• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

週末に見たい映画#47「キック・アス」(2,597字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

週末に見たい映画#47「キック・アス」(2,597字)

2014-02-21 06:00
  • 1
「キック・アス」はかなりユニークな映画である。

4e3dc684983b6c48f38899c3eba74361633190ed

映画のメソッド――観客に面白いと思ってもらうための方策――を駆使した結果、逆に、これまでの映画のセオリーを大胆に破った、実験的な作品になっているからである。
でも、そのセオリーを破ったところが面白い。きっと制作者は大真面目に「映画らしい映画」を作ろうとしたのだろうが、それが行きすぎて、逆に「映画らしくない映画」になっているのだ。

「映画らしくない」ところは、いきなり冒頭に表れる。
まず、SFヒーローの格好をした男性が高層ビルから墜落するという派手なシーンがあるのだが、これが、映画の本筋とは何の関係もないのである。このシーンは、ただ単に派手なシーンを冒頭に持ってくるためだけに設定されているのだ。

映画にとって、派手なシーンから始めるというのは、一つの「メソッド」である。まずそこで観客の心をぐっと惹きつける――いわゆる「つかみ」というやつだ。
しかし、その「
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
今日借りて観てみました。面白かったです。
Youtubeに動画がアップロードされて評判が広まるくだりは、架空のヒーローになろうとする話だということも相まって、『ドン・キホーテ』を思い出しました。
(牛島信明さんの新書に書かれていましたが、ドンキホーテも"男性の弱さ"を描いているらしいですね。)

ちなみに僕はヒットガールの殺陣は、最初のものが一番素晴らしいと思いました。やはりふざけた物こそ至高です。
71ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。