11/ 30 日の新弾カード紹介
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

11/ 30 日の新弾カード紹介

2020-11-30 21:56
    不死鳥編はハイブリット種族とフェニックスのシリーズでドラゴンは少ないんじゃないの?と思われがちですが不死鳥編全5弾中3弾にドラゴンの収録があり、4弾はドラゴンプッシュを押し出し5弾でもドラゴン進化をを押し出したりとドラゴンは何時ものようにいるのが不死鳥編です。前半期のハイブリット種族とフェニックスプッシュがあまりの貧弱さ故のテコ入れの結果、ドラゴンカムバックになったといううわさもあるくらいには不死鳥編はごたごたと問題が多いです。

    なので今日の最初の1枚もドラゴンがらみ、青の鳥がリップ・ウォッピ―なら白の鳥も来ます、パッピ・ラッキーが実装されます。画像

     能力は自分のドラゴン全てをアンタッチャブルにするというもの、一見強そうに見えますがいざデッキにいれるとなるとかなり難しいです。
     まずはシステムクリーチャーお約束の除去でアンタッチャブル効果が持続しない点、ドラゴンデッキはまだ白を入れる意義が少なく、ポッピを出す色基盤がない点で既存デッキに組み込む意義が少ないです。
    レジェンド・アタッカーで味方を全部ドラゴンにするのは”面白い”ですがそれで”勝てる”かというとかなり厳しいです。(打点が増えないのでワンショットしにくい)。レジェンド・アタッカーがTCG版仕様ならワンチャンありそう(TCG版はドラゴノイド限定でWBも付与できる、ドラゴノイドは並べやすい小型多いので種族の制約が気にならない)と仕様変更が痛手です。
    とまあ、ポッピ・ラッキーは能力は強そうですがリップ・ウォッピ―以上に使うのが難しいカードになります。


    なら白で強いドラゴンが来ればポッピも期待できる可能性がある中で来たのが”光神龍アルティメス”です。こいつはガルバロスと同じPS2のゲームオリジナルカード、つまりおみくじドラゴンです。
    画像

     PS2版からはおみくじ効果の一つブロッカー付与は常時ブロッカーへと強化されました。なので一応天門に対応しパワー6500と6000以下破壊が増えているデュエプレブロッカー破壊を受けないパワーラインは悪くないです。
     そしておみくじ効果は相手獣をランダムで1体タップ(元はCipとPigで複数体の可能性もあった)、盾を1枚追加(元はPigで五枚追加)とCipに集約される形になり、追加のおみくじとして探索でマナから呪文を回収が加わりました。
     一応、ガルバロスと違っておみくじ効果は全て自分にメリットがあるようになっています(呪文回収のみマナが減ると捉えるとデメリット)のでガルバロスよりは進歩?しています。
    ただ天門で出せるとはいえ、能力の計算が立ちにくい、いまいちなパワー、能力はCipで1回だけと使いにくいです。加えておみくじ面白ガチャカードとしてもCipで1回だけというのは物足りないです。環境とかでは使われずカジュアルで使うネタカードなのでおみくじ効果はアタックトリガーでも発動は欲しいです。

     え~これにて小型弾なら白のSRとVR二枚は埋まりました。スペル・デル・フィンは流石にやばいと判断され次弾以降か7弾が大型弾で枠が増えていればワンチャンある?になりました。
    以上で今日のカード紹介、光のドラゴンはやっぱりデルフィン以外は駄目そうを終わります。できるだけ毎日、新弾のカード紹介はして行こうと思います、Twitterからもチェックできるのでよろしければフォロー、いいね、リツイートをよろしくお願いします。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。