• 3.13 JR西日本アーバンネットワーク大混乱について思うこと

    2019-03-20 19:58
    実に5年ぶりにこのブロマガを開いた。
    ご無沙汰である。

    さて、先日大きな交通大混乱が近畿地方全域を襲った。
    3月13日、長岡京駅で発生した車両故障を発端に、終日列車の運転見合わせや大幅遅延が
    JR京都線・JR神戸線・琵琶湖線・湖西線・奈良線・学研都市線・東西線・嵯峨野線など
    広範囲で発生した件である。

    どうやらこの件について、JR東日本の上野東京ラインや湘南新宿ラインなら
    直通運転をそうそうに切り上げて事態を収拾しようとするのに、JR西日本は京都線と
    神戸線の直通運転を切り上げることができずに遅れを長引かせた!という見方があるようだ。

    私はこの味方には賛成できない。
    そもそも、両者の環境の違いを無視した比較だからである。

    まず、JR東日本の上野東京ラインや湘南新宿ラインは、まったく別系統であった
    東海道線・高崎線・宇都宮線を新しく敷設した線路で結合することによって、
    直通運転も実施できるように改良したものである。
    なので、もともとの終着駅に折り返し設備は残されており、いざ有事の際は旧来の
    別系統運転に切り替えることで、遅れの拡大を防ぐのである。
    平常時の利便性を向上しつつ、有事のリスク管理も考えたうまいやり方だ。
    もっとも、開業当初はそうではなかったようだが・・・

    一方、JR西日本の京都線と神戸線であるが、これは国鉄からJRに変わった際、
    JR西日本が便宜的につけた路線愛称である。
    つまり、運転系統とはまったくリンクしていない。
    事実、国鉄時代から東海道本線米原駅と湖西線永原駅から大阪駅を挟んで山陽本線姫路駅まで
    一体の路線として新快速・快速列車が運行されてきた。
    大阪駅はずっと途中駅だったのである。
    もちろん、ここで運転系統を切り離すことなど想定されていないから、
    折り返し運転に適した構造ではない。
    当然である。

    このような違いを無視した単純な比較は、ちょっと控えていただきたいものだ。


  • 広告
  • 民主党が”国民の生命は守らない”と衝撃の宣言@衆院予算委

    2015-03-04 07:15
    皇紀2675年 3月4日
    霧雨が降り、肌寒い朝である。

    ひな祭りの昨日、衆院予算委員会において衝撃の発言があった。

    民主党の枝野幹事長が
    国民の多くが餓死する状況でなければ武力攻撃を受けたのと同じとは言えない・・・」
    と発言したのである。
    その詳細については下記のURLの記事を参照されたい。
    http://hosyusokuhou.jp/archives/43029020.html

    この発言、ホルムズ海峡が封鎖された際の対応に関する議論の中で出たものだが、
    枝野氏はこの発言が意味するところの重大さを考えて発言したのであろうか。
    是であれば、日本国民の生命を毛ほどにも考えていない人物。
    否であれば、自分の発言すら満足にコントロール出来ない人物。
    いずれにしても国会議員としてふさわしい人物とは到底言えない。

    しかも枝野氏は民主党という国政政党の幹事長である。
    その発言は党の方針と解されてしかるべきである。
    にしてはあまりにも軽い発言ではなかろうか。

    では上記の発言

    ”国民の多くが餓死する状況でなければ武力攻撃を受けたのと同じとは言えない”

    について詳しくみてみよう。

    まず冒頭、”国民の多く”である。
    ここは日本語の難しいところであるが、一般に

    ・多くの○○=many of ○○
    ・○○の多く=most of ○○

    と英訳するのが通常である。
    この2つ、よくわかりやすく日本語で書けば

    ・多くの○○=たくさんの○○
    ・○○の多く=大半の○○

    となる。
    すなわち
    ”大半の国民が餓死する状況でなければ武力攻撃を受けたのと同じとは言えない”
    と書き換えることが可能である。

    ぞっとする・・・
    1億3000万人の大半というからには、死者は1億人を下るまい。
    1億人死んでやっと武力攻撃と同等だと言うのである。

    狂気
    というほかない。

    次に”餓死する”である。
    石油の大半を中東からの輸入に頼っている日本にとって、
    ホルムズ海峡が封鎖されると何が起こるであろうか・・・。

    簡単である。
    まず、ガソリン・軽油といった燃料の供給がショートする。
    続いて、石油炊きの火力発電がストップする。

    燃料供給がショートすれば、トラックによる物流は当然ストップする。
    東京の食糧は何日もつだろうか・・・。

    もう、お判りだろう。
    民主党は
    1億総玉砕すればそれは武力攻撃だ。
    と言っているのだ。

    これがかつて政権を握ったこともある国政政党の幹事長がいうことだろうか。
    まさか、と思いたいが、残念ながらこれは現実である。

    政府の最も重大な責任は
    国民の生命・財産の安全を守ること
    である。
    これを放棄すると宣言した民主党に、政権を担う権利はない。
    潔く国政の場から消え去るべきであろう。

    そして、枝野幸男。
    こ奴を絶対に次の選挙で当選させてはいけない。
    それはひとえに埼玉県民の肩にかかっている。
  • ひゅきの徒然草 2014/12/14号

    2014-12-14 13:17
    皇紀2674年12月14日
    本日は衆議院議員総選挙の投票日です。
    寒さ厳しく、荒天のところもあるようですが
    有権者の方は国民の権利をぜひ行使していただきたい。

    こんな日なのでおもいっきりユルイ話題をやろうと思う。

    私は”ちっぱいは正義!!”派である。
    が、ロリコンやペドではない。
    大人のスレンダーな女性が好きなのである。

    だが、巨乳が嫌いかというとそうでもない。
    張りのある巨乳に顔をうずめるのは男のロマンだと信じてやまない。

    省みれば10代のころは”大きいことはいいことだ!!”だと思っていた。
    今にして思えば若かったなあと思う。

    ひゅき


    PS

    これはユルイというよりエロいだけではないか?
    という反論は受け付けませんのであしからず。w