• 今日の公式生放送について

    2021-01-19 23:37
    さて、公式生放送にて今後のデュエプレはどういう形で進んでいくのか、どう進化していくのかについてのガイドラインの発表がメインで新弾の内容に関してはノータッチでした。昨日あれだけ急いで予想したのに…と感じました。が、発表こそありませんでしたが2月の新弾の予想ではあるので答え合わせが先の伸ばしになったぐらいかなと飲み込みました。気を取りなおして今日の生放送の内容をいつものように個人的に首を突っ込んでいきます。

    ①2021ロードマップについて
    画像

    新弾やイベントのスケジュールかと思いきや内容はシステム面のアップデートでした。で、今回、内容が発表されたのはパート1のみ、パート2以降は実装が近づいたら告知があるでしょう。内容が判明したパート1は大会生放送時に更なる詳細が発表されそうですが現時点でも結構な内容が発表されました。
    まずはプレイスアリーナモード、ランクマッチとは別形式での対戦モードでした。内容を超ざっくりいうと勝ち抜き戦。勝って勝ち上がるほど酬がもらえるので参加する意義は高いです。ただし、1日での挑戦回数に制限があり1回目は無料だが2回目以降はコインかジェムが必要、参加費がどれくらいかによりますが、報酬をゲットしないと元が取れないので頑張りましょう。で、勝ち上がりに関係してくるのですがマッチングがどうなるのかが未発表でしたマッチングのシステム次第では勝ち上がるときに運の要素が増えてしまうのでその辺の続報が個人的には気になりました。
    次はサプライチップガチャ。みんな大好きガチャのお時間です。これまで溜まる一方だったサプライチップについに使い道が生まれました。排出されるものはカード、サプライ、PRカード、プレミアム・チケットなどです。そしてようやく去年からいずれ実装されると告知されていたプレミアムチケットが実装されます。要はパックからランダムで出てきたプレミアムカードを自分で作れるよという事です。うまく使えばALLプレミアカードでデッキを作成しラグジュアリー感を出したり、プレミアカードは分解時のポイントが高いのでポイント稼ぎにも使えそうです。PRカードやサプライ関係については新規アイテムのほかに過去のイベント限定配布のものも入っていると嬉しいですね。再入手の機会がないものも運が良ければ手に入るというのは新規層にはうれしい仕様だと思います。最後のカードについてはここで新規は勘弁してほしいです。入ってもアルトアートカード程度であって欲しいです。一方不明な部分は排出率、一回当たりのチップの消費数、10連はあるのか、10連した際のボーナスなどはあるのかなどシステム面の詳細が未発表でした、次回の生放送時での発表に期待しましょう
    残りはシステム名のみ発表でしたのでまとめます。リミテッドモード(仮)は恐らくTCG版でもある殿堂ゼロルールでのマッチだと思われます。今のところ1枚制限はボルバルのみですが今後も殿堂入りは出ないとは限らないのでALLディヴィジョンを越える真の無法地帯での対戦が可能になりそうです。現環境前提なら今からボルバルを4枚集めましょう(笑)。BGMについては散々種類がすくねぇとか言われてきたのでそのテコ入れでしょう。カスタムサウンドまで行くかどうかは運営の頑張り次第です。新ソロモードはすいません予想が付きませんでした。ルームマッチ機能強化は今のルームは個室仕様なので恐らく部屋を立てて人を呼び込む仕様になると推測しています。人数も8人とか16人とかでその中でランダムマッチングができるようになるのでは?というのが一つ。もう一つは64人とか128人とかを収容してのトーナメントによる大会モードのかなと思っています。部屋を立てた人がALLかNew、人数やマッチング形式を選択し入室コード入力限定なのか、野良OKにするのかなど、詳細の発表が気になります。いずれのシステムも今年中にくるとの事なので楽しみにして待ちましょう。

    ②新弾のスケジュール方式の変更について

    画像

    これまでは2か月サイクルで新弾を出してきましたが8弾以降は3か月サイクルで間にEXパックを挟むと発表されました。これまでの弾はレギュラーパックという形で収録枚数などの仕様は変わらないとのこと。なので通常弾は3か月ごととなり年4弾になります。その補完としてEXパックが出ます。収録枚数は約50種という事でSRとVRは各文明1枚づつになりそうです。で内容は通常弾の補完で実装されても通常弾程環境が変わるわけではないと明言されました。で、補完につてですが恐らくスタン落ちする過去の弾のカードの再録と新規を合わせての収録になると思っています、対応する通常弾のカードを強化補完するための弾なので環境があまり変化しないよという事なのでしょう。例をすると仮に8弾がティラノ、ドデビル、フェニックス、ドラゴンメインならそれに関連する再録と新規が入っているという形だと思います(ただし8弾EXパックは7弾のEXパックなしと時期を考えるとハイブリット種族全部とドラゴンが入り目玉はビッグバンと魔改造ブラックホールだと自分は推測しています)

