ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

今日のカード修正について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

今日のカード修正について

2021-03-23 21:39
    唐突にカード修正が来ましたね。僕は今ぐらいから8弾EXパックの収録カード事前公開スタート4月頭にEXパック実装→その結果を踏まえて4月末にカード修正が来ると想定していましたがコラボイベの期間などで想定を大外しし、その上でカード修正がくるという想定外な展開迎えています。が、修正内容自体は想定外という訳ではなく大体想定の範囲内で収まっているのでまだ大丈夫です(何が?)。という事で今回のカード修正に関して突っ込んでいきます。

    まずはボルバルに続く殿堂入りとして”ストリーミング・ビジョン”が1枚しか使えなくなります。
    画像

    いや~TCGのストリーミング・シェイパーからコスト+1と表向きにするカード-1という調整をされてツヴァイ実装前までは良調整カード‥‥もといデュエマ→デュエプレの調整とは?を体現していたカードですが、ツヴァイランサーによって無事?許されざるカードとしてシェイパーと同じ末路となりました。まぁツヴァイがいなければ(もうちょっとツヴァイが弱ければ)健全だったのですがツヴァイの生贄1枚目として殿堂入りしました。
    で、これで何が変わるのかと言えば大して変わらんよなぁ‥‥と思います。ALLの構築がNEWと変わらなくなるだけしかないのでは?と感じます。無論弱体化はするのでしょうが、テクノロジータイプならエナライ→ブレチャ→ネオングライド→テクノロジーとか可能なのでまぁリペアされてまた環境のどこかに青単は生息するでしょう。
    個人的な注目ポイントとしては、後何枚ツヴァイは生贄を捧げて生き延びるのかっていうところですね~wwwそして本体はいつ規制されるのか、またツヴァイがいるから未実装となったと推測できるカードが何枚出るのか今後も楽しみですね。

    そしてナーフカードは2枚でまずは”ジェネラル・クワガタン”から。
    画像

    修正内容はCipの探索マナ加速の削除ですがこれについては妥当of妥当の一言に尽きます。だって考えてみてくださいよ、似たような除去対策カードのインフィニティ・ドラゴンが7コス7000で除去耐性を補佐する能力が何もないのに、何でこいつは除去耐性能力を補佐する能力が足されてインフィニティよりコストが低くてパワーが同じなのか、普通に考えておかしいと感じませんか?僕はおかしいと思います。という事でナーフによってCipが削除されるのは妥当の一言に尽きます。何ならコストが増加しなくてよかったとかパワーが下がらなくてよかったまであります。というかこの時代の6コスってまだ準バニラ基準ならパワー7000という事でコイツの除去耐性のコスト論は驚愕の-0計算です(インフィニティは-2000計算されている)、当然修正前のマナ加速能力も0計算、ぶっ壊れもいいところですね。ドリームメイトをプッシュしたいからといってもやり過ぎてはいけませんという事です。
    そしてこれでドリメデッキが衰退するかと言えば答えはノーで、結局ヤッタルワン、ウルコスでマナ伸びるんで疑似除去耐性によるうっとうしさは変わりません。不安定さが増すがそれでどうにかなるわけではないので多分強いままです(弱体化させたいなら対ビート用の新規カード作るしかない)。

    2枚目のナーフカードは”フルメタル・レモン”変更点はパワー-2000と敗北回避時の山札消費が+2という事でTCG版に戻りました。
    画像

    え~これで何が変わるかというと”実質手打ちのリスクが上がる”以上閉廷です。こいつ最大のイヤラシさは天門のアガピトスから確定で着地して相手獣1体タップ&ブロッカー2体+コイツという鉄壁の壁を築くなので、このムーヴが修正されない限りはコイツもクワガタン同様使われ続けます。一応LOのリスク増加や能力発動回数の減少とかありますが、ブロッカーのアガピトス立てて相手獣1体タップしてからのコイツの敗北回避効果発動という時点で8枚も10枚も変わらんのですよ。一応パワーが1000になったことでピアラ・ハートやベア子姫、バイツやメツで除去できるようになるというのは明確な弱体化要素ですが、上で上げた通りコイツの最大の理不尽ポイントは天門アガピトスで出る事象がヤヴァイので手打ちしにくくなったという弱体化は焼け石に水なんですわ。という事でコイツの修正は的外れということで閉廷とさせていただきます。
    じゃあ、何でコイツが修正されたんだよと思う方もいると思いますがこいつもまたビジョンと同様に生贄枠です。最大のバグはアガピトスなんですよね~
    デュエプレ】「連珠の精霊アガピトス」の評価と採用デッキ | 神ゲー攻略

    何でコイツは多色が出せるのか?という疑問が一生ぬぐえないコイツ。まぁこのツケを運営&プレイヤー全員が9弾環境で支払うことになるでしょう、聖鎧亜夫婦という恐怖によって。
    とまあ現在、未来においてアガピトスがヤバイ奴だと分かっているのに何でコイツが修正されないんだ?とお思いでしょう。8弾カードだからという理由はクワガタンも8弾じゃんという事で通用しません。修正を免れた理由は今開催中のウィクロスコラボに他なりません。
    画像
    画像

