けに便利に使われるのだ。結果として、彼らが失敗の責任を取る必要がなくなり、悪
  • [Q&A]クリエイターの人生は平凡な方がいいのか?(1.080字)

    2020-09-23 06:002
    110pt
    [質問]
    先週の金曜日の記事に「実人生が平凡な分、全ての情念をそこに注ぎ込むことができたのである」というのがありました。クリエーターは実人生が平凡な方がいいんでしょうか?

    [回答]
    これは、クリエイターの種類によりますね。職人は平凡な方がいいですし、アーティストは非凡な方がいいです。竹田砂鉄さんは職人なので、平凡な方がいいですね。


    [質問]
    早いもので『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「イノベーションと企業家精神」を読んだら』が出版されて5年近くになります。岩崎さんが考えるイノベーションについてですが、5年前と考えが変わった部分というのはありますか?

    [回答]
    変わっていないですね。むしろ先鋭化して、今は「イノベーションする人以外価値がない世の中」にまでなっていると思います。その意味では、むしろ予測した以上に時代の変化のスピード、また振れ幅は大きいですね。

    これは岡田斗司夫さん