    で、収録カードの全体数はというと通常弾が2弾減るので-170、EXパックが4弾出るので+200種となり総数で見ると弾での年間収録カードは30種しか増えません。意外と増えないですね。無課金がきつそうという意見が出そうですが年間トータルで考えると30種しか増えない上に再録もあるのでプレイスアリーナ報酬やイベント報酬、報酬が実質2倍になったランクマッチ分を含めるとそこまで負担は増えないのかなと思います。ただ、やりこまないと報酬を獲得できない仕様になってしまったのでこれまでのようにランクマッチだけやって行けばいいというライトな仕様からいろんなモードを遊ばないと無課金では厳しいという忙しいゲームに変わりそうなのでその辺の変化は賛否が分かれそうです。個人的にはイベントなどでの配布パックはEXパックと通常パックを両方報酬にいれて更に配布数を増やすのが無難かなと思いました。
    また通常弾が年4弾に減るという事なので時折言われていたTCG版に追い付てしまうのでは?という点がある程度解消されました。自分は10月の弾までは~極神編までと予想していましたが、この予想ピタリと当たったようです。なので8弾は不死鳥編、9弾(5月)と10弾(8月)は極神編が来ると思います。で11月もしくは12月の11弾で2周年記念とほぼ同時に戦国編スタートという自分の予想は弾の形式変更はあるもののおおむね予想通りの展開となりました。


    ③公式大会について
    今後の公式大会は通常弾が出たごとに開催となりました。なので公式大会は年4回行います。でそれぞれの大会の優勝者+前年のグランドマスターは年末の周年記念で一堂に会しマッチするという特別大会への参加ができるようになります。という事で公式大会の開催は今年は2月、4月、7月、10月ぐらいかなと思います。一方で2月の大会はNewでの開催となっていますが大会ごとにALLとNewで交互に開催するのか、グランドマスター決定戦はどちらのレギュレーションでの開催なのか未確定な部分があります。個人的にはALLとNew交互に開催してほしいのですがはたしてどうなるのかと感じました。
    また2月の大会はコロナの影響を鑑みてALLリモートでの開催となりました。仕方がないですが12月のグランドマスターはスタジオ収録を強行しそうなので対策は万全にしてほしいです。

    ④人気投票結果発表
    1位ザガーン様でした。ネタ枠が優勝しました。個人的にはネタ枠よりヒーロー枠が優勝してほしかったです。というのも新規イラストなり転生版作成なりを考えると準バニラだからこそ愛されているザガーンをリメイクカードで強化しても恐らくカリスマ性は薄れるだろうという点と新規イラスト版を配布してもベーシックで誰でも4枚持っているザガーンをもらってもポイント返還不可、実用外でネタ運用限定カードを配っても‥‥と自分は感じます。まぁ仕方がない事なのかなと思います(此処にデュエマネタカードでザガーンと同格クラスのデスカール様やメテオレイジが実装されていたら票が割れていたのかな?と思いました〇)あ、自分はひたすらバジュラに投票しました、結果は9位、健闘した方だと思います。
    他、細かいところを見るとやはり環境で強かったカードが上位に来ているので相棒枠や使っているうちに愛着がわいたのかなと思います。また文明間の格差もあまり感じないも安堵しました。ランクインした環境外カードもTCG版では人気があったカードがいるのでやはりTCG版をかつてやっていた人が多いのかなと感じました。
    ネタを考えるとバロムよりドルバロムが人気、でもアルカディアスとアルファディオスだとアルカディアスが人気、アルファディオスよりドルバロムが人気でバロムよりアルカディアスが人気というのが面白いですね。後は火文明の圧倒的ドラゴン率の高さですね、TCG版ではこの人気だったドラゴンを収録を一時切るというのがいかによろしくない事かが分かります。

    ⑤第7回レジェンドバトル開催
    次回のベントはレジェンドバトルと発表されました。ウィクロスコラボじゃないのかよと思いました。で、相手はエレナです、漫画アニメ枠のキャラクターは現状候補がいないなぁと思っていたら守護者が来ました、やったねレジェンドバトルの相手の残弾が5増えたよ。報酬のスリーブ、称号、プレイマットが公開されました。で、報酬のカードはケスト・リエス、今のところ使い道がないですね‥‥8弾でデルフィン実装で除去ガーディアンや白黒緑ガーディアンが環境に進出できるだけの強化があれば使われそうって感じですね。
    そして未発表ですが報酬で守護者のスキンが実装されればアツいですね!多分アンケートでもスキン増やしてという意見は多そうなのでワンちゃんあると思います。

    ⑥カードの上方修正
    プレイヤーのみんなにとっての本日のメインディッシュでしょう。各所であれこれ予想し、下方修正も来るのかと騒がれましたがシークレットの下方修正はありませんでした。大会の結果が出る前に下方修正はないだろうという自分の予想は当たりました。
    で、肝心の上方修正はまずインビンシブル呪文の単色時のコストが8から7になりました。いまさら感がありますね‥‥またフォートレスは効果がTCG版の盾焼却に戻りました。フォートレスに関しては何で弱体化したしなので妥当of妥当です。
    もう一つの修正はザマルの黒単時のバンプアップが1000から2000になり黒単なら3コスパワー4000になります‥‥いまさらですね(二回目)そしてフォートレス同様何でTCG版からなぜ弱くしたんだなので妥当o(以下略
    で、この修正で環境変わるの?と問われると多分殆ど変わりません。変わるとしてもALL環境で黒単速攻が隅っこで生息するようになったとかNewの青単ツヴァイにテクノロジーが入るかなぁぐらいの変化しかないと思います。カジュアル枠まで広げるとスペルグレートブルーやラッキーダーツのデッキではフォートレスの強化で決定力が上がる、緑単もしくはコートニー染色型でパワーが使いやすくなるという事はありそうです。それでもカジュアル止まりかなと思います。
    感想を言うと7弾カードじゃなくて6弾なのかい!という肩透かしから始まり、環境の変化はないような感じという事で大々的にやる事ではないな?と感じました。大会前なので大きく環境を変えたくないという点や、7弾カードは8弾とそのExパックで強化、調整するのでそれまで待ってねという事なのでしょう。
    また下方修正ないのかという意見に関してはマーキュリーをあのスペックで実装している以上、ある程度ツヴァイが環境を取るという事は運営から見ると”知ってた”という事なのでしょう。なので今の環境は運営の想定から外れたものではなく想定の範囲内とのことらしいので8弾での横並べ戦術に対抗するのはこうだという運営の回答を待ちましょう(多分大丈夫だと自分は思います。8弾のカードでツヴァイは落とせると思っています)

