ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

デュエプレ10弾実装カード予想ナイト編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

デュエプレ10弾実装カード予想ナイト編

2021-08-02 19:40
    緊急メンテの結果ランクマの延長戦が発生し、バトルアリーナの優先権がどうなるのかが未発表。とはいえ開催そのものは予定通り行われるだろうし、その後に普通に新弾実装はしそうです。巷ではスケジュール大丈夫?なんてささやかれていますが、今回のトラブルと新弾関係は別部署だと思うので関係ないかなぁと思っています。

    という事で毎度恒例、新弾カード予想ですが、今回は戦国編のメインギミックの片割れ、ナイト編です。TCG版ではスーパーデッキクロスでの強化もあり、強かったという評価なので、デュエプレでも活躍が期待できます。


    まず、ナイトデッキと言っても大きく分けると2つに分けられます。まずはナイトコントロールから。



    まずは呪文軽減のドラム・トレボールやフランツ1世を展開。




    そこからナイトマジックによって効果が倍増したバレット・バイスによる2ハンデスやデュアル・ザンジバル小型獣除去につなげていくのが鉄板の動きでした。



    デュエプレでは諸々の理由でデュアル・ザンジバルではなく赤のソード・ランチャーが主流になる可能性もあります。



    その後、オープン・ブレインで4ドローを決めて圧倒的アドバンテージ差を生み出すのがナイトマジック軸のコントロールデッキの基本的な流れです。




    他、墓地から呪文を回収し上記の呪文の使い回しを可能とするデ・バウラ伯、呪文版アクアンの元殿堂カードアヴァラルド公もいるので常に呪文を撃つ体制を確保可能。




    またオープン・ブレイン以外にもソウル・キャッチャーやグローリー・ゲートの存在から青抜きでも簡単に手札を確保できるのもナイトの強みです。



    対速攻面でもブラッディ・シャドウのGO能力によってソウル・キャッチャーで簡単に使い回したり、オープン・ブレインやグローリー・ゲートで引いてから即時召喚が可能と非常に守りを厚くすることができます。

    とまぁデッキを回すエンジンの基盤として非常に強いのがナイトマジックというギミックなので現デュエプレの除去コンで使われ続けるアクアンに対抗できる強さがあると思っています。
    なので実装後もアクアンが環境に居座りナイト軸が環境での存在感が薄い場合、調整がある可能性がありますが、まぁ上記のエンジンはクソ強いのでその心配は無用でしょう。



    ナイトコントロールで不安なのはフィニッシャーかなぁと思っています。ナイトの大型獣はやや癖が強いです。なのでそれらを使うより、ブラッディ・シャドウをキング・アルカディアスやクイーン・アルカディアスに進化させるはTCG版と同様に行われそうです。そしてソード・ランチャーの存在から赤入り構築はゲキメツを使うという可能性が極めて高いと不遇好きは想定しています。
    なので、ナイトの大型獣をプッシュする場合、特にゲキメツが目の上のタンコブになると運営が判断する可能性があるので、ナイトコントロールのフィニッシャーは修正次第で何が据えられるかが変わりそうです。


    新規のデッキエンジンとして活躍しそうなナイトコントロールの一方もう一つのナイトデッキ、”ロマノフサイン”は環境に進出できるか不安が残ります。



    単純にインフェルノ・サインでロマノフ1世をリアニメイトするのはゲートが4枚使用可能でサファイアが出せたり自前でリアニメイトしてくるゼロ・フェニックスがいるデュエプレでは見劣りしそうなんですよね。
    また探索化によってロマノフ1世のCipは黒の呪文限定となる可能性があり、疑似除去耐性を付与するグール・ジェネレイドを墓地に落とせなくなる、ATの呪文詠唱も墓地に落ちた呪文の種類次第で狙った呪文を唱えられないなど、汎用性が低下することが半分確定しているのも不安要素。



    なのでロマノフ1世の呪文踏み倒し能力を即時起動できるようにする煉獄と魔弾の印を先行実装するくらいは欲しいところです。



    またこれまでのデュエプレでの墓地肥やしはサファイアやゼロ・フェニックスが1体置かれればいいでしたが、ロマノフサインでは複数種のカードを墓地に用意する必要があります。ロマノフのCipで墓地を肥やせるとはいえ墓地にはリアニ呪文を用意&追撃を可能にする2体目のロマノフに除去耐性用のグールと墓地肥やしの要求値は高めなので調整版カラフル・ダンスの実装など墓地を一気に肥やせるカードも新規で必要になりそうです。

    他、ナイトにはビート向けのカードもあるのですが、サムライとの差別化や収録枠を考えると10弾はナイトコントロールとロマノフサインの関連カードを集中実装するだろうと思っています。
    強さに関しては‥‥ナイトコントロールはフィニッシャーが修正などで振り回されそうだがこれまでのアクアン軸からの世代交代を期待しています。ロマノフサインはオリカや魔改造カードが来る可能性があると言った具合です。
    これで10弾実装カード予想ナイト編を終わります。次回はロマノフサインより不安が一杯のサムライ編です。ブロマガが10月閉鎖されてしまうので他のブログサイトへの移動が発生します。記事の投稿は続けて行こうと思うのでぜひ不遇好きのTwitterでのフォローをよろしくお願いします。





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。