• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 庭について:その1(1,531字)

    2022-09-30 06:002
    110pt
    庭について考えてみたい。

    日本人にとって庭というのは「贅沢品」というより「縁遠い」ものだ。ほとんどの人が庭なしで生き、死んでいく。そして、それでほとんどなんの問題もない。庭がなくて困ったという人に、これまで会ったことがない。

    また、庭は「憧れ」られてもいない。「タワマン」は富の象徴だが、庭はそうではない。むしろ、日本のこぢんまりとした庭は少しバカにされている。「庭付き一戸建て」というと、多くの人が想起するのは「猫の額」だ。「猫の額ほどの庭」という慣用句まであるくらい、日本の庭はバカにされている。それは「狭い」ことの象徴でもあるのだ。

    その狭い庭を、一生懸命作っている人もいる。彼らは、周囲から「きれいにしてますねえ」と表面上は感心こそされるものの、羨ましがられるわけではない。むしろ、内心では眉をひそめられたりする。ある種のオタクのように「変わり者」と見なされる。

    そんなふうに、日本の庭はネガ
  • マンガの80年代から90年代までを概観する:その70(1,654字)

    2022-09-29 06:00
    110pt
    柳沢きみおは、悩んでいた。鴨川つばめのように、面白いギャグマンガが描けないからだ。自分にはギャグのセンスがないと、たびたび痛感させられていた。それで、毎度アイデア出しに困っていたのだ。

    そんなとき、『月とスッポン』の脇役である藤波というキャラクターに頼った。この藤波は、高校時代の同級生がモデルだった。実在の彼の言動を思い返していると、アイデアは湧き出てきた。マンガの中の藤波が、どんどん動いてくれた。

    そうして、マンガ自体を面白くしてくれた。だから、藤波の話ばっかりになったのだ。『月とスッポン』の後半は、ほとんど藤波が中心で展開していくのだが、それは柳沢きみおがそれだけネタに詰まっていたということだ。同時に、藤波がキャラとして秀逸だったということでもある。

    藤波は、いうならば「前時代の遺物」だった。古い「ガリ勉」の典型だった。だから、そういう言動をし、そういう外見をしていた。それが、「新時代
  • [Q&A]ハックルさんのロールモデルは誰ですか?(2,207字)

    2022-09-28 06:00
    110pt
    [質問]
    政治家はよく「国民の声を聞いて進めていきます」とか言いますけど、どうやって国民の声を聞いているのでしょうか? 岩崎さんは、どう思われますか?

    [回答]
    政治家は、相当いろんな人と会っていますよ。ぼくは政治家の人とも付き合いがあったことはあるのですが、彼らは一日20人くらいとは普通に30分くらいずつ、対面で懇談しますね。何を話しているかというと、基本的には彼らの陳情を聞いているのです。そうして、それを受け入れようとしている。実現しようとしている。もちろん、実現不可能なものも多くありますが、実現したら大きな加点となります。それが一種有能な政治家の証ということになるのです。
    その意味で、「有権者の懇談を聞く」というのが彼らの「国民の声を聞く」ということでしょう。


    [質問]
    「それはあなたの感想ですよね」が小学生のあいだで流行中、というひろゆき氏について書かれている記事を読みました。