    とまあ今日の生放送で感じたことはこんな感じです。そして最後に一言、8弾のタイトルとかの発表ないんかい!!あると期待していたんだけどな~この点は少し残念でした。
    で、今回の発表で感じたことはやり込み要素が増えたのでライト層やカジュアル層は少し大変かな?と思いました。これまでより気楽に楽しむという点が薄れそうなのが少し気がかりです。ただパックの種類は増えるの通常弾の数自体は減るので上述の通り収録枚数はそこまで増えません、なのでうまくポイントやコインをやりくりするのと同時に新弾発売時に少し課金をするというのもありだと思います(5000ぐらいでSR確定パック引き換え分くらいは課金してもいいと思います)
    以上今日の公式生放送についてでした。今後も不定期で考察やデッキ紹介などをしていくのでTwitterからもチェックできるのでよろしければフォロー、いいね、リツイートをよろしくお願いします。
  • 広告
  • 公式生放送前の大予想大会!

    2021-01-18 23:57
    まさかの公式生放送が明日で新弾の発表がありそうなのでとその前に突貫作業で各種考察と新弾で実装されるカードの予想をします。

    まずは考察系から
    ①修正関係について
    まさかの修正ですが発表は上方修正のみが発表されています。下方修正に関しては言及されていませんが界隈、下方修正が騒がれていますが自分は多分下方修正はないと思っています(外れたらその時はその時という事で)。で、上方修正をするならの候補について考えてみました。
     ①光神龍アルグロス・クリューソス:多分かなりの確率で修正が入るでしょう。高いコストに見合わない低パワーとしょぼいタップ数によって全く使われていませんので大なり小なり強化されそうです。が、強化されたとして使えるかは別問題というのは魂の不死鳥が叫んでいるのではたしてどうなる事やら。
     ②青神龍スペル・グレートブルー:ペガサスの上方修正同様、とりあえずなんか呪文が撃てるようになりそうと修正内容はわかりやすいですが、その場合構築で簡単にデモハン、裁き、宝剣などの強力呪文だけを連射できるのは若干壊れの気配が見えるのでハズレか?
     ③光神龍アルティメス:どうにもならない光のドラゴンその2。とりあえずコスト低下とATでもおみくじ発動はください。
     ④緑神龍ハルクーンベルガ:使った事がある人にはわかる、すべてが絶妙に一歩足りない微妙なスペック。コストの割に書いてあることは確実にオーバースペックで強いはずなのに物足りなさを感じてしまう残念なカード。個人的には味方へのPA4000を5000にして1000獣もWBにさせてくれ。というか元は+4000でWB付付与が現代デュエマでPBに変換されたら取りこぼしが発生して使い勝手が悪くなるってどういうことなの?と”PBに変更がかなり余計なお世話”に。
     ⑤大勇者「二角牙」:この時期だから7弾カードかなと思うが6弾のこいつもヤバイ。とりあえず増えたマナはアンタップインにするとかされそう。
     ⑥太陽王ソウル・フェニックス:いまさら感が漂う上に1回上方修正もらっても使用率は多分変わっていない悲しいフェニックス。やけくそで2回目の上方修正はあるのか?

     個人的な候補はこんな感じ。ドリームメイトも候補になりそうだが8弾以降も強化が入りそうなのと、いい感じに強化が欲しいカードがないので候補ピックアップから外れました。またドデビルが使われていないからっていう理由でゴーゴンシャック強化は危険です。強化もらっても多分7弾までではドデビルデッキは生まれない。が、メカオーやツヴァイにゴーゴンをピン刺しして裁きなどの一斉除去を遅延できるようになるというのはヤベー強化なので強化をするという行為は人のやる事ではありません。

    ②光の非進化ブロッカーにマナコストという概念はない
    これはわかりやすですね~TCG版同様、ヘブンズ・ゲートで手札から出せるためコストが重かろうが関係ありません。なので新弾で高コストの光ブロッカーは出しにくいから弱いという評価はしません、能力が強いかどうか天門と相性がいいかで評価の強弱が決まります。

    ③大型獣はの実質コスト黒単色7マナになる場合がある
    これはインフェルノ・ゲート関係です。デッキの最高コスト獣はロスチャ→ゲートで簡単に出せるため光のブロッカー同様左上の数字が高くても評価を下げづらいです。実際にはゲートで出てくるクリーチャーは少ないですが高コストで強い能力持ちはゲートの候補になるという事を覚えておきましょう。

