ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【思い出】個人的・沖縄に引っ越して驚いたこと
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【思い出】個人的・沖縄に引っ越して驚いたこと

2021-02-28 20:41
  • 1

 皆さんこんばんは。


 今日は沖縄に住んでいた時の思い出話です。


 生活様式や文化や気候など、本土とは違って驚いたことをいくつか紹介したいと思います。




・台風


 沖縄の台風はやはり強かったです。


 台風は関東や東北に来る頃にはいくらか弱ってるのですが、沖縄には元気な状態で到達するので雨風の勢いも本土で体験したもの以上でした。


 台風明けで外に出たら3~4メートルくらいある大きめの街路樹が引っこ抜かれて道路に転がってたのを見たときは「なるほどなぁ…」という気持ちになりました。



 でも島なので河川が氾濫して堤防が崩れて大規模に冠水するみたいなパターンの災害はなかったと思います。たぶんすぐ海に流れていくから水はけが良いんでしょう。





・洗濯物


 なぜか沖縄ではタオルが洗濯するとめちゃくちゃゴワゴワになった記憶があります。


 柔軟剤も使ってたのにバスタオルがたちまち顔をゴシゴシ拭くと痛いくらいボロ雑巾並みの肌触りに成り下がってました。


 本土の水道水は軟水ですが沖縄は硬水なので、そのことが関係しているんですかね?






・ゴミ収集システム



 沖縄全域がそうなのかはわからないですが、ぼくが住んでいたところは家庭ごみの収集の仕方が本土の地元とは違って驚きました。


 地元はゴミ集積場にゴミ袋を出しに行って、そこに収集車が来るというたぶん一般的なシステムです。


 しかし沖縄の住んでいた地域では回収の日に家やアパートの道路に面したところにゴミ袋を置いておくと収集車が巡回して集めていくというシステムでした。


 ゴミの日は収集車が焼き芋屋みたいな感じで音楽を鳴らしながら回るんですよね。


 収集車の後ろに回収する人が捕まって、ゴミの前に着いたらパッと降りて回収…という感じのをやってるのも何度か見かけました。



 それを始めてみたときにぼくは「コマンドーで見たやつやんけ!!」とテンション爆上がりしました。


 冒頭のシーンでゴミ収集のふりをしたクックが「とんでもねえ、待ってたんだ」と言って射殺するシーンと同じだったのです。


 一回くらいはゴミ袋を抱えて「おーい!待ってくれ!行ったかと思ったよ…」と呼び止めようかなと思ったのですが、ネタが通じたら射殺されてしまうのでやめました。


 調べてないから何とも言えないのですが、沖縄が元グリーンベレー式ゴミ収集システムなのもアメリカ統治時代の名残なんですかね?



 そんな感じでゴミは玄関の前に放り出すだけというルールでした。


 ある意味楽ではあったのかもしれませんが、気を付けなくちゃいけないなと思ったのは宅配の段ボールをまとめて出したときのことです。


 ゴミ回収はたぶん9時から10時くらいなのですが、早起きするのがめんどくさくていつも前日の夜に出していたんです。


 そのあとでジュースが飲みたくなったので買いに外に出ると置いたはずの資源ごみが跡形もなく消え去っていました。


 その時に気付いたのですが施錠できる集積所と違って出しっぱなしだから資源ごみは前の夜に出すとホームレスが持っていってしまうんです。


 それ自体は別にゴミが誰の手に渡ろうがぼくの損得には関係ないからよかったのですが、気付いてから後悔したのは宅配の個人情報が書いてある部分を剥がしていなかったことです。


 たとえゴミ収集車の人の手に渡ろうがヤバいのは一緒なんですけど、万が一見かけてもプロ意識で処理してくれそうなリサイクル業者ではなく完全な部外者の手に渡ったことでよくないなと痛感しました。


 それからは念入りに全部剥がしてから捨ててます。


 だいぶ前の話だし今どきはもう当たり前のことになってるかもしれませんが、皆さんも気を付けてください。





・沖縄も冬になれば寒い説


 これは結構言われていることで、特に地元の人はよく言います。


 別に夏場みたいに年中半袖短パンで過ごせるわけじゃないよという話なのですが、沖縄でも冬になればみんなコートを着て出歩いてます。


 地形が島なので風が吹いていて気温に対する体感温度は低いかもしれません。


 今日は沖縄の冬は寒い説について東北育ちのぼくがジャッジを下したいと思います。








 全然寒くないです。



 向こうの人は地元民も移住民もみんな寒いという言葉を禁句にしろと思うくらい寒くないのに寒いと言い張ります。



 なぜそう感じるかと言うと、沖縄に住んでいたら寒さ対策をしないしする必要がないからだと思います。


 そりゃあ適当な格好で外を歩いたら最低気温10度前後の日でも寒いと感じるに決まってるだろ…


 しっかり着込んでマフラーや手袋で武装すれば寒いと感じる日はほぼないと思います。


 武装しても寒い日を寒いと言うんですよ(北国特有のイキり)