    このコラボ企画においてこんな事をしている手前、アガピトスのナーフなんてできるわけがありません。こんなことしてる最中にナーフなんかしたらコラボで入って来た新規プレイヤーや課金組がふざけんなってスマホ投げたり、パソコンにマウスぶつけた後にデュエプレをアインストールデュエプレやめてコラボ企画失敗となるので出来るわけありません。それは人がやることでありません、悪魔の所業です。という事で諸悪の根源たるアガピトスは4月末まで多分修正は入りません。そしてその後は知りません、というかこの記事を見ていてウィクロスコラボから入って来た人(はたしてそんな人はいるのだろうか?)に言っておきます。アガピトス(が入ったデッキのパーツ)は今後修正入るかもしれないので、今のうちに使い倒しておきましょう。そして、修正が入ってもデュエプレをやめないでください(まぁコラボ先もカードゲームだしこういうのは慣れているでしょう多分)。

    此処からはアッパー修正組、まずはアルグロス・クリューソスから。
    画像

    まぁコイツのアッパー修正に関してはいつ来るんだ?と思っていた人も多いでしょう。待望の修正内容はコスト-1とCipでのタップ獣の数+1でした。ちなみにこの修正内容、僕何個か前の記事で予想していたのでズバリ的中しました(やったぜ)。
    で、この些細な修正で何が変わるんだ?と思う方も多いでしょう。なまじ上のナーフが小細工じみて環境変わらねぇなぁと感想を漏らした後でこいつを見るとそう感じるかもしれません。が、この修正、結構アルグロスが使える子になったんじゃないか?と僕は思っています。少なくともデッキにいれてお荷物となることは無くなったとみていいと思います。理由はドラゴンデッキのマナカーブにあります。コッコルピアや龍の呼び声を初動とすると3→6とつなぎます、でこの6コス帯で1マナ加速するドラゴンは現状弱いラルゴバニスという事で6→8は糞雑魚で使い物になりません。この辺はロマネスクやヴァルキリアスのカードパワーに頼っている部分が大きいです。で、アルグロスが8コスから7コスになると6コス帯でマナ加速する必要がなくなり格段に種の選定が楽になります。6コス帯には色が同じで受け札になるベティスや除去のフレイムバーンなどがいるためこいつらを種にアルグロスを出せるようになり、Cipでのタップからのフリーズがぎりぎりパンダとかに間に合うようになりました。これは大きな進歩です。しかしライバルも存在します、それがボルガウルジャック。現状ドラゴンの質を考えると赤抜きは難しいのボルガウルがライバルになります。差別化点としては一時的にしか止められないものの破壊ではないフリーズなのでクワガタンの能力を誘発せずに相手を止められるという点でしょうか、この差別化点を武器に以前よりアルグロスは使える子になりました。


    もう1枚のアッパー修正は”スナイプ・アルフェラス”でした。
    画像

    修正内容はシンプルにディスカードがランダムから選択できるようになった、です。この修正によってドデビルが除去された時、手札にアルゴ・バルディオルがあれば、確定マッドネス能力でバルディオル着地&手札補充が可能となりました。
    まぁこれに関してはなぜランダムにした?と首を傾げる能力だったので妥当な修正です。いくらTCG版で大活躍したからといってデュエプレでお仕置きじみた修正はする必要ないんですよ。強化されたメカオーやドリメを見て何でドデビルを弱体化させたのかは理解できません。このコンボありきなのがドデビルのドローエンジンなので戻ってよかったです、がこれだけで今のデュエプレで通用するかと言えばノーだと僕は思います。ここでネプチューンのMBがMB1ならネプチューンで殴り続けるだけで天門を叩き潰せる(デモハンがない前提だけどね)のですが残念ながらネプチューンの全体除去は1回こっきりと使いどころが難しすぎる調整でまだドデビルは厳しいままだと感じています。
    とはいえまだドデビルには課題も多く環境に食い込めるか?というとまだ強化が足りないかな?と思います。ただ強化に関しては欲しいのはゴーゴンシャック今回来なかったね)とネプチューン(MB3なら相手の手札も山札に戻させようぜ)くらいで基本路線を考えると実装待ちカードが8弾EXパックで登場するのが最大強化かなと思います。という事で8弾EXパックの内容公開はよというです。

    とまあ修正内容自体はレモン以外は妥当と言えば妥当でナーフに関しては半分焼け石に水、アッパー修正組も環境に食い込むには一手足りないかなぁと思います(アッパーが無かったら2手足りないのでないのは絶許)。そしてティラノは何処をどうアッパーすればいいのか運営も皆目見当ついていないようです(僕も思いつかん)。というかティラノは足りないパーツがTCG版の段階で多すぎるので環境入りさせるなら相応のオリカが必須(アガピトスクラスが来ないと多分無理)な事は分かるのですが果たして来るのやら、その辺やナーフ勢の更なる修正の可否、アッパー組の更なる活躍はEXパックに賭けるしかないかなぁと僕は今日の修正を見て思いました。
    以上今日のカード修正に関して個人的な考察でした。。今後も不定期で考察などをしていくのでTwitterからもチェックできるのでよろしければフォロー、いいね、リツイートをよろしくお願いします。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。