    ↑のように踏み倒しカードがある場合、出すクリーチャーの能力の調整は常に”その踏み倒しカードで出せて大丈夫か?”という作業をしなければなりません。で、この作業めっちゃ手間が掛かります。じゃあ手間を省き環境を壊さないように安全にするには?の答えはTCG版ゲートのように踏み倒しカードに制限や禁止措置を取るか天門系のように踏み倒し先のカードパワーを抑えるかのどちらかの方法を運営は取ります。ゲートはインフレし続ける大型獣との兼ね合いで温泉送りに、天門系は神化編アルドラ以降約5年もの間パワー12000以上の非進化光ブロッカーは登場しませんでした。このようにコスト踏み倒しはカードデザインに多大に影響を与えるのでカードパワーの適正化が難しいです。

    以上を踏まえたうえで8弾の予想を文明ごとにしていきます。いつものように詳しいカードのテキストやイラストはWikiや実物などで確認をお願いします。

    光文明
    SR候補
    究極銀河ユニバース:デュエマ初のExウィン獣、個人的にはシークレット候補。Exウィンの方法は若干手間だが光単色で完結可能なので実装する意義はありそう
    光神龍スペル・デル・フィン:相手の呪文を封殺するやべー奴。TCG版はVRだったが能力的にはSRでもいいと思う。9コスなのでゲート候補、先出しゲーの地獄絵図の予感。オマケ能力の手札公開と相手の手札にある呪文の枚数×2000のバンプアップは基礎パワー含めて調整されそう。

    VR候補
    光彗星アステロイド・マイン:ユニバースの種候補、セラフィムから進化Vできる選ばれない11000。選ばれない&パワー11000である程度場持ちがいいのでユニバースコンボを決めやすい。
    無敵巨兵スパルタンJ:メカオー進化で能力は無限ブロッカーとMBでヴィナースと同じ場を離れなくなる。場を離れなくなる能力はヴィーナス同様パワーが0以上で一回発動すればターン中は耐える仕様になりそう。

    R以下
    霊騎サイヤ:基本的な3コス4000のブロッカー
    霊騎コルテオ:7コス2000のST獣、能力はCipで場のクリーチャーの数だけ相手をタップ。盤面が並んでいれば現環境で強いメカオーやツヴァイ相手にトリガーすれば1Tはしのげるので実装されそう。
    リバース・ストーン:4コス呪文。効果は場の進化獣の”種”をバウンスするというもの。これを使いマインの種を引っこ抜き次ターンでユニバースに進化させれば1回の攻撃のみでExウィンを達成できる。他の使い方としては相手のMBの残弾を枯らすこともできる。
    霊騎ロウム:セラフィムが出るたびに相手獣をタップ。コスト6と重いがデュエプレ実装に伴い4コスくらいに小型化しそう。
    霊騎マリクス:2コスセラフィム、味方セラフィムの数×1000のバンプアップ。
    霊騎パニシオン:Cipで相手獣1体をタップ、5コスから3.4コスにスリムアップしそう。
    聖霊提督セフィア・パルテノン:セラフィム版提督。


    水文明
    SR候補
    超神星ネプチューン・シュトローム:ドデビル、エンコマ、デモコマを種にする進化GV。シンパシーでネックだったコストの重さを克服、全体除去でメカオーとツヴァイを叩き潰すことしか考えていないやべー奴。ATの全体除去は山札送り、なので最大3回発動する。でこの能力山札の上に送った後シャッフル処理が入るかどうかで強さが変わります。強いのはシャッフル処理が入らない場合、次のドローがクリーチャーで固定されるため除去能力獣が貧弱なデュエプレだとこのドローロックによって間接的に除去耐性を得られるため山札の上でシャフルなしという能力が山札の下やシャッフル処理が入る場合実質弱体化になる。
    超神龍パタル・ネプタラス:能力はスリリングスリードラゴンでサーチ、探索化で弱体化されるので多分魔改造されるでしょう。

    VR候補
    魔皇バルパス:進化ドデビルの中型アタッカー、MBで3コス以下のカードををバウンス。バウンス能力は強化されるかも?
    氷彗星アステロイド・レイザ:メカオーから進化する進化V、そこそこ巨大(11000)だが能力はモヤシのみ。改造されて能力がモヤシ→ドロー能力やブロックされないに変わりそう。

    R以下
    封魔ウェバリス:能力に癖はあるがドデビルの1コスのブロッカー
    メディカル・アルナイル:ドデビルをモヤシ化しスナイプ・アルフェラスのデメリットを帳消しにする。
    デモメイト・エリダヌス:ドデビルのパワー+2000とアンブロッカブル付与、火力除去を躱しやすくなる。
    封魔アガシオン:3コスでCipで墓地に闇獣がいれば1ドロー。ドデビル版ハルカスに強化されそう。
    封魔フォルカロル:2コス1000のバニラ
    時空工兵タイムチェンジャー:メカオーで山札から進化獣下にクリーチャーを供給。MBの弾数を増やせる。

