11/28日新弾カード紹介
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

11/28日新弾カード紹介

2020-11-28 21:52
    実はこれまで闇文明のカードが未発表のままでした。不死鳥編で数少なく新規で活躍したグランド・デビルは何処へとやきもきしながら待っていました。そんな不安がある中で今日の新弾のカード一発目は‥‥
    画像

     来たぜ!グランド・デビル!ブロッカー破壊能力を持つ”封魔ヴィネス”がドデビル最初のお目見えカードに選ばれました、効果もTCG版と変更はありません。
     で、このブロッカー破壊の能力は相手が選ぶがパワー制限がないとちょっと独特です。パワー制限がある赤の軽量ブロッカー破壊とは一概にどちらが優れているか優劣は付けられません。現環境ではアクア・リバイバーを選ばれて終わりと微妙そうですが、ブロッカーが一体でも減るというのはビートダウンする側からすると攻撃が通る通らないの差が大きいので非常に大事です。特に進化GVは3体を1体にまとめるのでブロッカーを並べられると進化させない方が早く決着を付けられる可能性があるなど、除去ができている時点で進化元としての仕事を十分に果たしています。
     闇が絡んだブロッカー破壊にはハンデスもできるガレックがいるからヴィネス要らないじゃんという声もありそうですが種族”グランド・デビル”と”ゴースト/ヒューマノイド”では進化先が大きく違うので採用デッキが違ってきます。単純なグッドスタッフ性はガレックですが単色と多色、種族やコストの差で使い分けることになります。
     ブロッカー破壊はやや相手依存が大きい能力ですが進化先の攻撃を通しやすくするという点でヴィネスはグランド・デビルの活躍を支えた優秀な小型クリーチャーです。今後発表されるドデビルから進化できるクリーチャーの発表が楽しみになる一枚です。

     そのドデビル関係の進化獣が来るのかと期待しましたが次に発表されたのが”蒼黒の知将ディアブロスト”能力は変更なし、そして不死鳥編?を疑う種族デーモン・コマンド、初出が転生編なので後追いカードになります。レアリティもSRからRに格下げとマイナー感が漂います。
    画像

     そんなディアブロストの能力は相手のクリーチャー全部をブロッカーにするというもの、コストとパワーで分かるようにデメリット能力として扱われています。
     相手が全部ブロッカーになるって攻撃通せなくなって勝てないじゃんと想いがちですがブロッカー破壊は他の破壊と比べてコストが安いのでお手軽に相手クリーチャーを破壊できるようになります(例:1コスの火炎流星弾が7コスのドリル・トラップになる)
     このため、クリスタルパラディンは相手獣を全てバウンス、クリムゾン・ワイバーンは相手獣全破壊、ガレックはハンデスと確定除去、ウィンドアックスは1ブーストと確定除去と突如としてブロッカー破壊カードが爆アドをたたき出すようになります。
    このシナジーを利用したデッキが”ディブロストコントロール”でマイナーデッキとして細々と組まれ続けてきました(天門プッシュが多いのでメタとして定期的にブロッカー破壊もインフレしているため)現デュエプレでも3コスのコメット・チャージャーからディアブロストに繋がるのでなかなかなデッキが組めそうです。が、しかしNewのレギュレーションではディアブロスト実装と同時にパラディンとクリムゾン・ワイバーンが使用不可能になるという残念なことになります(6弾で出しておけばとかそもそも環境で使われねーだろ等々突っ込みどころがい多い) 
     場にディアブロストがいないと始まらないので除去に弱く環境とは無縁のマイナーデッキではあります。ディアブロストが除去された、出せない等の場合のセカンドプランが豊富なブロッカー破壊でビートダウンするなので単純なビートデッキより速度で劣るのでやはりディアブロストありきのマイナーデッキ止まりになってしまいます(ただネタと言えるほど弱くはない、構成自体が天門に対して有利なため刺さる相手には非常に有利)
     こんな感じでディアブロストは環境入りは多分しないがいいテーマデッキが作れるカード(ディアブロストがR格下げで入手が簡単で組みやすくなった)なのでシティバトル用のデッキ等で使ってみましょう。

     本日最後の1枚は”魔聖デス・アルカディア”です。白凰が闇堕ちしてWになるのならアルカディアスも闇堕ちします。そしてVRからSRへ格上げ、個人的には7弾のSRはティラノかドデビルの進化獣が欲しかったのだが‥‥
    画像

     能力もTCG版から改変され、まず殴れるようになりました。TCG版はブレイクされた盾を墓地送りにすればブレイクした獣を破壊だったのがデュエプレではブレイクされ時に盾が破壊されクリーチャーが破壊されるになりました。デュエプレ版はブレイク前の効果処理なので盾が墓地に行くと攻撃クリーチャーが破壊され攻撃が中断されるという処理になっていると思われます。なのでWB以上なら盾の減る枚数が減る&すべての盾が疑似デーモン・ハンドになるとかなりの強化を受けました。
     と、強化はされましたがいざ”デッキ”を組む、入れるを考えると結構厳しいです。闇単色(天門で出せない)、6コス(速攻に間に合うか怪しい)、6000のブロッカー(除去されやすい)と採用のハードルは高いです。現状と7弾のカードを考えると除去サファイアのエクストリームの枠、コントロールに寄せたドデビル(果たして組めるのか?)に入るかなぁと言ったところです。E2のウエディング・ゲート(6コス闇ST”光ではない”非進化のエンジェル・コマンドを2体出す)は流石に未来過ぎて無理ですが”ファントム・ベール”があればまた面白そうなデッキが組めるのですが、果たしてどうなる事やら‥‥
    ファントム・ベール【レア】DM05 | デュエルマスターズ通販カーナベル

     今日の新弾のカード発表で闇のSRはグールとデス・アルカディアが判明し小型弾ならSR枠が埋まりました。自分的にはせっかくグランド・デビルのカードが発表されたのにもう大型弾でないならプルートの実装がないことが判明したので非常に残念です(補填できるドデビルの進化獣ください)一方でディアブロストは非常にうれしいです。TCG版でもディアブロストコントロールは組んでいたのでまたカジュアル用デッキ枠としてよろしくという感じで使おうと考えています。
    以上、今日のカードは闇文明会、ドデビル実装は嬉しいがドデビルデッキのフィニッシャーが不安を終わります。できるだけ毎日、新弾のカード紹介はして行こうと思います、Twitterからもチェックできるのでよろしければフォロー、いいね、リツイートをよろしくお願いします。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。