ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

2月11日新弾カード紹介
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2月11日新弾カード紹介

2021-02-11 23:21
    昨日のアガピトスは書いてある能力は超未来能力で自己完結していてクッソ強いのですが、システムに殺されているため、コンセプトを突き詰めて煮詰めると要らない可能性が高いんですよね‥‥以下主な理由
    ①タップキルをするために小型でパワフルな奴を使おうとする→多色獣を入れる→ゲオルグで1Tで制圧した方が手軽。
    ②種族デッキを考える→イニシエート軸はタージマル、ウォルミル、エストールと多色が充実→ならゲオルグで(ry。ガーディアン軸ならミントシュバールでソーラーコミューンや審判を使いまわした方が速効性がある。メカオーは並べたらとっととヴィーナスで殴るので後ろ向きなこいつは‥‥
    ③特化構築を考えようにもウェビウス(エンコマ1体盤面でG0でコスト2で1000のブロッカー)をうまく使えば0コスタッパーになるが白でSAはいないので別途殴る人員が必要→盤面7体制限にすぐ引っかかってタップキルできる数がソーラーコミューンやスパークに普通に負ける。
    ‥‥なぁにこれって感じですね。いくら能力が強くてもシステム面と噛み合わなかったり他の手段の方が手軽なので使われない可能性が高いんだよなぁ‥‥あ、ゲオルグ君は多色ブロッカーで制圧した次のターンにダイヤモンドカッター(ようやく現実的な使い道が生まれた)で盤面のブロッカーを全員疑似WBにできるので多分、アガピトスで回りくどいことしなくてもこっちの方が強いです。
    そんなアガピトス君はタイムマシンで来る時代を間違えてしまったんですよね‥‥2020年の2月に来ていたら展開、タッパー、アルカディアスの種になるというウルトラカードとしてSRの名に恥じない活躍ができたのですが今のデュエプレはF〇Oの平安時代みたいな大神秘決戦真っ只中で僕らの世界の弥生時代のようなデュエマを強化するカード出されても困るんですわ。

    とまぁ、単体でクッソ強いこと書いてあっても、生まれる時代を間違えると残念なことになります。と愚痴はこれくらいにしていつものように最初の1枚は続かないセラフィム枠で”霊騎ラビリオニクス”が発表されました。

    画像

    TCG版からは踏み倒しがセイント・ヘッド(セラフィムのサポート種族)からアーク・セラフィムに変更という事で強化になります。
    現環境でピラミリオンが強いと言われているのでこいつも間違いなくアーク・セラフィムの展開要因としての活躍が見込まれます。がしかし、コイツマナから出すのでマナが減ってしまうので後続を呼ぶのが難しくなるという課題を抱えています。セラフィムが場に出た時ブーストするラルゴバニスのコストは6と減ったマナを回復させようにも加速するカードの方がコストが重いという歪な状態になっています。
    というかラルゴバニスがコスト6というのは意味が分かりません。ラビリオニクス前提ならコスト4にする必要がある上にセラフィムのバンプアップ要員に5コスのアラク・カイ・バデスがいる中でラルゴを使う理由がありません。ラビリオニクスとバデスが実装される前提でオリカのラルゴを作るなら4コスでドラゴンとバンプアップ能力を削除して4コスカードとしてデザインするべきハズなのですが‥‥
    という事でセラフィムが活躍するには3コスでマナ加速するカードが来ないとちょっと厳しいです。残り少ない事前発表とカードリスト公開で確認する必要があります。

    今日2枚目は”ガントラ・マキシバス”ビーグルビーがドリームメイトに種族変更されてデュエプレに実装されます。

    画像

    能力はATで1ブーストと変更なし、種族ドリームメイトに変更は普通に強化なのですが‥‥今のドリームメイトは2コスヤッタルワン→バンジョーで探索→パンダで殴るなので3コスカードを手打ちはすなわち事故、8弾ではジャンガルジャン実装により2T目ヤッタルワンができなくてもジャンガルジャン→パンダというラインが追加されるのでATでブーストするコイツを入れる枠がありません。またATでブーストというのが非常に微妙な能力でマナ加速の強みであるテンポアドバンテージがなかなか取れません。なので赤緑多色でパワー4000の生き物としてクイーンメイデンでの事故防止のための5枚目以降のゴンタの枠などが主な役割になりそうです。
    蛇足ですがこのマキシバス君ネタが豊富で、TCG版にはテキストにこのカードをマナゾーンに置いたときタップしておかれるという文が抜けていたり、やたらと構築済みデッキで再録されていました。ちなみにかのガイオウバーンのスーパーデッキにも再録されていましたがアニメではマナにしか置かれていませんでした?(覚えていないのでバトルゾーンに出て活躍していたらゴメンネ)まぁ、ドラグハート大決戦の時代にこんなカブトムシが活躍するなんて不可能なんですよね。今ならキリフダッシュとかで使えるという理由で再録されました、実際に使われていたかはお察しです(去年の夏まではGR、秋から冬はドラグナーという地獄の環境だったので)。