    闇文明
    SR候補
    超神星プルート・デスブリンガー:進化GVえ種はドデビル、デスパペット、ティラノ、ATで確定除去、元のコストは4なのでシンパシーの恩恵は少ない。確定除去はヴィーナスメタで相手1体をパワー0にするに強化されるかも?
    覇竜凰ドルザバード:ティラノ・ドレイクの大型進化獣。能力は調整必須だがCipで1枚盾をブレイクとこいつがブレイクした盾のトリガーを封殺する能力は強力。

    VR候補
    九龍騎神ドラン・ギレオス:7コス8000の進化獣、進化元はティラノかドラゴンゾンビ。能力はティラノから進化したらピーピングハンデス。殴るとき種にドラゴンがあればアンタップ獣を破壊。ハンデスは調整されそうだがうまく使えばハンデスと除去を同時にできる強力な進化獣。
    闇彗星アステロイド・ゲルーム:ドデビルを種とする進化V獣。能力はCipで確定除去。使うかどうかは別にして能力と種は申し分なしなので他のドデビルのアタッカーがどこまで実装されるかがコイツの運命を決める。

    R以下
    スナイプ・アルフェラス:ドデビルが出ると1ドロー、破壊されたら1ディスカードと癖はあるが強力なドローエンジンカード。ディスカードはメディカルや提督で帳消しにできる。
    悪魔提督アルゴ・バルディオル:ドデビル版提督
    封魔エリゴウル:他のドデビルが場にいれば2コス3000
    ブラッディ・ドラグーン:ティラノ版ブラッディ・イヤリング。
    ソウルバイス・ドラグーン:Cipで場の他のティラノの数だけランダムハンデス。
    ジェットパンチ・ドラグーン:Cipでタップされた相手クリーチャーを破壊、実装するなら6コスからどれだけスリムアップするかが課題。

    火文明
    SR候補
    超神星マーズ・ディザスター:進化元はティラノ・ドレイク、ドリームメイト、ヒューマノイド。TCG版ではVRだったが流石にデュエプレではSRに格上げされそう。TCG版ではまったく結果が出なかったが、現デュエプレ環境では横並べデッキがトップメタなので先に着地できればそいつらを一方的に叩き潰せる全体火力で活躍しそう。火力は6000に上昇や相手のみに強化してもいい。課題は種が並ぶかどうか。
    超竜バジュラズテラ:8コス12000で能力はCipでドラゴン以外のマナを全部破壊。デュエプレで結果が振るわなかったバジュラは8弾実装と共にNewでは使えなくなるのでその代役候補。豪快ランデス効果によって反撃をシャットアウト‥‥相手限定に強化してみる?

    VR候補
    超竜騎神ボルガウルジャック:7コスの進化獣、ティラノから進化するとCipで4000以下を破壊。殴るとき下敷きの種がドラゴンの場合コイツ(8000)以下を破壊と種次第では出したターンは2体破壊できる。流行りの横並べ対策としてCipは5000に強化されたうえでCipかATのどちらかが割り振り火力になれば環境に進出できそう。
    炎彗星アステロイド・ガウス:能力STのみ!はくぞ雑魚すぎるので魔改造の筆頭候補。ST能力よりCipで3000以下を一掃とかなら使われるので改造してください。

    R以下
    炎竜提督ガウスブレイザー:ティラノ版提督。ティラノはドロー能力が貧弱すぎるので素出しも普通にあり得る。
    竜音のキラ:ティラノ召喚コスト-1、展開要因として欲しい。
    衝撃のロウバンレイ:SAで毎ターン強制攻撃しなければならないが自身含めたティラノが殴るたびにブロッカー破壊‥強いんだけどブロッカー破壊が6000以下になるという余計な事はされて欲しくない。
    ドルドブリンガー・ドラグーン:TCG版では双極編収録という現代カードだが悲しいかな現代では弱すぎる。しかしデュエプレではコストをスリム化(その代償でパワーも下がりそうだが)すれば能力のSTとCipで相手獣とバトルは使い勝手が良い除去カードとして進化GVの召喚を巡る熱いバトルで活躍できそう。

    闘龍鬼ジャック・ライドウ:初出は戦国編だが実装するなら今でしょう。5コスで種族ティラノ・ドレイク/アーマード・ドラゴン。能力はコイツと同じ種族の進化獣をサーチ。サムライは削除されるがそもそもサムライの進化獣は全員他の種族サポートがあるのでなくても影響はなし。サーチが探索化してもこの種族でデッキに3種以上進化獣は基本入らないので影響なし。この2つの種族を持っているという事で九龍騎神と超竜騎神をフルスペックで運用できるすげー奴。余った枠はNewならバジュラズテラ,ALLならバジュラを入れてフィニッシャーに据えよう。パワーが4000に下がりそうだがそれを差し引いても強力。

    自然文明
    SR候補
    超神星ジュピター・キングエンパイア:種の種族はセラフィム、ドリームメイト、野菜は他の自然種族に変わりそう(候補はビーストフォーク)。元の能力はATのMBで進化元を射出はデュエプレでは微妙過ぎるので魔改造候補。MBで種をマナ置いて、マナの枚数以下のコストの獣探索して1体場に出す変則大地能力にしてみる?
    聖帝ソルダリオス:味方が攻撃できるときMBでマナのセラフィムを場に出す進化獣。探索化は痛い弱体化だが6コス6000からパワーが上がりそう。運よくラーゼミケランジェがヒットすればお手軽に展開できる。MBの発動タイミングは調整されそう。

