• おじいちゃんの記憶を巡る旅 プレイ後雑記

    2020-06-26 23:22
    こんにちは
    腐け顔キングと申します

    今回はおじいちゃんの記憶を巡る旅について書き残したいと思います。





    【環境等】
    ・PS4
    ・トロコン達成

    【5段階評価】
    ★★★★ 星4

    【良かった点】
    ◆温かみのグラフィック
    ・リアルなグラフィックのゲームもいいですが、たまには温かみのあるイラストのような
     グラフィックはゲームの雰囲気のもあっていました。

    ◆グラフィックだけで語られる、心温まるストーリー
    ・文字は一切なく、グラフィックだけで語られるストーリーでしたが、すごくわかりやすく、
     プレイヤーが置いていかれることはありませんでした。
    ・最終パートはちょっとうるっと来てしましました。グラフィックも含めて、非常にいい
     雰囲気を作っていて感心してしましました。

    ◆独特なシステムのパズルゲームを生かした要素
    ・横視点のパズルゲームと聞いて購入しましたが、イメージといい意味で違いました。
     理解するとすごく楽しく、解けたときはテンションが上りました。
    ・パズルゲームは単調になりやすそうですが、ステージごとに工夫がしてあり飽きずに
     プレイできました。


    【悪かった点・気になった点】
    ◆パズルゲームなので単調といえば単調
    ・あえて書くならですが、パズルゲーム+落ち着いた雰囲気のゲームなので、盛り上がりに
     かけると感じてしまう人もいると思います。


    【総括】
    ・暇つぶしにすぐクリアできるゲームを探していて見つけたのですが、非常にいい作品で
     大当たりでした。
    ・ボリューム的には一周普通にクリアして、その後チャプターセレクトからトロコンする
     くらいが丁度いいと思います。

    以上です。
    ここまでお付き合いいただきましてありがとうございました。


  • 広告
  • パラッパラッパー PS4版 プレイ後雑記

    2020-06-20 21:27
    こんにちは
    腐け顔キングと申します

    今回はパラッパラッパー(PS4版)について書き残したいと思います。






    【環境等】
    ・PS4
    ・トロコン達成

    【5段階評価】
    ★★☆ 星2.5

    【良かった点】
    ◆独特な世界観とリズミカルな様々な音楽
    ・PS時代の名作なだけあって、独特な世界観と音楽が非常にマッチしていてプレイしていて
     楽しかったです

    ◆6ステージだがバライティある曲たち
    ・ステージ数は6と少ないですが、少し難し目の難易度もあり十分楽しめました。
     どの曲もノリが良く、プレイしていて飽きはなかったです。


    【悪かった点・気になった点】
    ◆普通の音ゲーだと思わないほうがいい
    ・譜面を叩くタイミングが独特で、どこでミスしたかも非常にわかりにくいため、
     壁にぶつかると、どこが悪いのか全くわからないのが辛いポイントでした。
     私はステージ4で壁にぶつかりましたが、最初の数回はどうしてクリアできないのか
     全くつかめませんでした。

    ストーリーパートが見ずらい
    ・ストーリーパートの字幕が非常に見づらかったので、正直見るに堪えない感じでした。
     ストーリー部分の映像はPS時代そのままでリメイクされていないのでそこは注意ですね。
     動画である程度ストーリーを知っていたのでかなり飛ばして見てしまいました。



    【総括】
    ・かなり癖のあるゲームですが、音楽は非常に良かったです
    ・定価が2000円ほどということですが、2000円だとちょっと高いなと感じてしまいました

    以上です。
    ここまでお付き合いいただきましてありがとうございました。


  • Call of Duty:WWⅡ プレイ後雑記

    2020-06-14 00:50
    こんにちは
    腐け顔キングと申します

    今回はCall of Duty: WWⅡについて書き残したいと思います。






    【環境等】
    ・PS4
    ・キャンペーンのみプレイ
    ・ゾンビモードは1度やって合わず断念
    ・オンライン対戦は未プレイ

    【5段階評価】
    ★★★★ 星4

    【良かった点】
    ◆第二次世界大戦を戦う重厚なFPS
    ・前回プレイしたCoD:MWRは精鋭特殊部隊を操作する感じでしたが、今回は第二次世界大戦
     が舞台ということもあり、リアルで重厚な銃撃戦を楽しめました。


    ◆ハイクオリティなグラフィックで描かれる兵士たちの葛藤
    CoD:MWRと比べ、非常にリアルなグラフィックで、キャラクターたちの表情もしっかりと
     描かれていました。CoD:MWRはあまり感情移入できず、あっさりとしたストーリーに感じ
     てしまいましたが、今回のWWⅡはストーリもよく、しっかりと楽しめました。
    CoD:MWRは前述したとおり、特殊部隊での制圧という感じで、こちらのほうが強いという
     印象が強かったですが、WWⅡでは緊張感がありそのあたりも飽きずにキャンペーンをプレ
     イできました。

    ◆リロードの音が気持ちいい
    ・CoD:MWRと比べてばかりですが、WWⅡの世界設定の関係で銃が昔のものということも
     あってか、金属音がするリロード音で、すごく気持ちが良かったのを覚えています。


    【悪かった点・気になった点】
    ◆演出面の細かいこだわりが欲しかった
    ・これは前作にもあったのでCoDシリーズの名物(?)なのかもしれませんが、味方のやられな
     いキャラクターにバンバン敵の弾が当たって血が出るエフェクトが出たり、演出上いてほし
     くない場所に敵がいてしまうことがあるなど、ちょっとなんとかならなかったのかなと
     思う場所がありました。


    【総括】
    ・グラフィックは非常に良くできていて、キャラクターもしっかりしていたのでいい
     キャンペーンモードでした。
    ・ここ最近FPSをよくやったので、FPSゲームへの敷居がすごく下がってよかったです。

    以上です。
    ここまでお付き合いいただきましてありがとうございました。