V-Side2 感想のようなもの
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

V-Side2 感想のようなもの

2014-02-26 14:48
    ニコ生の方で縛りプレイをして楽しんでた今は無きフリーソフト「V-Side2」。
    これについてちょいとプレイ感想的なやつをやりたいと思います。

    2とあるんですが1は完全にリバースのシナリオでした。
    フォルス能力者が襲撃される謎の事件の黒幕を探してぶっ飛ばすというシナリオ。
    主人公はヴェイグ・サレ・ミルハウストの3人。
    終盤ステージになると共に活動する機会の多かった相方的なキャラが
    サポートキャラとして登場したり
    その他にもサポートキャラが結構いたりボスも元ネタ沢山あって好きなのですが

    やっぱ2の完成度はやばいと思います。全員使ってて本当に楽しいですw
    さて、縛り内容が主に「1ステージにつき1キャラ」だったので、
    今更ながら操作キャラ全員の総評のようなものを書いておきます。

    ・ヴェイグ
    扱いやすい主人公。器用貧乏かと思いきや相当技のスタイルの幅が広く、
    オールラウンダーというよりは完全に主人公ならではのチート性能かも。
    次回予定のラストステージをいかに盛り上げてくれるのか楽しみですww
    ・サレ
    愛すべきメイン1人目。1の頃から愛用してました。
    こいつに限らず自分はスピードキャラを使用する傾向があります(例外:陽気な吸血鬼)
    変態染みてる動きしてますが実際強い、私がどうしても彼を嫌いになれない理由は多分これ。
    ・ミルハウスト
    単純なパワータイプかと思ったら面倒な仕様の技の多い困った騎士。
    ただ火力は本当に作品中トップクラスなのでハマれば強い・・ハズなんだけどな。
    大型の敵を簡単に蹴散らせる爽快感がクセになるのでまた使いたい。
    ・暴走ヴェイグ
    汚名返上したけどやっぱちゃんとリベンジしたいです。
    生放送では唯一のゲームオーバー要員となりましたが唯一なのでやっぱり苦手なのかも。
    彼の「あるもの」は実を言うと生放送で見せたかった。いつか見せるかも。
    ・ミリッツァ
    私がステージ数をちゃんと覚えていればあんな事にはならなかったのに(苦笑)
    大丈夫、番外編プランでちゃんと操作しますのでご了承ください。
    リグレットと似た性能かと思ったら大間違い、吹き飛ばし性能の高い強キャラなのです。
    ・リグレット
    愛すべきメイン2人目。放送でも言った通り、初見クリアは(多分)彼女です。
    手数と追撃を軸としたコンボアタッカーですので気絶を出しやすくボス相手に活躍、
    それからは彼女自体がお気に入りとなってしまい他作品(ソシャゲ他)でも贔屓しまくりにw
    ・アビシオン
    見た目変わり過ぎィ。武器持ち替えをそこまでやってなかったなと今思う。
    ちなみにやってて一番楽しかったのは両手剣辺りかなーと。
    こいつ、「あるもの」がやたら数があるのです。後々検証予定。
    ・バルバトス
    \デデーン/ これに尽きるwww 嘘です操作メッチャ楽しかったです
    若本ボイスの雄たけびで敵が固まるのは流石の一言。マイクヤバカッタ
    ラッシュレベルMAXで性能がおかしくなるのでもっとそれで暴れておきゃよかった。

    バグのせいでFINALを残したままですが、
    フリゲのテイルズ格ゲー(厳密に言えば違うけど)の中でも完成度は極めて高く
    本当に勿体ない知名度の無さだと自分は思います。
    なので少しだけ、レモン汁を落としておきます。

    ヒント:キャッシュサイト

    次回予告
    ・ミリッツァが旅する不憫な精霊の地
    ・ヴェイグ、槍と雷を避けまくる

    次回のV-Side2はこの2本でお送りする予定です。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。