• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

命の本質を考える(2,284字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

命の本質を考える(2,284字)

2012-11-26 06:00
  • 10
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
命の本質、ツッコンできましたね!

まずは本質を捉えるに受け止め方の話からですか…うーむ。
他人から学ぶ『死』について。
これはますます現代人の多くは、かなり難しくなってきましたね。

核家族も当たり前になり、独り暮らしも当たり前になった、
死を触れ合う機会がどんどん減ると同時進行で
あらゆる延命のための環境が存在してる。
また医療の発達で勝手に万能だと思い込んでるヒトも多い。
(実際はヒトは簡単にあっけなくいつどこでも死ぬのだが)

ここまで遠ざけてしまった『死』を感じる難しさを
逆にこの記事で痛感させられてしまった。

実は今回の記事、
他人の死を通して自分の死をどう受け止めるかの話なのか
自分の死と他人の死の受け止め方は別なのか、ちょっと混乱してしまいました。
ハックルさんの考える『自分の死』について
もう少し聞きたいなと思った今回の感想でした。
93ヶ月前
×
私は今、生きたい勇気と死にたい勇気が半々です。
二十四の瞳を借りてみます。
93ヶ月前
userPhoto
岩崎夏海
×
>>1
コメントありがとうございます。
仰るように、命の本質を学ぶ機会から遠ざかっていることが、現在のさまざまな(取り分け心の問題)の根底にあるとぼくも思います。
今回の記事は、他人の死を通して自分の死をどう受け止めるかの話です。そこでは他人の死はもはや自分の死でもあります。ですので、他人が死ぬことに自分の死のような痛みを味わいつつ、死んでもしょうがないという境地に至ることができると、自分が死んでもしょうがないと思えるようになります。自分が死んでもしょうがないと思えるようになると、人はなぜか逞しく生きられるようになるのです。
この世はなぜかそうした逆相をところどころに見せます。生きようと思うことは死につながり、死のうと思うことが製につながるのです。死んでもいいと思う人ほど長生きだし、死にたくないと思う人ほど早く死んだりします。
93ヶ月前
userPhoto
岩崎夏海
×
>>2
人はもっと死んだつもりになるといいと思うのです。
ぼくはこれから死ぬことをもっと多くの人に勧めていこうと思います。
言うなれば「死ぬことのススメ」です。
93ヶ月前
×
返信ありがとうございます。

『死』を考えることで『生』を考える。

戦争や事故や事件、また天災がないと
『死』を感じられないじゃ寂しすぎます。
大切なヒトと生きてる間に人間の持つ想像力を利用して感じて欲しい。
『死ぬことのススメ』はもっと日本全体のムーブメントになってほしいなと思います。
ハックルさんのこの記事は特に若い人達に一度読んでもらいたい。

僕もこのことについてヒトと議論することが多く、
ハックルさんがこのテーマを語っていただいたのが嬉しかったです。
93ヶ月前
×
途上国に行くと、命の値段の安さに驚きます。
このフラットな世界において、
そういう人たちと玉の取り合いをしなければならない、
という危機感あるいは覚悟を(自分も含め)みんなどれだけ持っているんだろう?
と少し暗い気持ちになります。

93ヶ月前
×
>>4
レスありがとうございます。
なぜだか少し気が楽になりました。ありがとうございます。
93ヶ月前
userPhoto
岩崎夏海
×
>>6
コメントありがとうございます。
どうせみんな死んでしまうんだ、と考えると、驚くほど簡単に覚悟というのは持てるものなんですけれどね。
93ヶ月前
×
命や死ってよくテレビとかでは劇画チックに表現されるけど、動物単位で見たら只の通過点なんですよね。
次の生の為に死ぬ。宗教とかの存在理由って、僕が勝手に考えた理由はたんに死ぬのが怖かったから、死の先に理想郷をつくったんじゃないのかなーと思います。
信長の長島一向一揆も、死の先に極楽浄土があるからみんなきちがいじみて戦えたんだし。

大石さんの行動って一見物凄く残酷でドライに見えるけど、ある意味自然ですよね。僕も正直肉親と親友以外は泣けませんもん(笑)
大石先生の場合は自分の生徒が死んでいくんだけど、ありのままですよね。逆にこーいうほうが何も装飾を凝らしてないので、死ぬってことに対して、リアルに鮮明にゾッします。

よくアフリカとかの特集でハイエナとかに小ジカが食われてるのを見ると、なんていうか画面全体に冷たい靄がかかったみたいな、おまえらこれをちゃんと見ろよ!これが動物界では普通なんだからな!生き物が死ぬのはごくありふれていて、当たり前で、もっというと死は存在しなきゃ不自然なんだからな!と、こめかめに銃口を突き付けられた気持ちになります。

だから、人間は美魔女とか、いい歳してミニスカはいちゃう女性とかを生理的に嫌がるんでしょうね。それは生物として、とてもとても不自然だから。

誰だって死にたくないですよね。それはなんでかって言うと存命中は誰も経験したことがないから・・・
宇宙だって、一度行けばそんなに怖くない。コロンブスの時代は海の果ては滝みたいだと思われていたし。
人は想像の生き物なので、悪い想像を無限に、それこそ宇宙並みに広げることができますよね。

でもそれって、ある意味暇なんだと思います。動物とかはそんな事考える暇もないし、考えたら死ぬので死の恐怖が直前までないのかもしれませんね。人間はどうなんだろう。

大石先生はどうだったんですかね。でも、あそこまで達観してれば正解か(笑)
もはや、何をコメントしたかったかわからなくなってしまいましたが、僕も24の瞳借りてみます!!!
93ヶ月前
userPhoto
岩崎夏海
×
>>9
死に抗うより死に寄り添う人の方が美しく見えるんですよね。年を取ることを否定するのではなく肯定するところからしか美しさには辿り着けない。まあ、一周回って死に抵抗するのもまた人間くさいといえばそうですが。
死は恐いものですが恐いということも含めて丸ごと受け止めることができたらと思います。恐いものではなく恐いけどいい、みたいな。みんな恐くて、みんないい。
93ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。