ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 日本の象徴を手に持ち、宗教団体を批判する記事について所見

    2019-06-01 09:53
    以下の記事があった。

    創価学会「日本民族に天皇は重大でない」2019/05/31 15:15プレジデントオンライン

     内容は、読んでも読んで頂かなくても構わない。

     私の思う所は、「日本の象徴でもって宗教団体を批判し、公表する事は日本を貶める(おとしめる)行為である。」と言う事である。

     宗教は人生の指針を考える哲学の一つであり、信念である。それは、仏教でもキリスト教でもイスラム教でも、そして神道においても同じである。
     そして、その宗教間で教義が異なる事も当然である。その為、宗教間で尊敬しあう事が必要である。どうしても相容れない所もあろうが、そこは不干渉等お互いに許容する所である。

     さて、当該記事において、創価学会の名誉会長執筆の小説の一文(であろう)を引用し、天皇陛下を利用して批判している。
     そもそも、
    創価学会池田大作名誉会長の主著『人間革命』には次の一節がある。
    -第1小題の1行目
     と引用項の掲示も無い事は、「自分で探せ」と言わんばかりの書き方である。
    文庫で12巻ある中の一文を探す事は非常に困難であり、不親切である。

     その後、重大だ重大ではないだと書かれているが、そもそも天皇陛下を敬う心あらば、1宗教団体の批判の為に利用してはならない。

     一重に批判したいが為の記事であり、自分の利益の為に陛下を利用しているのである。

     戦中、創価学会が神仏迎合を拒否したのは、天皇陛下を奉り上げて戦争の神輿にした為である。
    そのような狂信をもたらしたものの根源が、軍部政府の精神的支柱であった「国家神道」にほかならないことを、彼は骨身にしみて熟知していたのである。
    -人間革命(文庫版)第一巻P.20
     天皇陛下を「崇める」のでは無く、「敬う」事こそが現代の日本の在り方である。

     立憲君主制である日本に生まれて来たからには、我々国民と陛下の関係を今一度考察し直し、個々人の哲学と向き合い、尊重していきたい。
  • 広告
  • 【要望】プレミアム会員の廃止と「サーバレンタル料」と「プレミアムコンテンツ会員」の新設についての嘆願

    2018-11-11 09:53

    「ニコ動」有料会員が200万人割れ 減少止まらず
    2018/11/08 16:20ITmedia ビジネスオンラインhttps://news.nicovideo.jp/watch/nw4158985/comments/31583803

     先日、この様なニュースを読んで自分自身もニコニコプレミアム会員」においては思うところがあった為、お問合せに以下の要望を送った。

    【要望】プレミアム会員の廃止と「サーバレンタル料」と「プレミアムコンテンツ会員」の新設についての嘆願

     先日、ニコニコニュースを閲覧していた際に「プレミアム会員の減少」という記事を拝見しました。
     私自身、プレミアム会員に入会していますが、不明瞭な使い道と、サービスの低下に不満を持つ事が度々あります。

     実際、原宿バージョン以降の改装においては、通信速度の遅れを顕著に感じる事が多々あり、動画を視聴することが困難な場合があります。
    又、「ニコニコ超会議」等の体験型イベントにおいては、第1回目以来参加する事が無くなり、専らネットコンテンツの使用のみとなっています。
     そもそも、イベントにおいては、赤字会計となっている事を知り、体験型イベントの必要性を再考する必要があるのではと、感じている次第です。
     ニュースのコメント欄を見るに、体験型イベントに参加していない方もそれなりにいる為、公平性に不満を持つ声も少なからずあるようです。

     そこで、参加型イベント参加者とネットコンテンツ利用者の“区別化”も兼ねて、プレミアム会員を廃止し、「サーバレンタル料」と「プレミアムコンテンツ会員」の新設を希望します。

    検討の程、宜しくお願い致します。


  • 2017年の衆議院選挙においての公明党のマニフェストについて所見

    2017-10-06 16:54

     今年の衆議院選挙において、公明党は「シャイニングマンデー」なる半日休暇をマニフェストに掲げた。

     月曜午前を半休にする「シャイニング
    マンデー」(仮称)の普及促進や有給休暇
    の取得促進など、働き方・休み方改革を
    進め、週末・週明けの消費拡大にもつなげ
    ます。



     就業時間についてはフレックス制が導入されており、半日も休暇は必要無いと私は思う。
    更にこれが実現できる職種・業種は限られたものであり、多くの人々は恩恵が受けられ無い。
    一般庶民に支持層が多い政党が掲げる事としてはいささか求心力が劣る。私は、公明党に以下の様に意見を送った。

     【2017年の衆議院選挙においてのマニフェストについて】
     マニフェストの中に「シャイニングマンデー」の記載がありますが、一般庶民が考えるに、プレミアムフライデーが失策となったの後にこの様な案を持ち出すのは如何なるものかと思います。更に、半日休暇は、製造業・建設業等の第二次産業や小売店等では執行が不可能である事が多く、多くの人においては恩恵が受けられないものとなります。以上より、公明党のマニフェストから「シャイニングマンデー」は除外して頂きます様御一考願います。