 実際のところぼくはエアコンの暖房やストーブを一切使わずに冬を越せてました。


 真冬の一番寒い時期でも部屋着の上に毛布をかぶってインスタント味噌汁にチューブ生姜を入れて飲んだら暖房なしで凌げたので、沖縄在住で光熱費削減に悩んでいる人は試してみてください。



 ちなみに最近の東北地方は真夏35度真冬-10度みたいなイカれた調整になってて、普通に夏場で沖縄のほうが気温が低い日もたくさんあったので、トータルの過ごしやすさで言ったら沖縄は相当マシかもしれないです。


 沖縄もえげつない湿度のせいで気温以上に過ごしづらかったりしましたけど、比べてみるともう沖縄のほうよくね…?って思うことが多々あります。


 この国は住みづらくなっちゃった…






・花粉からの解放



 個人的な沖縄のダントツ最強メリットです。


 沖縄県スギ花粉ないです。


 花粉症に苦しむ人にとっては安息の地でした。



 これは聞いた話で一説によるとなのですが、そもそも日本人がスギ花粉で苦しめられているのは戦後の復興政策で早く育って加工しやすい材木を確保しようという名目であちこちにスギを植えまくったかららしいです。


 そのスギが育った結果、花粉が大量飛散してアレルギーを発症する人が多発してしまった…というわけで、昔は花粉症なんてなかったと言われているとか。


 そしてそのスギを植えまくっていた頃、沖縄はアメリカの統治下でその政策が及ばなかったから今になって花粉症の聖域となったのではという話です。


 





・バスがめちゃくちゃ遅れる


 こんなにガッツリ遅れるバスって現実に存在してたんだ…ってなりました。


 外せない用事でバスを使わなくちゃいけなかったときに30分とか1時間とか遅れて、いつ来るのかわからないのでバス停にいるしかなくて酷い思いをしたことがあります。


 沖縄は実用性がないに等しい短小モノレールがちょろっと通ってる以外は完全に車社会で、島なので坂道やカーブなど入り組んだ道も多く、渋滞しがちです。


 そのせいもあってかバスが遅れることも多々あるのですが、ぼくは同じ路線のバスが2台並んで走っているのを見たことがあります。

 遅れすぎてひとつ後の便に追いつかれちゃってるということです。



 そんなわけで公共交通機関がアテにならないので、沖縄で暮らすには車を持ってないと話にならないでしょう。

 それかせめて原付バイクとか…


 自転車は絶対おすすめできません。暑いし坂道多いし…




・「○○しましょうね」



 沖縄の人はステレオタイプなイメージで語られているように訛りがきついなんて事はなくて、イントネーションの違いや独自の語彙などはあるものの東北のクソ田舎に比べたら全然日本語圏でした。


 逆に標準語が浸透しすぎて若者が沖縄の言葉(うちなーぐち)を聞き取れなくなってしまっているという問題があるくらいのようで、文化が失われないよう継承に力を入れているみたいです。



 そんなわけで沖縄に住んでいて言葉で困ったことはないのですが、一番意外だったローカルな言葉遣いが「○○しましょうね」というワードです。


 「じゃけん夜行きましょうね」と同じトーンなのですが、ニュアンスが若干違います。


 これが沖縄では「○○致しましょうか?」とか「○○させていただきますね」という感じの丁寧な表現という意味になっていて、買い物している時に店員さんが「食品と日用品、袋分けましょうね」と言った感じで話しかけてくることがありました。


 最初はそれが丁寧な表現なんだと知らなかったので「タメ口!?」と少し驚きました。


 でも慣れると客の側としても気楽に「あっ、どうもー」って感じになれるのでぼくは割と好きでした。


 働いていると自分が「○○させて頂いてもよろしいでしょうか?」みたいなガチガチの敬語で機械のコミュニケーションをすることがあるし、客であるときも店員にされることがあるじゃないですか。


 そうせざるを得ないしそうするのが一番楽だけど、それで「敬意を払われてるなぁ」って気分良くなってる人ってたぶんそんなにいないですよね。


 それに比べると同じ丁寧な表現でも「○○しましょうね」は気さくな感じがしていいなと思います。






・おわりに


 というわけで今日は沖縄に住んでいた時のカルチャーギャップをオムニバス形式で書いてみました。


 忘れてるだけでほかにも新鮮だった経験があると思います。


 いいエピソードを思い出したらまた書きますね。


広告
×
タオルに関しては乾かす前に振る、とかのテクニック面もありそうですが、場所によってちがうというなら沖縄の気候からくる「乾燥させすぎ」が怪しい所。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。