    7弾に引き続いてドリームメイトのプッシュは続きます(セラフィムプッシュの日はまだか)。本日3枚目は”ジェネラル・クワガタン”の実装が告知されました。

    画像

    コストが-1,Cipでドリメを探索しマナ加速が追加と元々の能力と噛み合った能力が追加され強化されました。探索によって若干不安定ですが場にいるドリメと同じカードをマナに埋めることができれば除去耐性付与、このクワガタンの踏み倒し能力は置換効果ではないので提督のウー・ワンダフォーは破壊時マナに行くのと同時にマナから別のウー・ワンダフォーが即座に出てくるという不死身状態になります。コスト6になったので手札が厳しいですがヤッタルワンからフェアリーギフトで3T目に着地可能と早期召喚も可能です。
    欠点は進化獣は対象外な事です、パンダは守れません、また破壊にのみに反応するので盾送りやバウンスには無力という点に注意しましょう。

    大型ドリームメイトが増えてきてパンダで踏み倒した際の上振れ値が上がっていきますが今日の最後の1枚はパンダで捲れたら宇宙が見えるカードが公開されました。オリカ枠で”幻獣竜機ボルパンサー”が赤単色SR枠で実装されてきます。
    画像

    スペックは極神編期ではもはやインチキじみた5コスSAで味方の他のドリメかドラゴン1体に付きPA3000を持つというパンダやバルガで出したら最低でもWBというこれだけでも強いのに、場に他のドリメ&ドラゴンが5体いるとさらにATでコイツよりパワーが低い相手クリーチャーをすべて破壊するという横並べ戦術に対して自分はいい相手は駄目のジャイアンルールをかますやべー能力を持っています。
    で、この能力の組み合わせはどうなのかというと、とりあえず他にドリメかドラゴンが場にいれば5コスでWBという時点で極神編期のデュエプレでは強い部類に入ります。パンダやバルガで出たら即攻撃可能が強いというのは既に証明済み、更に盤面がにぎやかになる程ブレイク枚数が増えるというのは、両デッキの展開力を考えればうなぎ上りのパワーになります。
    除去能力に関しては若干発動条件が厳しいですが間に合って発動さえすればツヴァイ率いるリキピ軍団は全て蒸発、メカオーもスクラップにされ、ドデビルも地獄送り確定とやりたい放題できます。ちなみにこの火力除去、発動条件と相まって最低火力が17500という5cエリクシアとアポロヌス以外現デュエプレのクリーチャーほぼすべてを射程に収めているというぶっ壊れ能力です。発動条件がコイツ以外盤面5体という要求値がなかったら絶対に許されない能力です。
    ただ除去能力を発動させるまで盤面並べる時間がツヴァイやメカオー相手にあるのか?というと疑問符が付きます。ドリームメイトの手札補充能力や除去能力を考えると普通に並べていったら間に合いません(うっかりミリオンパーツにサージェント・クワガタンが上振れればワンチャン?)。ドラゴン軸の場合センチネルとバルケリオスが唸れば間に合いますが、手札が厳しい。と超強力能力ですが実際に発動できるのか?という点ではあまり期待できません
    が、コイツはそんなこと考えず雑に投げつけても十分に仕事を果たします。バルガ、パンダで捲れたらそれだけで最低でも打点+2。加えてコストは5、手打ちで強襲や最後のトップデック解決要員として雑に使えるため除去能力はオマケ(発動したらまったくもってオマケではないのだが)と考えても十分に強いです。
    欠点は最後の良心として受けるときのパワーが僅か3000という点、裁きなどであっさり除去されますが、コイツを場に出されてから除去するという事はすなわち1回は殴られているという事なので‥‥お察しです。
    という事でこのボルパンサー君はドリームメイトや連ドラ、アポロヌスを強化するカードではあるのですが環境をぶっ壊すほど強くはないと思っています。さすがに除去能力の条件が厳しすぎるので環境を破壊しつくして緊急調整なんてことにはならないと思います。ただ8弾環境でドリメ、連ドラ、アポロヌスは上がってくる可能性はこれで非常に高くなりました。これを見ると迎え撃つドデビルはなんかもう一回り何か欲しくなります。そして多分このままいくとアーク・セラフィムとティラノ・ドレイクは負け組として底辺を争う悲しいことになるので何かください(ティラノはTCG版に続いて2連敗のよかーん)
    またボルパンサー君によってリンパオは早くもドリメデッキからは引退を迎えます、ちょっと相手が悪すぎましたね。ジェネラル・クワガタンとボルパンサー合わせてパンダで踏み倒す際の上振れが高くなってきました、7弾環境では下位に沈んでいるドリームメイトが暴力(ドラゴン)の力で逆襲するのが8弾になりそうです(ゴッドはこれに勝てるんですかねぇ‥‥)


    昨今流行りの横並べに対するメタカードの殺意が足りないとぼやいていたら超やべー奴が実装されますが、え~いうほど除去能力はアテにならないデザインをされています。現状上振れたら壊滅する程度なのでメタとしては多分計算できません。ただ、5コスSAのWBというのは間違いなく強いので運営は7弾環境での連ドラやアポロヌス、ドリームメイトの成績が芳しくないと判断してこのようなカードを擦って来たのだと思われます。
    ちなみにボルパンサー君が最も輝くのはビッグバンで展開した時だと思っています。先出し勝負で勝ってビッグバン(当然ドリメが種になる)を着地、能力でドリームメイトを大量展開したその中にボルパンサー君がいたらビッグバンに展開した後ビッグバンな除去が飛ばせる可能性が高いです。
    以上、今日の新弾カード紹介、パンダ将軍の上振れ値絶賛上昇中!を終わります。
    毎日更新で新弾のカード紹介をして行きます。Twitterからもチェックできるのでよろしければフォロー、いいね、リツイートをよろしくお願いします。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。