キメウチオケラ#5(コラム編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

キメウチオケラ#5(コラム編)

2018-10-07 12:34
    キメウチオケラのコラム編です
    今回は自分と競輪の話です

    自分は
    初めてやったギャンブルは競輪
    親に連れられて入ったのはぱちんこ。だけど、
    自分の金で遊んでないので、ギャンブルではないとして。

    ぱちんこも、パチスロも。競馬も競輪も、ボートレースも、オートレースも。
    結局、自分の金で買う事がベースになる。
    みんなでやるのも楽しいけど、大きくいえば、ギャンブルは一人の世界

    そして初めて賭けたレースは大波乱の6−6で決まったレースだったと思う。
    もちろん自分は買ってない。

    初めて当てたのは枠番単式で6-2、
    はじめての万車券は車番単式で4-1
    それに自分の誕生日2-1-7
    この3つは当時も今も、ちょいちょいかける出目。

    配当の1万円というのは、ハマるきっかけには必要と自分は思う
    ボートレースがそうだった。パチスロの延長線上で、収支表つけてて
    読み返した時、万舟を取ってから、賭ける金額が跳ね上がる
    当時の自分の心情も含めて、あの万舟がボートレースにハマるきっかけと断定
    おそらく、競輪にハマったきっかけも4−1で万車券とった事からに思う。

    競輪を一時期やめるきっかけになったのが
    収支表をつけてて、回収率8割切ってから。
    パチプーしていた事もあり、G1決勝の優勝1点予想1年分全部外したら競輪やめると決めて
    実際外し、やめた。

    最近になってパチスロぱちんこが、あまりにもつまらないのと
    ミッドナイト競輪が賭けやすいのもあって、10年以上ぶりに復活。
    昔ほど当たんないけど、予想の仕方とか、基本的なことは覚えてるもんですね。
    最初から違和感なく楽しめました。
    ガールズのラインなしは最初戸惑ったけど
    予想仕方もわかってきたし。

    まあ、こんな感じで公営ギャンブルの面白さ
    やってる人の印象とか勝手な話をコラム編であげます
    たまにね。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。