    VR候補
    霊騎ラーゼ・ミケランジェ:コスト9と高いがマナにおいておけばソルダリオスで射出可能。能力はスリリングスリー・セラフィムでヒットした数だけ手札から非進化のセラフィムを展開。出せれば強力、後はヴィーナスに進化せてフィニッシュだ。
    地彗星アステロイド・ガイア:ドリームメイトから進化する進化V。能力はブロックされても1枚盾をブレイク‥‥弱いので改造しよう‥‥Cipで母なる大地は許されるかなぁ‥‥

    R以下
    霊騎サンダール:セラフィムが出るたびにマナからセラフィムを任意で回収。探索化による弱体化はあるがコストが下げられて使いやすさは上がりそう。
    霊騎ラグマール:Cipで互いのプレイヤーはクリーチャーを1体マナへ、こちらにサンダールがいればラグマールを回収して無限除去が可能。デュエプレでは探索による運が絡むが1枚のカードで何回も除去ができる可能性があるのは強力。
    霊騎プリウスライザ:Cipで山札からセラフィムをマナへ、例によって探索化が弱体要素だがある程度狙ってマナにカードを置ける。その後はソルダリオスで場に出したらりサンダールで回収したりと器用に動ける。
    霊騎スピリット・サティーク:Cipで墓地にあるセラフィムをマナに。サンダールでマナが減りがちなっセラフィムにとってマナの補充は非常に重要。除去されてもこいつを絡めれば粘りづよくなりそう。
    緑神龍ミルドガルムス:7コスで1ランデス1ブースト。こいつを出してランデスで牽制した後はバジュラズテラに進化させるデザイナーズコンボ候補。さすがに7コス獣が1ランデスしたぐらいで環境がおかしなことになることはないはず。

     とりあえず候補はこんな感じ。突貫作業じゃなかったらもっとR以下の候補はあげたかった。予想というか個人的願望としてはツヴァイやメカオーの横並べ戦術に対して強く出られそうなやつらを上げてみました(特にティラノ、ドデビル関係とオマケでドラゴン)。なのでメカオー、ツヴァイが強くないとドデビルとティラノの存在意義(横並べ死すべし慈悲はない)がなくなってしまうので今、調整されて欲しくないんですよね~。
     またオリカでパワー低下もしくは火力除去能力を持ったドデビルやティラノの実装はありえそうです。セラフィムも光得意のタップキルで盤面を取る動きに関係したカードが来そうです。
     というか運営は狙ってやっている節があると思うんですよね。6弾が除去系環境→7弾が除去を封殺orけん制しつつ大量展開ビートダウンと来ているので8弾は盤面展開と除去をしつつビートダウンをテーマにする可能性が高く、あえてそれに関係していた進化GVを温存していたと自分は思っています。なので新弾のカードを見ていない内からツヴァイのナーフ運動は時期尚早だと思います(自分が運動を開始するならネプチューンとマーズ実装なしor糞雑魚調整してきたら盛大に開始します)
    以上突貫作業で上方修正カードと8弾実装カードの大予想大会でした。今後も不定期で考察やデッキ紹介などをしていくのでTwitterからもチェックできるのでよろしければフォロー、いいね、リツイートをよろしくお願いします。
  • デュエプレ考察アラカルト冬の陣

    2021-01-17 18:23
    先日ようやくALLとNEWでマスターに到達しました。考察記事を書いているので1回くらいはマスター到達しておかないと体裁がアレだからね。到達できてとりあえず一安心ですわ。
    で、今回は最近のデュエプレ関係で言われていることのあれこれに首を突っ込んでいきます。

    ①自然文明はなぜ弱いのかの補足
     現デュエプレ環境では左上のコストが0にになったり、場がにぎやかになる程数字が減ったり、コストを6とか7に読み替えるカードが自然以外に蔓延っており、マナ加速の意義が薄くなっているのも原因だと思っています。またTCG版ではこの時代母なる大地によってマナ加速獣を容易にアドバンテージに変換できたのがデュエプレで大地が未実装(妥当な措置ではある)なため、場にマナ加速獣を置いておく必要がないというのも採用を下げている理由になります。

    ②クリーチャーと呪文について
     自然文明はなぜ弱いのかの反響でライフはハルカスより弱いから~という意見を見ましたが、クリーチャーと呪文を比較することは基本的にはにナンセンスです。呪文とクリーチャーが同列になるのは死の宣告とデスモーリーなど一部に限られます。
    なのでライフとハルカスを比較することは基本できませんししません。ハルカスと比較するなら同じクリーチャーである青銅の鎧になります。

    ③マナ加速と手札補充について
     先程の話の続きになりますがマナ加速と手札補充は枚数が同じなら得られるアドバンテージに差はありません。ルールでターン開始時に1ドローと手札からのマナチャージがあるため、マナ加速した場合ターンのマナチャージをしなければキャントリ1ドローと同じアドバンテージ量になります。実際は更にマナチャージしての先に高コストカードを使っていくテンポアドバンテージを取っていきます。
     じゃあ、なぜハルカスと青銅でここまで採用に差があるかというと進化先が強いのかという部分で採用が決まっているからです。環境トップを走るツヴァイがあるからこそハルカスは使われています。時たま進化獣の強さは進化元で決まると言われますが、進化元の採用率は進化先の強さに依存します。勝舞の時代のデュエマはまだ進化獣がフィニッシャーやアタッカーになることが多く、強い進化獣の種になれるかどうかで進化元の軽量獣の評価が変わってきます。なので強い能力を持っている軽量獣でも進化先がなければ採用はされにくくなります。
    逆に進化先が強ければ貧弱な種でも採用が考えられます。例えば初期のダイヤモンド・ブリザードには能力が腐っているにも関わらず雪渓妖精マルルが採用されていたのが良い例です。

