ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

hibaさん のコメント

自分も同じようになったことありますしそういった療養もしてました。行動すればいいのは分かってるけど、気力が出ない。時間はあるのに1日が恐ろしく短く終わる、そんな感じですかね。今でも一日動いた日なんて「人間って1日でこんなにできるのか」とか思ったりします。
まあそんな泥沼な日々でいつも言い聞かせていたことは「絶対やけくそにならず快癒するぞ」っていうことですかね。無計画でもそこだけは意地で持ってました。
あとはまあ、くだらない目標をひたすら立てるとか(「○○知りたいから本を借りた(結局読まず)」)、ただただ動画見るとかしてました。
それで、感じたことをまとめますと、
一つ目は、まず先の人がいう通り、ネットで話題のものとかはあまり見ない方がいいです、ストレスになるしおおよそ全部みんなすぐ忘れるので。
治療法とか体験記とかも、ちゃんとした医療のページじゃなければ見ない方がいいです。だいたい状況違いすぎるし上手くいった話しか載ってません(まあ苦しんでる人はそんなの書けないので)。気が滅入るだけです。
二つ目は、もうどこでもいいので悩んでること苦しんでることを第三者(医療機関、相談サービスなど)に相談することです。今はネット上の相談機関が発達してるので、ツイッターの捨て垢匿名でも相談できます。
もちろん、第三者に話したからといって状況がいきなり好転するということはないです。ですが、毎日凝り固まった思考の渦に巻き込まれている人間とはまた違う視点を提供してくれたり、思わぬ意見が得られるかもしれません。いくつかの相談者を渡っても良いと思います。
人との会話は、よく言われる陽の光だとか栄養だとかよりも気力を提供してくれます(その分疲れるけども)。
いよいよ参ってきたと思ったら使えるものは使え精神で、思いきってそういうサービスの利用をおすすめします。どうせダメ元ですし、そういうサービスの人にとっては相談者の一人でしかないので恥ずかしいこともないです。少しぐらい時間とられたって、ね。

もうやってるかもしれませんがご参考までに。ご自愛ください。
No.10
1ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
疑問回です。  療養とはなんなのでしょうか。  ゴミのように寝腐って家畜のように毎日毎日似たような即席ラーメンと安物の菓子を食い漁って引きこもって過ごすことは癒しなのでしょうか。  とても疑問です。  むしろそういう状態に追い込まれているという負い目引け目を毎秒感じて神経をゆっくりすり減らしながらただ時間だけを浪費することなのではないかと思う今日この頃です。  気が狂いながらそれはもう必死に耐えました。  どんな不義理に対してもマネジメントだからと言い聞かせて耐えて庇って励ました挙げ句の果てがこの様です。  いつまでも腐っていたら自分が一番損をすると言うことは分かっていて、早く立ち直りたいと言う気持ちだけが空回りしています。  誰か助けてください。  でも必ず恩と怨は返します。  できればペンで返したいので、死なないように気を付けます。