• このエントリーをはてなブックマークに追加
お金にまつわる思考実験:その5(1,712字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

お金にまつわる思考実験:その5(1,712字)

2022-11-24 06:00
    古代の人はどうやって暮らしていたのだろうか?

    まず「採集」がはじめにあった。動物でも植物でも、食べるものを採って集める必要があった。

    その際、道具があると便利なことにはすぐに気づいた。ぼく自身、外仕事を始めると道具のありがたみをつくづく実感した。これは、古代人も同様だろう。

    だから彼らは、まずは「石」を道具にした。いわゆる「石器」というやつである。また、この石器を使って木工を発展させていった。そうして、石と木の組み合わせで道具をあれこれと作っていった。

    さらに、やがて「土を焼くと固まって二度とほぐれない」ということが分かってきた。そこで早速、いろいろな土を焼いてさまざまなものを作った。いわゆる「土器」だ。

    ただ、これには「硬さが足りない」という難点があった。だから、主に食器などに使われるのにとどまった。ただ、それでも重宝した。特に、食料を保存する壺が有用だった。だから、古代の出土品には壺が
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。