    デュエプレ】「深渓妖精マルル」の評価と採用デッキ | 神ゲー攻略

    ④なんかデザイナーズされた戦術ばかりでつまらない
    これも時たまみる意見ですね。これに関してはTCG版で不死鳥編(というより~極神編まで)のカードたちがあまりに適当に収録され過ぎているというのが一つ目の原因です。この適当というのはもはややる気がないと判断されてもいいぐらいにTCG版の当時は雑にカードが収録されてしました。
    例としてはドルバロムが収録された転生編第1弾に収録されているデーモンコマンドはわずか2種類で内1種はSR、加えて能力的なシナジーはほとんどなし、ツヴァイランサーはなんと進化元は1種のみ。転生編でデュエマを初めて運よくドルバロムやツヴァイを引き当ててもデッキを組むには過去の弾のカードを集めさせることを強要されるというのが今から15年前のデュエマでした。これを改善し続けた結果、新規のシステムを最初からデッキとして成立させるように現代デュエマではカードを収録しています。
     このため、当時を知っているが現代デュエマを知らないとこの感覚になりやすいです。逆に昔のカードが驚くほど使いやすくなって嬉しいと声を上げてほしいですね。なので現代デュエマではこれくらいサポートが充実しているというのがデフォルトになります、慣れましょう
     もう一つの原因はやはりこの時代のデュエマは進化獣が核になりやすいという事です。6、7弾でも目玉SRにはアルファディオス、ツヴァイランサー、ドルバロム、ヴィーナス、マーキュリーと進化獣が多く、必然的にデッキ構築で進化元と進化先をデッキに入れる必要があり構築が窮屈と感じやすいのかもしれません。これにプラスして新弾1弾だけで構築を完成させ環境入りをさせようとしているため、少ない収録数で進化元と進化先をセットで出したためデッキの自由度が少ないように感じられてしまいます。
     これに関しては当分はこの傾向が続くと思われます。というのも他の進化GVの実装があり得ること、サポート必須のヘヴィデスメタルなどの実装が予想されているからです。この時代で比較的自由度が高いデッキは夫婦ロックや一部のゴッドくらです。ナイトやサムライは当時でもデザイナーズコンボが強いとされているのでこの辺も慣れた方が良いです。
     またこの件に関しては自由度が高い場合カードゲーマーは安全に勝とうとして害悪デッキを生み出しやすく、青黒ハンデスボルバルや天門ボルバルはその代表と言えるかもしれません。それに対抗できるように目玉SRを核としたデッキを強くしようとしたとも考えられます。
    なのでカードプールの拡張を続けていくしか改善方法がないのでNewは基本、デザイナーズデッキが主流になると思います。自由なデッキでの戦いの主戦場はALLでやることになります。

    ⑤ツヴァイ強すぎィ!調整しろ!
    確かにALL最強格、Newでもトップメタなので調整をとの声はわかりますがちょっと待ちましょう。結論から言うと大会前にナーフ処理はしない、やるなら大会後、8弾新規カード次第では調整をしない場合もあり得ると自分は考えています。
    まずはなぜ、ここに来てツヴァイがトップメタになったのかについてです。第一に要因はマーキュリー・ギガブリザードの登場です。元々横に並べるデッキだったツヴァイに進化元を共有
    できるという点に加えて呪文封殺3回という強力な受け札ケアを獲得したためトリガーのデモハン、ホリスパ、アポディや天門→ザーディアの盾追加での打点ずらしが機能しなくなったことが一つ。これは一番わかりやすいですね、ツヴァイ複数体とマーキュリーが並ぶと受けの方法が極端に制限されますからね。

    デュエプレ】「超神星マーキュリー・ギガブリザード」の評価と採用デッキ | 神ゲー攻略
     
     もう一つは7弾の進化GVの盤面展開プランと戦術が同じことです。メカオーやアポロヌスも多数のクリーチャーを並べて進化させて殴るというプランを取っており、7弾カードを勝たせようと除去などのメタをあまり実装しなかったことで同じタイプのツヴァイが勝ちやすくなってしまいました。この妨害札の不足は結構深刻です。9月までのボルバルマスターズの反動と怨嗟の声によってハンデスなどの序盤の妨害札にインフレの停滞が起きてしまいました。このためガトリンガーやビジョンによるリソース補充にリソース奪取が追い付かないという事が起きてしまいました。なのであんまりハンデスとか除去を害悪、害悪と騒ぐとこういうことになるよというお勉強代とも自分は思っています(運営、プレイヤー双方が等しく実感するべきことです)。
     またこの除去札インフレの停滞と同時にインフェルノ・ゲート実装により除去コンの構築からバイツが外れる構築が増え、除去は6マナの裁きもしくはサウザント・スピアからになったことによって低速化し序盤の展開が安定するようになったのと除去札減少によって引かなかった、引くまでに殴り殺されるという展開が増えたためメタになるはずの除去コン系デッキが勝てなくなったのも原因と考えています。 

