公営ギャンブル場に行ってみた #3
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

公営ギャンブル場に行ってみた #3

2020-04-05 12:34
    3回目です。 まあ、思い出の深い場から追っていくつもりが、
    自分の地元豊橋競輪場を中心に徐々に遠くなっていく
    という感じになりそうですね。

    というわけで今回は蒲郡競艇場

    個人的には、派遣の仕事でここの近くに1年弱住んでいたことがあり
    休みのときは、ぱちんこか蒲郡競艇によく行っていた。
    ちょうど4号機終盤の時期で、スーパーハナハナ30、ナナシービッグ、ジャグラーTM
    をよく打ってた頃。競艇は本当に勝てなくて、いろいろ試行錯誤していた時期
    場内の食べ物は、2階のたこ焼き、1階の回転寿司が好きだった。

    蒲郡競艇といえば、ナイター開催で、舟券売り上げが一番多い場ランキングで
    常に上位に入るところでもあり、客の入りも多い印象はある。
    そして、ごま油の匂い。近くにごま油の工場があるので、その影響
    公営のビッグレース観戦は豊橋競輪、浜名湖競艇ではなく、蒲郡が初
    テレビも来てて、芸能人も来てて。当時の競艇の定番ではあるが、生島ヒロシさん、
    加藤茶さん、クワマン、蛭子能収さんとか。
    その時、エンターテイメント性の強い公営ギャンブルの違う一面を見た。

    蒲郡競艇場の特徴は、自分は浜名湖基準になるが
    6コースでもチルト3で捲りが届くという印象がある。
    要するに、カドが届く感じ
    後、水は汚いが、ナイターのライトアップで綺麗に見える
    選手も、水神祭はここでは控えたいと思う
    5年前ぐらいにスタンドが一新して、一気に綺麗になって
    電子マネーが使いやすくなっている。
    個人的に、電子マネー購入は好き。紙だと、レース番号とか場とかマークミス
    してたりすると、仮に当たってても捨ててる可能性があるのが怖い。

    ボートバカ一代改め、ボートガマ一代というyoutubeの番組は
    蒲郡ボートレースで収録しているが、ボート番組の中では一番面白い。
    見てると、たまに蒲郡ボートに行きたくなる。
    ボート番組で展示を重要視している人って少ないけど、
    展示重要視派の、数少ないちゅうさんの予想は割と参考にはなる

    話は変わるが、ボートの展示が参考になるレースって、
    自分が競艇やり始めた持ちペラ制度の頃は100レースに1回ぐらいだったけど、
    最近は10レースに1回ぐらいで展示を見たから買えた穴目ってのがある気がする。
    一般レースなら展示はとりあえず見た方が良い。
    買う買わないはその時のインスピレーション。
    展示で大きく見るべき所は、自分はやる気を見せてるかどうか
    展示でやる気がない選手は、エンジンに自信がある可能性あり
    展示で一生懸命な選手は、エンジンに自信がない可能性あり
    まあ、本番で一番良いレースをする為にするべき事を考える。
    この辺の考え方は、学校のテスト勉強みたいなもので、
    自信ないと直前まで勉強するけど、自信あるときの直前は確認程度。
    逆に、赤点上等で諦めるときは、ただ何もしない。
    一般的に展示で言われるターンマークで膨らむだのばたつくだのは、
    自分はほとんど関係ないと思ってる。まあ、個人的な意見ですが。


    というわけで、蒲郡ボートレース 場の海鮮かき揚げ丼は500円というコスパ的におすすめ
    でも、本当に最近ボートレース人気が凄くて時々、売り切れがある。
    以前はそんな事なかったと思うが。

    というわけで、蒲郡ボートレース場でした。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。