     以上の要因などが複数積み上がった結果今の環境になりましたが、じゃあ調整はいるの?と問われると緊急事態ではないので大会前に調整は入らないだろうと自分は思っています。

    状態B〕超神星ネプチューン・シュトローム【SR】{DM21S2/S5/Y5}《水》
     
     理由はいくつかあり、一つ目は8弾で実装するカード次第では横並べ戦術に対して強いデッキが生まれる可能性があるという事です。候補はの一つ目はドデビル、バウンスのバルゾー、ブロッカー破壊のヴィネスが実装済みなのでドローエンジンの実装とフィニッシャーになる進化GVのネプチューンは全体除去能力持ち、実装されればツヴァイやメカオーに強く出られる可能性が高いです。候補二番目は進化GVのマーズ・ディザスターの実装です。ドデビル程リソース確保は難しいですがマーズのMBは一斉火力除去、横並べした小型を一掃することができ、種のドリームメイトにはすでに除去能力持ちがいるので調整次第ではかなり強気に出られる可能性があります。またこの2体の進化GV獣の除去能力はATのMBなため最大3回除去を放てるため、先に着地さえできれば一方的に勝つことも可能になります。

    超竜騎神ボルガウルジャック【ベリーレア】DM22 | デュエルマスターズ通販カーナベル

     またこれら以外にも8弾以降には能力の調整次第で超竜騎神ボルガウルジャック、ボルメテウス・武者・ドラゴンは火力除去によってメタ要員になり得る可能性がある。キング・アルカディアスも単色獣をいじめることしか考えていないのでメタ候補。ナイトもナイトマジックによって魔弾デュアル・ザンジバルや魔弾ソードランチャーによって早い段階から多面除去可能。
    魔弾デュアル・ザンジバル【コモン】DM28 | デュエルマスターズ通販カーナベル

     そもそも速度で有利が取れる赤緑や黒緑、サイバー青単といった速攻デッキが生まれればメタが回らなくなるほどツヴァイによって環境が崩壊することはALLやNEWでは起きないと思っています。とはいえメタに関しては速度がツヴァイ着地と紙一重なので長い期間ツヴァイが環境にいる事を運営がどう思っているかで調整するかどうかが決まると思っています。

     二つ目の理由はデュエマの運営は殴り合いのビートダウンデッキを推奨しやすく、少強くても容認する傾向があるからです。これは元々デュエマが子供たちのMTGというコンセプトで始まったため子供たちがよく作ってしまう中速ビートダウンでも勝てるようにとカードを調整するからです。このためクリーチャーを並べて殴るデッキが環境上位にいる事を運営はあまり問題にしません(この辺はTCG版でドギ剣やモルトNEXTなどが環境上位に居続けた例が分かりやすい)。で、デュエプレはTCG版より年齢層が高いためコントロールなどへの抵抗が低く、ビートダウンを子供っぽいとしてあまり好まないことがあるのでそのギャップがあると思います。なので覚えておきましょう、運営はビートダウンを推奨してきます

     三つめはALLでの使用率20%は緊急調整が必要だとは運営が思っていない使用率である可能性が高いという事です。去年のTCG版環境ではドッカンデイヤー系各種のデッキとドラグナーデッキ系各種合算による使用率が両者ともに一時CS上位入賞率約40%という脅威に数字を叩き出し騒がれましたがデイヤーは夏の殿堂規制、ドラグナーは裁定変更による閣ループ禁止化は緊急事態と言えなくもないが12月の殿堂入りまではトップメタを走りました。大会入賞率40%という高い数字でも緊急規制が入らない(閣ループは運営が最も嫌うループに引っかかった例外事例だと思われ)のでデュエプレ民よ使用率20%で騒いでいるぐらいではデュエマはやっていけません。またデッキ構築自体も運営が想定しているだであろう(準)青単構築しか存在せず、想定外の使い方をされておらず、その強さも運営の想定の範囲内である可能性が高いからです。
     なので頻繁にナーフなどをすると信用度にかかわるため大会の結果などの理由がない限りはカードの調整は入らないと思っておいた方が良いです。なので調整が入るなら大会後が定番で、頻度は半年に1回のペースだと想定した方がいいでしょう。前回の調整が9月なので調整をするなら2~3月と想定しておきましょう。

     以上をまとめるとツヴァイは環境トップではあるが緊急措置が必要なほど突き抜けてはいないので大会などの理由があって初めて調整が入る可能性がある。また現時点では想定外の使いかたをされておらず、運営の想定の範囲内に収まっている可能性が高い。なのでメタカードやメタデッキを作ることは比較的容易なため8弾以降の実装カード次第では調整なしで環境を変えられるため調整が入らない事も十分にあり得るというのが自分のツヴァイの強さについての考察になります。

     とまあ、最近の事柄についての自分的な考察になります。あんまり長くなるのもあれなのでこれくらいにしておきます。次回は8弾のカード実装予想一覧とそれにまつわる考察を何とか新弾発表前に上げたいです。
    以上考察アラカルトでした。今後も不定期で考察やデッキ紹介などをしていくのでTwitterからもチェックできるのでよろしければフォロー、いいね、リツイートをよろしくお願いします。